もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

江別のTさん、お元気です..
by isa-isabird at 09:30
おはようございます。 ..
by 江別のT at 09:11
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 07:54
山は爽やかで気持ち良さそ..
by moto8 at 07:48
カトゴリさん、お疲れ ..
by isa-isabird at 09:54
やっぱりセンダイ可愛いで..
by カトゴリ at 03:36
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 16:45

タグ

(39)
(38)
(35)
(34)
(33)
(33)
(29)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

カテゴリ:春(4_5月)( 181 )

春めく湿原で、紅一点「紅赤色」に会えた

この冬の里では、うまく出会いがなかったベニマシコです。柳の芽吹きも終わり、もうすぐ渡去の準備のように群れて行動する姿がみられます。まるでオオマシコのようなエプロンの銀白色も見事に換羽していました。写真では、冬景色になってしまった中で、ベニマシコの「紅赤色」だけが春の先駆けと感じ取れるでしょうか!
d0164892_20255431.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-04-02 22:13 | 春(4_5月) | Comments(6)

気持ちの良い林道を走る!

人気の無い林道は悪路が多く、いつUターンするかはらはらしながら進むことが多いのですが、昔から気になっていたここは、名も無き快適な1,200mラインでした!毎年廻ってみたい場所も何ヵ所か見つけました。のんびり探鳥できるのが一番かな~と走ったこの春はここで最終ステージです。

いわゆる生活道路から入り込んだ林道1,000m付近は、藤の花が真っ盛りです。センムシやキビタキ、クロツグミ、ヤブサメがブッシュでさえずっています!藤の花が見事な浅い谷なので、キビタキ君でも花に載ってくれないか、、、、とか、そんなムシのいいことは有りませんでした(笑)

アオジと思っていたらノジコ!藤の花をバックでパチリと!!
d0164892_22181699.jpg




少し進むとカラマツが混じる混合林で、うるさく(笑)鳴いていたサンショウクイが谷へ降りているようです。背景が抜けた場所にとまっているのを見つけました。



d0164892_22142545.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-06-05 00:00 | 春(4_5月) | Comments(10)

春コルリ、、、最高標高地点まで

コルリを納得いくまでこの春は! 終局では無いものの今回でひとまずコルリの〆としま〜す!! これからの鳥見には有り余る経験と楽しみな場所と、随分な財産ができた春でした。

さてさて、コルリを探し続けたこの春も、初夏の陽気に終わりを感じるこの頃です。そんなつもりで迷う気持ちが「朝寝坊」です^_^;4時には出発のつもりが4時30分過ぎに目が覚め、、、さてどうしようか^_^;ここまで来たら行くしかありませんね~5時過ぎに車を乗り出せば、ちょっと走ると川面は霧に包まれ、これならお山の鳥たちも動き出すのは遅め??なんてかってな想像をしながら目的のICをおります。先週は綺麗な藤の花も、桐の花も薄紫から白んでいます。季節は一週置けばしっかり移ろっているのですね。標高を上げればそれなりに季節を”タイムスリップ”できるでしょうか!

実は前週のポイントはもう落ち着いているだろう!次回行くならと考えた場所を目指します。だいぶ歩いたコルリの生息域からすれば絶対いるな~と思う場所を走ってみます。やはり雰囲気よろしい場所です。マイナーな山では、相変わらずBIRDERには会わず、というか人と会わず、、、ちょっと獣の域で怖い^_^;久々に車から離れすぎるのを躊躇したりしました。

林道に入ったばかりの写真です。
【標高1300m】
d0164892_2133195.jpg



ナビに無い道を快適に走るうちに、大きなコルリのさえずりが車窓から飛び込んできます。開けたからカラマツ林に潅木が混じり、おまけに白い小花が満開のズミが群落しています。ここなら見つけられそう!!潅木の中でちょろちょろ動いてはさえずるコルリが見えます。絵にならないな~と車を降りて林道際に座って様子を見ます。ひときわ澄んださえずりが聞こえてきましたが見つけられません、、、フッと抜けた葉陰の奥にいい感じの、悦に入ったさえずりを続けるコルリを見つけました"^_^"
【標高1700m】

d0164892_21385016.jpg




今日出あったコルリ6ヵ所、標高1,200~1,800mで確認し、blogに貼ったのは2ヵ所です。青い鳥の多い山は、密かに期待していたジュウイチも多く、はらはらしながら2ヵ所で探しました。やはりジュウイチには会えずでしたが、次回の課題ということにしましょう!陽が落ちるまでが長いこの季節、ついつい鳥の声に反応しては車を止めるの繰り返し、帰りの渋滞を考えたら潮時かな〜でももう16時過ぎ、峠を降りかけてしばらくするとこれまた強いコルリのさえずり、、、ここは崖っぷち(^_^;)深い谷にせせり出すダケカンバやシラカバの枝先を探すうち、、、(汗)こんなところにいたのね!!普段あり得ないようなお立ち台(笑)

【標高1800m】
d0164892_21393027.jpg



もっと早く気付ければそれなりだったかも(汗)

d0164892_21392547.jpg



目線を落とせば、これコイワカガミでしょうか?マクロで撮りたかった、、、とても可憐な花でした(^O^)
d0164892_21391147.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-06-02 00:00 | 春(4_5月) | Comments(4)

標高上げました。。。ここのコルリは!

昔からなじみの高原ですが、コルリは声だけ遠くに聴こえるけど会えたためし無しです。ただ、数は多いので少し奥を探索してみることにしましょう。深〜い谷の斜面なので、滑落しないように注意です(笑)

道がないので撮影のスタンスは、笹薮を掻き分けながら予想をして待つしか有りません。今年は色々と通ったことも有り、だいぶイメージに近い会い方が身に付いてきたかもしれません。な訳で、三脚はまたまた役立たず、、、枝を抜くのには手持ち+変則姿勢もやむなし^^; 翌日の肩と腕の筋肉痛はきつかったです(笑)数カ所でコルリに会えましたが、移動範囲とこちらの動ける範囲から、朝夕一カ所ずつでコルリ待ちになりました!

朝は逆光気味で順光側は「谷落ち」です。でも、比較的枝の感じや笹薮移動が容易だったし、何より低めに動いてくれる良い子ちゃん(^-^)vこの高原のコルリは、まだソングポストが決まっていないようだし、時期限定の会い方なんだな〜と思いながら、ヤブからぴょんと上がってとまる枝で勝負が決まります!当然同じ枝には来てくれないので、見えたら笹を掻き分け勝負(笑)さえずりは毎回間に合わず〜〜カエデやミズナラが多い疎林なので、雰囲気は良いからまた来年にも期待です!

d0164892_1694051.jpg



遅い午後は奇麗な成鳥に会えました!比較的気弱な控えめのさえずりで見つけづらかったのですが、目の前の枝付近がお気に入りの様で光の廻りも良かったから待ってみることにします。疎林とは言え樹の幹が入ってしまい、大きめのトリミングです、、、長い足がかっこいいな~(^-^)v

d0164892_16143654.jpg

さて、、、次回コルリが春の最終章になりそうです!(例年になく早い時期で、緑の光景に夏鳥でした)
d0164892_18401966.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-05-31 00:00 | 春(4_5月) | Comments(8)

高いお山の様子は、、、

1,200mくらいから上の標高を目指します。コルリは良く鳴き声を耳にする高原を過ぎて、芽吹きも浅くなる頃からコマドリの声が、ちらほらと深い谷から聴こえて来ました(^.^)
見下ろしがきかない谷を縫うように走る林道ですが、突然頭上を大きな声で叫んで飛んで行ったのはジュウイチ、、、流石い青い鳥が多い谷です。何時かはちゃんと会ってみたいな〜〜ロケーションが良ければチャンスはあったかな、、、オオルリも多いから、、、いくつかの谷川を超えると今日の目的地、標高1,500mを上げ下げする林道終着点に近いところです。

コルリにたっぷり付き合ったあとなので昼も近く、さえずりを聞くにはちょっと厳しい時間帯になってしまいました。今日走った一帯は、いつもに比べてコマドリとクロジが少なめに感じました。何だか元気だったのがメボソムシクイです(^.^)シラビソなどの針葉樹林帯がはじまるこの辺りに入ったばかりな感じです。

d0164892_1531220.jpg



突然コマドリの一鳴きに、もうちょっと粘りたい気持ちでしたが、午後遅めのコルリも気になるので標高を下げながら走ります。では、コルリに続きます(^.^)
[PR]
by isa-isabird | 2016-05-29 00:00 | 春(4_5月) | Comments(4)

ブナの森のノジコが元気でした!

今週もコルリの再チャレンジに向かいます"^_^"
早朝から入った森は、新緑が進み樹冠を若葉で覆い、優しいブナの緑で包まれています。青空から降り注ぐ強めの光線も、緑のフィルターを掛けられたような感じで気分はすこぶる爽快です。でも、撮影は強い光線と緑被りをしそうで大変かなと・・・!!

鳥のほうは?標高を上げると、前週に同じくコルリがさえずってくれています。マミジロが直上でさえずり、負けじとオオルリやコルリ、キビタキも参戦です。

先週は目立たなかったノジコが一番元気なようです。今日に限ってか?思った以上の気の強さを発揮したノジコでしたが、もしかしたら営巣場所に近いのか、、、後ずさりして様子を見ます。しばらくすると気持ち良さそうに葉陰でさえずりだしたので、緑に包まれたノジコをパチリ!


d0164892_150220.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-05-26 00:00 | 春(4_5月) | Comments(4)

GWの総集編

GWは北のお山で桜と夏鳥をマッチングしながら、のんびり待ちたいな〜なんて想いが有りました。桜はご存知のように記録的な北進で、芽吹きも続いて猛スピードで!!夏鳥が追いつけない状態でGW突入でした!眼と耳を頼りにどの標高が旬なのか、、、だいぶその場凌ぎな鳥見になってしまいましたが、都度に鳥ともの助けだったり楽しいGWでした!!

ベストショットというのも有りですが、今回は大まとめのぺたぺた貼り m(. .)m blogでは紹介していないのも含んで一気にドンです(笑)

d0164892_18295667.jpg



d0164892_1830147.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-05-24 00:00 | 春(4_5月) | Comments(6)

ブナ山のコルリも終着点へ、、、(GWの次週)

この春は芽吹きや新緑に包まれ、さえずるコルリが撮りたくて過去の経験や昨年からのロケハンで想いの場所を走りました。予想を上回る芽吹きに高度を上げきれない夏鳥たちはいつもより麓でさえずりを聞かせてくれました。GW開けの週末はほぼ標高を上げきり、終着点で定着したようです。ただ感じたのは、廻りの草木の状況をわかって焦るかのように営巣に入ってしまったような静けさだったこと。

” ま、勝手な推測論ですが、” 芽吹いた植物と共に発生する数々の虫。営巣子育ての大切な食料となるから、芽吹きが進みすぎると孵化や雛の栄養源に影響が及んでしまう! ” 日本の豊かな四季のサイクルは、鳥たちに便利な繁殖地なんだと!そんなわけで渡りがあるのだと。。。

なんて、思いながらどういう風に鳥は動いてる?このあたりがいいかな~(笑)耳と脚が便りですね、、、高い場所でさえずっていても、ひとしきりすれば気が済むのか(笑)下藪に降りてくることが判ったり、藪でもたまに抜けた場所に出てさえずってくれたり!木道だったり林道とかで撮影、観察の場合は、詰められない距離感もありますが、自分で探せるようなフィールドなら多少は理想に近いコルリもファインダーに入ってくれそうです、、、、何時になるやら(笑)ひとしきり鳴いたらこんなことも、、、やっぱりヤブの鳥なんですね〜(この下笹薮)
d0164892_22353336.jpg



ブナの林は山菜採りもこないし、、、自由なポジションは取れますね(^.^)でも、長い御々足が見えないと感じがでないかな〜〜〜

d0164892_10175487.jpg


結局、5/21にまた別のコルリを探しに行くことに(笑)!!
[PR]
by isa-isabird | 2016-05-22 10:23 | 春(4_5月) | Comments(8)

山歩きの特別編です_可憐な蝶たち

高山を歩く、探鳥するとこういう出会いも有ります。
クモマツマキチョウについては、昔から鮮烈のオレンジが忘れられず、翅(羽根)の形も可愛いし、一度会ってみたいと思っていました。今年は雪が少ない影響で、芽吹き、新緑に同じくカタクリやスミレの開花も10日以上早いようで、季節のカレンダーはちゃんと蝶たちにもお知らせがあるようです"^_^"

クモマツマキチョウ
自分勝手なイメージで撮影!もう少し寝そべって撮りたかった(笑) 高山に居ることを表現できるような場所だったらもっと良かったのに、なんて反省もありますが、登山の準備もこれから必要になりますかね~(笑)マクロを持ってきていたので、近寄ることもできました。眼を出すのは鳥と同じだなぁ~ご一緒いただいた、この分類の権威U先生の凄さもまじまじと!その努力が必然的にそういう写真を生むことを確信!!我ながら、道具にこだわりを持ってないことを思い知りました(爆笑~反省)雪山バックで撮ってみたいな。。。
d0164892_23345580.jpg



d0164892_23345258.jpg



d0164892_23382827.jpg




ギフチョウ
このときは全く予感もせず、コルリに夢中でしばらく気付かず(汗)短いレンズも持ち合わせなく、、、500mm手持ちで低めのアングルでちょっとだけ撮ってみました。

スジグロシロチョウ
おまけ、じゃ無いですが"^_^"

d0164892_2340625.jpg


スジグロシロチョウ
d0164892_23383130.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-05-20 07:56 | 春(4_5月) | Comments(8)

地味だけどどっちも可愛い。。。GW終盤_4end

園内での納得な出会いはとても少なかった印象の今回です!総じて芽吹きのスピードに夏鳥が付いてこれない感じでした。特に雪の多いこの地方では顕著に標高差で鳥の溜りがあって、ここから上では鳥の気配が無い。。。そんな感じさえ持ちました。

聖地、神の森で癒してくれたのは、活発に動いていたキバシリです。咲き始めの水芭蕉やリュウキンカを背景に取り込みたかったのですが、立ち居地の悪さで、、、残念でした。
d0164892_2133965.jpg






この子、ミソサザイも元気!しばらくちゃんと会ってなかったから、、、、いい感じ!!

d0164892_2132874.jpg



見返り&さえずり、、、、?
d0164892_2133030.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-05-17 21:06 | 春(4_5月) | Comments(6)