もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

photo_etudes..
by isa-isabird at 21:21
 サクラニュウナイは、ソ..
by photo-etudes-eiji at 20:30
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 08:52
桜にニュウナイ定番ですが..
by moto8 at 08:09
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 22:33
居ましたねー…嘴に桜の花..
by you at 21:45
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 09:14

タグ

(39)
(35)
(35)
(34)
(33)
(33)
(26)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

カテゴリ:冬から春(3月)( 57 )

今年も無理かな〜〜

桜待ちの前に image ・・・レンジャク不作が続くな〜  あ~スランプです"^^"
d0164892_22103760.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-03-31 12:00 | 冬から春(3月) | Comments(2)

桜に来る鳥_突然の出会い!

今朝は朝の通勤で、ピヨォピョォッ、ピィ、、、と空飛ぶシギの声がします。この春
初の声です。シギチは苦手ですが、なんだろうと調べたことがあります。タシギの類
で、渡りの季節に一致して聞こえます。春だな〜

園芸種の桜の畑で小群を見かけますが、カワラヒワと思い込み瞬時の対応を怠りまし
た。双眼鏡で覗くと、あれ?

良いポジションに車を移動する余裕があったら。。。。
d0164892_00105065.jpg
もうちょっとした枝にもいたはず、緊張感が足りなかったぁ、、、
d0164892_00105490.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-03-29 22:21 | 冬から春(3月) | Comments(4)

ボケの畑のベニマシコ!

次の週末はもう4月なんですね!
恒例のMFゴミ拾いに参加してからの鳥見は、ベニマシコを探そうと決めていました。
冷たい小雨が止むことなく降り続き、一時は雨装備で柳の芽につくベニマシコを探し
ますが、先週と状況変わらずなので、ボケや桜が綺麗な農耕地で車中から待つことに
します。

わずかな地鳴きを確認できた、白交じりにのボケの畑で窓を開けて、雨が差し込むな
かでしばらく待ちました。でも、メスが2羽、、、「春の紅赤」は今日も会えないの
でしょうか!その後、数カ所を車で流しますが、オスを見かけることなく帰路につこ
うかと、、、、

これが、ボケの畑で下草の実を食べたあと、やっとお出ましの紅メスでした!
オスには会えなかったけど、ボケの新芽も食べるんだーと感心^_^ ;
d0164892_00104454.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-03-27 10:02 | 冬から春(3月) | Comments(4)

春の紅赤を求めて

この月は鳥見のマイカレンダーを見ても、お山と里を行ったり来たり、お山から直通なんてのもあったり例年通り忙しない3月です。ライフワークの雪の鳥、春の訪れを感じる光景と冬の鳥、三寒四温に左右されるおかげですね。
この冬から春にかけては、猛禽に傾倒傾向もあって何だか猛禽類専門blogみたいなことになっているような感じで、鳥種は少なめに見えるでしょうか!でも、ベニマシコには特別の思いもあるので、お彼岸のさ中でも、柳の芽に付く紅赤の子を探します。イメージしたネコヤナギの花芽には遅かったようで、ピッポの鳴き声を頼りに目線を変えると、下草をついばんでいました。昔に、淡いブルーの小花が密集する中に降りたベニマシコを見て以来、この光景も気になっていました。残念なことに雄が不在のグループとの出会いでした!

淡い青花のオオイヌノフグリ、白い小花のハコベ、小さい黄色の束の様な花とタンポポの種のようなノボロギク、結構色々な下草の種を食べています。目線は下へ、、、これがミスマッチを生む一因というのも見逃せませんね!(意味、お分かりでしょうか?)

d0164892_23034746.jpg

こういうところに紅赤のベニマシコの男の子!見かけなかった、、、

d0164892_21025859.jpg




[PR]
by isa-isabird | 2017-03-26 00:00 | 冬から春(3月) | Comments(2)

春爛漫な農耕地の花と小鳥

お彼岸の連休より
もう10日もすれば染井吉野の桜開花が聞こえてくるころです。いよいよ春の盛りに突入なのだと思わせる、花の香り漂う農耕地を歩きます。桃や紅梅の「紅」は盛りをを過ぎていますが、結構目立ちます。サンシュユの「黄色」、豆桜のような桜の淡い「鴇色ときいろ」、そしてボケの花が「赤」や「桃花色混じりの白」、伝統色になぞるのも一苦労、、、ここは園芸樹を多く栽培する畑なのです。古くは谷戸に沿って斜面林が多く残る場所で、市街地に囲まれた貴重な場所です。

http://www.colordic.org/w/ 日本の伝統色より

さて、そんな農耕地には野鳥も多く、状況次第では花と小鳥も結構望める場所だと思っています。今々の下草はホトケノザがよく目立ち、降り立つカワラヒワの群れを吸い込みます。ちょっと回りに負けてるかな~
d0164892_21030222.jpg

何処でも見れちゃうツグミもここではシャッターチャンス!
d0164892_21034699.jpg

スズメもね!
d0164892_21030308.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-03-23 07:52 | 冬から春(3月) | Comments(8)

圧倒的な威圧感

まだまだ修行が足りないようです、、、足腰が分解しそうでした!

d0164892_22504501.jpg





More 距離は遠くも、圧倒的威圧感、、、
[PR]
by isa-isabird | 2017-03-21 06:18 | 冬から春(3月) | Comments(6)

春を感じて冬鳥を探す季節です

おなじみのフィールドでは、冬鳥も旅立ちの兆候が見えるころです。
早々と土筆もしっかり生え揃い、野の花下草たちは青や赤紫の花を開かせ、柳の芽は開花を始めていました。ベニマシコの地鳴きもピッポ、ピィ、ピィ、ピッポ、、、と可愛い声を聞かせてくれます。歩き慣れた川沿いを散策しますが、良さそうな場所で姿を見せてくれそうにありません。今日の想いはアリスイでしたが、これも姿を見られず、、、、様々の光景にいる春の鳥の課題をそのまま積み残して、次の春の光景を探しに行ってみることにしましょう!

ベニマシコも群れで見かけますが、来たら良いな~と思ったヤナギの芽。でも、来たのはご愛嬌なエナガちゃんです!

ヤナギの黄色い花粉を頭につけて、、、何してるの~
d0164892_23490774.jpg
川面が背景です。優しい春色水面の色でした。
d0164892_23490347.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-03-19 22:24 | 冬から春(3月) | Comments(4)

春爛漫の黄色い土手に舞う_2 「鳥への思い」

懲りずに、、、


数キロに渡り土手を菜の花で黄色に染める早春の光景がここにあります。コミミズクが餌を探してあの華麗な飛翔を見せてくれる、、、、、、、のを想像しまながら連日土手を登ります。前日のコミミズクの動きから人の壁から遠く離れることがよさそうです。コミミズクがストレス無く餌をとれる余地があるように待ちます。案の定人を避けてコミミズクが土手上を左右にローリングしながら、人気のないこちらに向かって来てくれました。
途中で土手に降りた時に500mほど先のBIRDERに見つかったのか?"^.^" 大移動が始まりました。な、わけで以降はいつも以上のどうしようもない状態に、、、、

この冬のコミミズクは、飛んでは土手にポンと落ちます。止まります。止まっている方が多いかも、、、、人の壁に飛行コースを迷うのか?きょろきょろと落ち着き無い表情が多かった記憶が残ります。然程人を気にかけないコミミズク、という印象がある鳥ですが、流石に気になりますかね~

★2度目に降り立ったのは私の目前!!あっという間に、加速して集まるBIRDERに
 囲まれてしまったコミミズク(いや、私、、、笑)
d0164892_23200764.jpg


★もうちょっと、来い、来い!と願います、、、、コミミズク目線左上の土手を走る
 BIRDERに気付いたコミミズクはこのあと旋回、、、
(背景の車をトリミングで外しました)

d0164892_23201379.jpg


Negative   ※ここからは興味のある方だけ、、、お読みくださいね!

 近代鳥見撮影は、たくさんのBIRDERを避けて、鳥が本来の行動ができるような
 場所でポジションを取りたいものです。写真を撮るということは鳥の習性とかア
 クションを起こす環境、ローカルなルールを知るべきと教わってきましたが、情
 報だけ、群集心理で動くとこうなるのでしょうね~もっと習熟者から話を聞くと
 かコミュニケーションがないとね~~~情報化は便利だけど、鳥に置き換えても
 なんだか線が繋がってない破線、点線状態なこの頃です。

 情報だけで鳥見をする比較的同年代の人も多く、聞くだけ聞いて、、、人間社会
 でも筋の通らないような、、、実はそんなことが私にも降りかかり長く付き合え
 ると思った鳥ともだちに見切りをつけざる得ない、むなしい現実も最近あったり
 、、、「言う覚悟と、聞く覚悟」も必要なんだと!

 週末しか休みが無く探せないから、、、成果じゃなくて探して感じて、知合っ
 お互いの信頼と、鳥を思う畏敬にも似た感覚を共有したいですね!

そんな経験を長く持ちながらやっと想いの写真が実現化するようになった最近です。気力と体力のある今時期にちょっとでも近づくようにと思う日々です。


[PR]
by isa-isabird | 2017-03-16 12:00 | 冬から春(3月) | Comments(12)

春爛漫の黄色い土手に舞う_1

春の陽気が眠気を指す週末ですが、遠征じゃなくて済むのがここの魅力、土手の春景に会えます。相変わらず人気を継続しているコミミズクですが、この土手の菜の花の黄色い絨毯が、延々と続くのは見もので、通いたくなる気持ちが良くわかりますね。
人ごみから離れて、ゆっくり向き合いたいと決めていたので、出の良い場所から離れて待つことにしましょう!

幾分遅めの16時30分に、時を同じく申し合わせたかのように数羽かが黄色い土手を飛び回るのが、遠くに見えました。予想通りにこちらへも2羽が餌を探しに飛び出して来ます。自分が、理想とする飛び方をしてくれそうですが、人を縫いながら飛翔のスピードが落ちません。やはり警戒気味ということかな〜^_^ ;

私たち少数派の、目の前も空抜け気味で、ス〜〜と飛びさります。ピントは合ってもまだ嬉しさ半分^_^ ;

d0164892_21354293.jpg
この日はお天気も良く、暖かいので遠くは陽炎が立ち、遠景にコミミズクを入れるのは苦労しそうです。良い距離感で菜の花に包まれるような飛翔は厳しいようです。
d0164892_21353690.jpg

翌週には葦焼きが予定されているようです。こんな状況は今週で終わりと思って、、、ちょっとりきみます。
d0164892_21353905.jpg





[PR]
by isa-isabird | 2017-03-12 21:51 | 冬から春(3月) | Comments(4)

春の雪原から、、、

春の兆しが街にあふれる頃、どうしてもそんな時期の雪原を歩いてみたい!雪深くも雪面はカチカチの氷漬けです、スノーシューに履き替えて疎林と雪原を沈みながらザクザックと軽めの音を響かせて、静かな雪原を歩いてみました。古木を突いたオオアカゲラの食事痕が雪面に散らばっっていたり!耳に飛び込んでくる小鳥たちの声、その割に目の前に現れる小鳥は少なかったかな〜

雪も多すぎると下草や低木まで覆い隠してしまうようです。雪解けの時期に立ち寄る、冬の小鳥を探しに来てみようと思った雪原でした!夕刻までのんびりと雪に囲まれた週末の1日、帰りはあちらこちらのスキー場のナイター照明が、空や雪の山をを赤く染め、ならではの景色に包まれながら帰路につきました。

こちらが自由がきかない雪面でご愛嬌だったゴジュウカラ。
d0164892_15455160.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-03-10 06:22 | 冬から春(3月) | Comments(4)