雪模様なら標高を上げてみましょう!

目的だった場所は、枝や斜面に雪は残っていたけど雪景色とまではいきません!見上げれば、あと数百メートル上は見事雪化粧した山々が目に入ったので、早々に切り上げて雪の林道を目指してみることにします。目的の辺りは以前にもカヤクグリ類が見られたり、ハギマシコにも会える可能性がある場所です。

肌寒な2〜3℃の気温から、一気に氷点下まで順調に車は進みます。晴れの天気予報だったのに、ワイパーを連続運転にしなければならない雪模様です。道路に雪が浮き始める頃には廻りは白い世界でした。この時期に、遠い遠征でなくてもこういう光景は嬉しい誤算でした。

以前にもイワヒバリやハギマシコに会えたポイントに到着しますが、道路や山肌が雪に覆われると鳥たちも困るのか、鳥影がありません、、、車を止めて雪景色の撮影に夢中になっていると、チリリリっとカヤクグリが道路を横切ります(^.^) その時の一枚がこれ!勿論三脚を出す暇がないから、手持ち。

d0164892_17134112.jpg



鳥を探しながら、車で進めそうにない林道の奥までゆっくり走って探鳥です。期待したイワヒバリやハギマシコは時期が遅いのか会えなかったのですが、カヤクグリとルリビタキはあちらこちらで目の前を横切ったり、道路での採餌中を沢山見かけました!

そろそろ、雪でタイヤの高さが隠れそう、、、この辺までかな〜という場所で引き返すことにします!
d0164892_17132773.jpg


[PR]
Commented by 和 さん at 2016-03-19 09:10 x
雪道を奥まで行ったのですね。
チリリ、チリリ。カヤクグリ。出会えて良かったですね。
雪の風景も素晴らしいです。
Commented by isa-isabird at 2016-03-19 12:01
和さん、こんにちは
(笑)そうなんです(^_^;) こういう景色に惹かれちゃうんですよね〜〜現地にもいましたが、この辺で撮れたらと思う場所がいくつかあるので、、、やはり冬鳥の少なさを実感させられる林道でした。
Commented by 江別のT at 2016-03-19 12:13 x
こんにちは。
そんなに降ったのですねっ!市街地でないからでしょうか?全然ニュースにもならなければ、知る由もありませんね。
雪絡みでしっかりとカヤクグリをおさえていらっしゃるところが流石ですね。
Commented by isa-isabird at 2016-03-19 14:07
江別のTさん、こんにちは
期待通り、東京のお山は雪でした(笑) 標高は1000m前後で着雪、、、やっとスタッドレスタイヤが活躍(^_^;)この冬、最初で最後かな〜〜(汗)
でも、東京なんですよ。。。これ!これだけ首都圏の街に降ったら、交通機関の麻痺は間違い無し、、、関東甲信越で言えば広い関東平野、信州の3000mの色々なアルプス山脈と変化に富んでいるかもしれませんね〜東北地方から以北で2000mを超える山は稀ですから、バリエーション豊かです。雪にカヤクグリだけじゃなく、イワヒバリにも会えたらと、、、残念でしたが、いかに林道走りの経験で急に適応できるかって(笑)
Commented by moto8 at 2016-03-19 19:28 x
カヤクグリの枝どまり良いですね。
たいていは地面を這っていることが多いです。
山の雪景色となるとどんどん奥へ行ってしまうんですね!
雪山に慣れているから東京の山では物足りないのでは。
Commented by isa-isabird at 2016-03-21 21:49
moto8さん、こんばんは
景色を見たら、いても立ってもいられず(笑)
基本は道路などの雪が無い場所で採餌してます、やっぱり。車の限界まで奥に行って来ました(^.^)
Commented by birdbird at 2016-03-22 19:13 x
意外と近場にも、雪ポイントがあるのですね、ジックリと探してみたら、面白い鳥に出会えるかもしれませんね。
雪の中の青いルリビタキなら、大歓迎、ですね!
Commented by isa-isabird at 2016-03-22 21:04
birdbirdさん、こんばんは
そうですね!birdbirdさんにもなじみの場所だから、走ってみるのも良いですね。ここでは鳥数だけは多かった(^.^)ハギマやイワヒバリには会えませんでしたが、、、ルリは多くて雪ルリも可能性は充分ですよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by isa-isabird | 2016-03-18 21:46 | 冬から春(3月) | Comments(8)

もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30