ブナ山のコルリも終着点へ、、、(GWの次週)

この春は芽吹きや新緑に包まれ、さえずるコルリが撮りたくて過去の経験や昨年からのロケハンで想いの場所を走りました。予想を上回る芽吹きに高度を上げきれない夏鳥たちはいつもより麓でさえずりを聞かせてくれました。GW開けの週末はほぼ標高を上げきり、終着点で定着したようです。ただ感じたのは、廻りの草木の状況をわかって焦るかのように営巣に入ってしまったような静けさだったこと。

” ま、勝手な推測論ですが、” 芽吹いた植物と共に発生する数々の虫。営巣子育ての大切な食料となるから、芽吹きが進みすぎると孵化や雛の栄養源に影響が及んでしまう! ” 日本の豊かな四季のサイクルは、鳥たちに便利な繁殖地なんだと!そんなわけで渡りがあるのだと。。。

なんて、思いながらどういう風に鳥は動いてる?このあたりがいいかな~(笑)耳と脚が便りですね、、、高い場所でさえずっていても、ひとしきりすれば気が済むのか(笑)下藪に降りてくることが判ったり、藪でもたまに抜けた場所に出てさえずってくれたり!木道だったり林道とかで撮影、観察の場合は、詰められない距離感もありますが、自分で探せるようなフィールドなら多少は理想に近いコルリもファインダーに入ってくれそうです、、、、何時になるやら(笑)ひとしきり鳴いたらこんなことも、、、やっぱりヤブの鳥なんですね〜(この下笹薮)
d0164892_22353336.jpg



ブナの林は山菜採りもこないし、、、自由なポジションは取れますね(^.^)でも、長い御々足が見えないと感じがでないかな〜〜〜

d0164892_10175487.jpg


結局、5/21にまた別のコルリを探しに行くことに(笑)!!
[PR]
Commented by birdbird at 2016-05-22 18:53 x
コルリシリーズ、続きますね(^^;
今季は、コルリを極めますか。

2枚目のお写真など、構図からすると、左側に何かあったのでしょうが、でも、これで十分ではと思いますが、まだ駄目でしょうか?
私など、こんな風にすっきりした綺麗なカットはないですよ~

こうなると、次のシリーズが楽しみ、期待しまーす。
Commented by isa-isabird at 2016-05-22 20:33
birdbirdさん、こんばんは
この時も笹薮と苔むした石の山に入って、コルリを先回りで待ちましたが、、、足が見えず左に廻りたかった、、、でも、滑り落ちそうで(笑)勿論手持ち500だから、右にコルリを置けなかった(汗)と言う訳で^^;

次はトリミングでどうにか、極めたいけどまだまだ、、、
Commented by moto8 at 2016-05-23 06:56 x
枝で囀るコルリは良いですね!
今の時期だけですね。
後は藪の中で声は聞こえど姿が見えずですよね。
Commented by isa-isabird at 2016-05-23 08:14
moto8さん、おはようございます
お山の春の様子もそろそろひと段落、今年はペースが速くて右往左往していますが、ここまでコルリを見続けると、個体差は有るけどどうも藪からピョン"^_^"と出たり、ソングポストはありそうですが、、、
ちょっと録画録音もしてみようかと思うくらい、お付合いしてます(笑)
Commented by 江別のT at 2016-05-23 09:46 x
おはようございます。いやぁ~、どちらも良い新緑の色ですねぇ~。ここまでの努力に感服です。まだまだ追求しなきゃだめか。。
Commented by isa-isabird at 2016-05-23 09:51
江別のTさん、おはようございます
どうもです!雪の鳥、、、緑の、、、私のライフワーク"^_^"です。なにより最近は500手持ちで逃してた瞬間を拾うように(なれた?)頑張ってる感じです!こうなれば(笑)夏前のコルリまで???
Commented by you at 2016-05-23 22:15 x
藪以外でコルリを見たことがない当方といたしましては(笑)
ここのお部屋はなんとも気分のいい場所のようです。
コルリが枝に!!なーんて…一度本当に枝の上で見たいものです。
一度だけ地面じゃなかったのは大阪城のホームレスのブルーシー
トの上でした。
まだまだ続きがあるのは…楽しみー!!
Commented by isa-isabird at 2016-05-23 22:21
youさん、こんばんは
そうなんですか〜コルリは時々こんな姿を見せてくれるんですよ!そう言うの見ちゃうから、こうなっちゃう(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by isa-isabird | 2016-05-22 10:23 | 春(4_5月) | Comments(8)

もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30