標高上げました。。。ここのコルリは!

昔からなじみの高原ですが、コルリは声だけ遠くに聴こえるけど会えたためし無しです。ただ、数は多いので少し奥を探索してみることにしましょう。深〜い谷の斜面なので、滑落しないように注意です(笑)

道がないので撮影のスタンスは、笹薮を掻き分けながら予想をして待つしか有りません。今年は色々と通ったことも有り、だいぶイメージに近い会い方が身に付いてきたかもしれません。な訳で、三脚はまたまた役立たず、、、枝を抜くのには手持ち+変則姿勢もやむなし^^; 翌日の肩と腕の筋肉痛はきつかったです(笑)数カ所でコルリに会えましたが、移動範囲とこちらの動ける範囲から、朝夕一カ所ずつでコルリ待ちになりました!

朝は逆光気味で順光側は「谷落ち」です。でも、比較的枝の感じや笹薮移動が容易だったし、何より低めに動いてくれる良い子ちゃん(^-^)vこの高原のコルリは、まだソングポストが決まっていないようだし、時期限定の会い方なんだな〜と思いながら、ヤブからぴょんと上がってとまる枝で勝負が決まります!当然同じ枝には来てくれないので、見えたら笹を掻き分け勝負(笑)さえずりは毎回間に合わず〜〜カエデやミズナラが多い疎林なので、雰囲気は良いからまた来年にも期待です!

d0164892_1694051.jpg



遅い午後は奇麗な成鳥に会えました!比較的気弱な控えめのさえずりで見つけづらかったのですが、目の前の枝付近がお気に入りの様で光の廻りも良かったから待ってみることにします。疎林とは言え樹の幹が入ってしまい、大きめのトリミングです、、、長い足がかっこいいな~(^-^)v

d0164892_16143654.jpg

さて、、、次回コルリが春の最終章になりそうです!(例年になく早い時期で、緑の光景に夏鳥でした)
d0164892_18401966.jpg

[PR]
Commented by 江別のT at 2016-05-31 09:18 x
おはようございます。よくこれだけ抜けますねぇ~。
私にはまだまだイメージがつかめません。勉強ですねぇ。。。
Commented by isa-isabird at 2016-05-31 10:04
江別のTさん、おはようございます
そちらの春の進みは速いですか?やっぱり。
トリミングですから実際は木の幹が両サイドにあります^_^;ここはコルリが出るからと水場や定点で1日待ってもいいのですが、、、習性を読んで待ち伏せや賭けも楽しいですよ!次回にも生かせるしね。
Commented by moto8 at 2016-05-31 17:53 x
ノジコもメボソもコルリも山でも出会いは良いですね!
コルリはもっと高い所ですか。
静かで空気が澄んでるから声が遠くまで響き渡るでしょうね。
空気だけでも吸いに行きたいです。
Commented by isa-isabird at 2016-05-31 19:52
moto8さん、こんばんは〜〜
今年は比較的順調に?会えてます。というより通ってます(笑)
メボソが一番標高は高いと思いましたが、コマドリのチョイ下ぐらいがコルリの最高標高でしょうか!今年は芽吹き新緑が気分良いです。ただ、杜鵑が少ない??
Commented by you at 2016-05-31 22:30 x
なんとも…緑にフワーッと…
オオルリと違って愛嬌があるんですよね。
鳴き声が面白くって笑っちゃいますが…
どんな鳥より判別がつきやすいなーって
思います。
何時も声だけなんで、此処でコルリを見て
辛抱します。
Commented by isa-isabird at 2016-05-31 23:25
youさん、こんばんは
怒濤のコルリどん(笑) コルリン(笑) 次回で春コルリは終わりにしようと思ってますので、また見てね〜(^^ゞ
谷に響くさえずりはコマドリと幾分似てる気もします。良く聴けばそれぞれの調子が有るのですぐ判りますが!
Commented by 16hayabusa at 2016-06-02 04:57
おはようございます。コルリいいですね。isa-isabirdさんの
こだわり?の撮り方いいです、コルリはいいですね。
Commented by isa-isabird at 2016-06-02 07:35
16hayabusaさん、おはようございます
コルリは独特の見方出会い方がありますね。16hayabusaさんとは最近お会いしませんが^_^;そちらも良く拝見させていただいてます!いつもすっきりいい絵を撮られてますね~~羨ましい^_^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by isa-isabird | 2016-05-31 00:00 | 春(4_5月) | Comments(8)

もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30