もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:59
本当にこういう光景を見た..
by moto8 at 06:37
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 10:08
フクロウはいつ見ても魅力..
by moto8 at 06:58
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 17:49
なんといっても山は天気が..
by moto8 at 16:57
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:38

タグ

(40)
(39)
(38)
(34)
(33)
(33)
(30)
(24)
(23)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

WEB DE 写真展 2010-2

毎回2点の出展、もう一点はミヤマホオジロです.
2010年は雪もの2点になります.

CAPTION
目的地に近づくにつれ雪模様、思いの光景に出会うことができました

d0164892_21302344.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-28 21:30 | 秋から冬(12月) | Comments(8)

WEB DE 写真展 2010-1

おかげ様で、写真展も今日で撤収になります.
遠くのお友達にもご紹介の意味で、WEBにUPしてみよう
と思います(^_^;)
★写真展versionは4W(四つ切りワイド)ですので
 被写体が小さく、見づらいかもませんm(__)m

CAPTION
紫紺黎明の中に現れた、獲物を狙う梟です。-10℃の静寂と
緊張の一瞬に立会えました
d0164892_10541657.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-28 10:54 | 秋から冬(12月) | Comments(6)

意外とひょうきん(渓流の鳥)

色付いた樹々の渓流にて
d0164892_2223980.jpg

この鳥も好きで、渓流で探してしまうカワガラス♪
ミソサザイのように尾っぽをピント立てるカッコウが可愛いのです.
見ている私たちの勝手な嗜好なんですが・・・・
普段は素っ気なくビビッ、、、と飛び去る姿が圧倒的に多いのです
が、何故かここのカワガラスはギャラリーを一向に気にしない場合
が有るのが不思議不思議?「バカワガラス」って言っちゃダメです
よ(^_^;) 数年撮り貯めたものが有りますが、昨年と今年より!!

今回は、餌取りを存分に見せてもらいましたが、魚を食べるのには
少々驚きました!多分カジカでしょうね(やけに色が派手).
d0164892_22223475.jpg

昨年、ほぼ同じ地域の同時期のカワガラスは「マスの卵」を食べて
いたのにも驚きましたが!(見えますか〜?)
d0164892_2226427.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-24 12:00 | 秋から冬(12月) | Comments(6)

赤い実は美味しいの?(これで終わり)

先週の続き、熟したズミの実、(たぶん)カンボクに集まるキレンジャク♪
一度降り始まると、私たちを気にすること無く無心についばみます.


熟れたズミの実の色、小動物のフンにもズミの実が・・・・
d0164892_205966.jpg


ズミは食べ放題♪
d0164892_2103395.jpg


下を通る人が居ても構わず(^_^;)引くに引けずのどアップサイズもUPします.
d0164892_211859.jpg


目を凝らせば所々に「カンボク」の赤い実、どちらかと言えば
こちらが美味しいようです(ポートレートサイズで)
d0164892_2123432.jpg


d0164892_2125894.jpg



こんなに並んでくれるのも、、、、、次回は何時のことやら(^_^;)
d0164892_2165388.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2010-11-21 20:57 | 秋から冬(12月) | Comments(8)

鹿の子の魅惑(渓流の鳥)

少し前の撮影になります.
この鳥への憧れはずっと持ち続けていますが、なかなか撮れる機会がなく
10年ぶりになってしまいました(^_^;) こちらではアユ釣り解禁との競争
で、どこかに姿を消して滅多に見かけないことになります.
今回は紅葉を待ってサービスの良いヤマセミ雌を♪
d0164892_22292518.jpg

贅沢は言えませんがもう少し近くでも会えたらね〜
d0164892_2231648.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-20 22:31 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

レンジャクのなる樹

都市公園も冬鳥の飛来が落ち着き、さて気になるのは山の様子♪  この冬の
「旬な鳥」がマヒワと予想したのなら、山には赤いヒワでもいないものでしょ
うか?なんておき楽な気分で一路山へ・・・・
d0164892_222987.jpg

早朝の高原は2度ぐらい、し〜んと静まり返り鳥の声が聞こえません(^^;) 
ベニマシコでも会えないものかと探鳥路を進みます.ここも予想通り、ズミ、
(ミヤマ) ガマズミ、カンボクの赤い実が豊作のようです.静かな森でかすか
に聞こえる「チリリリッー・・」の鳴き声、やはりレンジャクです(喜)♪
しばらく進んだ処で長〜い一休み、が功を奏したのかあ?11月のレンジャク
は何年ぶりでしょうか、やはり高原でした.彼らが留まる訳はやはり豊富な餌
の木の実でしょうか?
※「木の実」シリーズを止められなくなりそうです.
  また後日に上げたいと思います♪


大きなキレンジャクの群れ、30羽足らずに遭遇、しかも、
「レンジャクのなる樹」です、語源の「連雀」納得(^_^;)
d0164892_2214033.jpg


以前雪の中で撮ったイスカの群れ、遠いので適当に証拠^^; 随分後に見直して
意外と人気だったのには後悔しましたぁ〜〜鳥を取込んだ光景も真面目に撮らな
きゃね(反省)
今やお気に入りになった「イスカのなる樹」
d0164892_2235928.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-17 22:26 | 秋から冬(12月) | Comments(8)

木の実「マユミ」(ウソ)

木の実もそろそろネタ切れというか、、、締めとしましょう(^.^)
こうしてみれば、秋の鳥ネタは無さそうで有りましたね!

最後にお気に入りの「マユミ」背景です.
ウソの背景はマユミの実です.果実が熟する前の淡紅色というか、
薔薇色ピンクの仮種皮の近くに来てくれました.
実を食べに来たツグミも撮ってありますが、コントラストがキツく
気に入らないのでm(__)m

※実はウソがとまっているのは「ズミ」の樹です(^.^)この年はズミ
 の大不作でした.
d0164892_22402327.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-13 18:00 | 秋(10_11月) | Comments(10)

木の実「ハナミズキ」(アオバト)

前回のミズキとは違い「ハナミズキ」は別名アメリカミズキとかアメリカヤマボウシと
言われてますね!大正時代の東京市長がワシントンに贈った、桜の苗木(今は立派な桜
並木)の返礼だったと言うのはご存知でしょうか?
今や街路樹や公園の定番、奇麗な花に見えるのは、萼(がく)ではなく、苞(つと)と
言うそうで、その中央から花が咲くそうです.難しい話しはここまでにして、、、、、
都市公園での出会いです.だいぶ昔になりましたが11月3日でした.ジョウビタキと一
緒に撮ったのを覚えていますが、実を食べていたような気もします.アオバトは食べて
は茂みに隠れ、の繰り返しでした.鮮烈な思い出でしたね〜
d0164892_2225352.jpg

おまけ??では無いんですが、お邪魔のヒヨドリもハナミズキのみが好きみたい♪
d0164892_2253154.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-12 22:07 | 秋(10_11月) | Comments(4)

木の実「ミズキ」(ジョウビタキ)

昨日は渓流の鳥を撮影したあとに、早い帰宅もどうかと言うことで、高速終点の
公園に冬鳥の入りを確認に!(延伸する高速道路のおかげで便利なこと〜〜)
ちょうど昼時の静かな公園、ジョウビタキにでも会えれば十分と踏み入れた瞬間
にジョウビタキ雄が「ヒッ、ヒッ、カッカ・・」と、目の前を横切ります.私的
に雄のジョウビタキは、この時期そうそう縁があるとは言えず秋の季節感を出せ
る処で撮れたらなぁ〜〜と、待つことにします.
芦原を巡回するジョウビタキ、程よい距離でファインダーを覗いて「ウワァ、、
ミズキの実に乗ってる」、実も残っているし、この実を食べに来たんだぁ(^.^)

まさかミズキの実と冬鳥は想像しなかった良い出会いになりました.
先ずは優等生的なカットですが♪ 
d0164892_2134389.jpg


結局、通り掛かったお世話になっているBIRDERさんたちと3時間あまりの観察
撮影になってしまいました.楽しかった〜(^.^)
この雄は、ヒタキ類のようにフラインングキャッチをしません.足を踏ん張って
片方の羽根でバランスをとりながら、目に留まらぬ早さで実を啄んで行きます.
いやはやアクロバティックな〜〜
(ちなみに果柄が赤いのは関西に多いクマノミズキです、こちらは殆どありません)
d0164892_21122276.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2010-11-08 21:13 | 秋(10_11月) | Comments(11)

気持ちを動かす一枚を!「和の色、金茶色」

ムギマキは鳥観を始める前からの憧れでした.思えば大遠征とか・・・行きたい気持ちを動かす
のは、いつもムギマキだった気がします.雄も嬉しいのですが、若い雄の奇麗な橙色(オレンジ)
に魅了されるのかも知れませんね♪

日本の伝統色「和の色」に興味が有り、「金茶色」〜「橙色」、または鬱金色( うこんいろ)色彩
を持つ、若い雄ムギマキを追いかけてしまうのかもしれません.朱鷺色(ときいろ)というのは有
名ですよね.

和の鳥を、和の色で見るのも楽しい一面ではないでしょうか.参考までに若雄、雄、雌を(^_^) 

ちなみに若雄の背の朽葉色 (くちばいろ)とか(本ではリーブ色味を帯びた褐色)、今年も背中と
お腹の柔らかいコントラストを撮ることはできませんでした.また来年へ続くですかね・・・
d0164892_20474383.jpg

雄は大遠征の成果、夢中でシャッターを押した15秒間、、、1日でこれだけ
d0164892_20502720.jpg

雌も愛らしいのですが、やはりヒタキですね〜ヒタキ類では色付きな方ですが
d0164892_20571039.jpg
[PR]
by isa-isabird | 2010-11-06 21:01 | 秋(10_11月) | Comments(12)