今年は読めない標高差「とびきり長い尾」

そろそろ動きがあるのでは?と思いながら、様子が気がかりなRuddy Kingfisherが暮らすブナの森を目指します。ここも急な標高差があるため野山の鳥から、山の鳥まで標高別に会える楽しみがあります。登り始めに、今時期まさかのサンコウチョウが良く鳴いています。ちょっと気がかりですが、標高を上げて想いの鳥を先に探します。でも、今回は鳴き声もなく敢え無く山を降ります。

最初に耳に飛び込んできたホイホイホイ、、、の場所へ戻ると?そこは良い感じの見下ろしで沢クルミや広葉樹と杉の混合林、開けた空間にヒラヒラの尾が翻るのが見えます"^.^" でも相変わらず暗~~~い、午後がいいかなという場所ですが、まだまだ今日の目的の場所じゃないので、ちょっと覗く程度にしてみます。

今年は会えていなかった尾の長いサンコウチョウです。さらに、「とびきり尾の長い」♂のようです。しばらく動きを観察すると、どうやらメスの動きにつられているようなので、巣立ちで忙しい感じもなく、もしかしたら再び営巣のし直し?、、、暗くても理想的な止まり枝がたくさん有る開けた場所なので、何枚か高感度撮影で頑張ってその場をあとにします。

d0164892_22361954.jpg
やはり、お山の春の雪と寒さの影響で、繁殖にあっては高い標高も麓も同時進行だった感じです!7月も半ばを迎えるこの時期のサンコウチョウとの出会いでした。


この時期尾羽の痛みもなく、綺麗なサンコウチョウです。下の写真の他に何カットかお気に入りの写真も撮れました・・・<快>

  • 「ホオノキ(朴の木)」の梢で
d0164892_22393356.jpg

  • 「サワグルミ(沢胡桃)」が背景
d0164892_22400268.jpg


※たぶん、今季はこれで最後のサンコウチョウとの出会いになるでしょう!定番スポットを歩かず、目と耳で探したのですが、生息域の環境から探し出せる「勘と経験」が備わったのが何よりの収穫です。ただし、こういったフィールドが自宅からどんどん遠ざかり、気軽に赴けない「時間と費用、体力」の問題も大有りです^.^;

[PR]
Commented by You at 2017-07-15 11:59 x
涼しげー‼️
目的の鳥でなくても、この子なら少しは満足が出来たのでは😃
見せて頂くには最高のプレゼントです。
昨日五年ぶりのアカショウビンに出会って来ました。
もう良いって無いですねー‼️ 幸せでした。友人に感謝です。
Commented by isa-isabird at 2017-07-15 16:44
youさん、暑いですね〜〜お体ご自愛下さいね!
今年はある意味、標高別に同時期に鳥見ができる場所が結構あって、面白いです(^。^)厳しい条件下の撮影で、苦心しましたがどうにかです。

アカショウビン会えましたか、、、(^。^)私は赤い姿さえ見れない年になってしました(^_^;)でもそれだけに目標イメージが膨らんで、次回が楽しみになります。
Commented by moto8 at 2017-07-16 20:51 x
とびきり尾の長いサンコウチョウ良いですね!
人気者です。
独特の声を聞くだけでも良いですね。
この長い尾羽は何処へ落としていくんでしょうか。
Commented by isa-isabird at 2017-07-16 22:51
moto8さん、こんばんは
所用から山をまわってきました、、、やっと高山に移行できました(笑)
今年は無理かと思った尾の長い三光鳥!ある意味副産物、また来年から
も楽しみですが、遠い"^_^"一人見下ろす樹冠下が開けた斜面によく響く
三光鳥の声と、ヒラヒラは会えて良かった〜の気持ちには十分すぎました。

長い尾羽は何のためなんでしょうかね、、、結局落とすなら、なんて勝手
な想像してます(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by isa-isabird | 2017-07-15 00:00 | 夏(7_8月) | Comments(4)

もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30