もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

江別のTさん、お元気です..
by isa-isabird at 09:30
おはようございます。 ..
by 江別のT at 09:11
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 07:54
山は爽やかで気持ち良さそ..
by moto8 at 07:48
カトゴリさん、お疲れ ..
by isa-isabird at 09:54
やっぱりセンダイ可愛いで..
by カトゴリ at 03:36
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 16:45

タグ

(39)
(38)
(35)
(34)
(33)
(33)
(29)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雪原に生きる〜Vol.02(雪梟)

いよいよ寂しくも梟との出会い、最終章になります.見て頂きたい写真は沢山あり
ますが、主だったものを数点ほど・・・・

厳冬の原野に数度通ううちに、あちらにも顔を覚えてもらったでしょうか〜(また、
奴が来てるし〜ってね)  今季の最終と決め込み、願うように雪マークが付かな
いか!とPCの天気予報を覗きながら深夜の出発です.

雪に隠れた道路も随分と頭に叩き込まれ、一見純白の雪道も過度の不安も無く走れ
るようになると、梟の季節ももう終わりです.今季は雪が少ないと思いつつも、雪
の高原では、厳冬に生きる「雪梟」の姿を探します.

この日は高速もチェーン規制区間が首都圏にどんどん近づきます!視界の悪くなる
中を不安と期待で標高をあげて行きます.白み始める空は何故か青空に・・・
雪が積もるこんな日は、活発に餌を採る梟を期待しますが、ほとんど姿が見られま
せん.やはり梟シーズンも終焉のとき?おまけに昼までいつもの快晴パターン(泣)

でも、このところ活発な個体のエリアを丹念に廻るうちに、山を超えて雪雲がどん
どん広がり・・あっという間に吹雪、地吹雪に.それでも運良く梟の登場!
時折風がぴたりと止まる時に、深々と降る雪の中で餌を求めて樹々を渡り歩く梟の
姿に会うことができました(嬉)
d0164892_222650100.jpg


こんな厳しい中でも餌となるネズミがいる雪原では
d0164892_22281219.jpg



忘れられないのが、良く見かけた本土狐(2010.12月撮影)
何故かキツネに会うといいことが有るような気がするんですよね〜梟と同じく、
厳しい環境の雪原で餌を探す、必死に生きる姿は感激です.お邪魔させて頂い
ているという気持ちでシャッターを切りました.
d0164892_22311953.jpg



たくさん出会いは豊かな自然と、梟が生きて行くための環境を整備され続ける
ご苦労が有ったと聞いています.ただただお邪魔するだけで、思いの梟に出会
えたことには前説の方々に感謝が耐えません.
d0164892_22544896.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-26 22:55 | 冬(1〜2月) | Comments(16)

雪原に生きる〜Vol.01

今季は通いましたね〜雪山 ♪
梟も繁殖のためであろうか、雪原野に姿を見せなくなりつつある
ようで、今季は撮影機会もシーズンオフかな?と自主判断(^_^;)
(昨シーズンより半月早いかな〜)

今年は中盤以降、訪ねられる範囲が少なかったような気がします.
ちょっとした標高差で、雪の多少が極端でした.
あまりに幻想的だった、、
        朝日が差す前の月明りに照らされる雪山と雪原

(梟を観に来たんだ、と忘れるくらいの感激でした)
d0164892_2220774.jpg



随分待ちました!一瞬のチャンスで・・・
d0164892_22244271.jpg


訪れる日は、とにかく快晴ばかり、苦労しました
(この頃から、天気良いよ〜の合い言葉=雪吹雪)

雪を入れることができませんでしたが、前半の思い出の一枚!
らしい背景かと・・・
d0164892_2238182.jpg



Vol.02 を(梟)最終章で考えています!宜しくです.
[PR]
by isa-isabird | 2011-01-22 22:46 | 冬(1〜2月) | Comments(10)

コミミズク再び (Vol.3)

なかなか望む状況での撮影は難しいですね〜
夕陽が奇麗に芦原を「茜色」に染める条件は・・・
夕陽が沈む15分間の雲にあり〜残念!
d0164892_21571414.jpg


塒(ねぐら)から出て来た?芦原に立つ小耳木菟
ちょっと滑稽(^-^)
d0164892_2233878.jpg


でも、今季のコミミズクは気体を裏切らないですね♪
d0164892_2252358.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-22 22:07 | 冬(1〜2月) | Comments(2)

いつも突然・・・接近梟

雪のフィールド、足回りに気をつけながらフクロウを探します!
原野の遠く、森の縁にじっと佇むフクロウを見つけることが多い
のですが、時折ハッとするほど出会い頭の遭遇をしてしまうこと
があります♪カメラを持出す間に飛び去ってしまうことが大半で
すが、何度かこちらを伺うような視線♪
d0164892_222639.jpg


まんまるな眼のフクロウと出会えるまで、来季も訪れることにな
るのでしょうね!きっと!!
d0164892_23411888.jpg


それにしても今季は雪が少なく・・・・
d0164892_223081.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-18 22:05 | 冬(1〜2月) | Comments(6)

滑空する

ぼちぼち、フクロウの画像整理もつき始めたので(^_^;)
まずは「滑空」をまとめてみたのですが、思うようには撮れてませんねぇ。。。(汗)
正面や、ひらりひらりとホバるような「舞う」感じでは全くダメダメ・・・この冬は、
獲物を狙い舞う姿は一度きりしか出会えませんでした.
そもそも、車内からの撮影ですので窓枠にレンズを載せただけでの限界も感じます!
車内に三脚を立てられればいいのにな〜
d0164892_21161298.jpg


今季は何故か晴れのお天気ばかり・・これでは梟も眩しかろうと! SSは上がるもの
の、活発な餌取りに出会うチャンスは少なかったかもしれません.
d0164892_21322292.jpg


今季の出会いでは、こちらに向かって飛んでくれる状況には遭遇出来ませんでした.
基本的は滑空する場合、地上すれすれを飛ぶのですね〜
d0164892_21395452.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-18 21:41 | 冬(1〜2月) | Comments(6)

SNOW & BLUE

やはり気づけばここにいる・・・この冬は随分と足を運びました.そろそろ、シーズンオフに近づきつつ有る気配を感じています.撮り貯めたものを少しずつアップしたいと思います.

何故か今季は、晴れのお天気にばかり当たります.まぶしい白と青の世界は、すこぶる気分がいいのですが撮影にはとても厳しいものがあります(^_^;)できれば雪が舞う中での出会いを期待したいものです.
日に日に(猛禽ゆえ)早い繁殖のために山へ帰るのでしょうか!
 この日の朝は-14℃、霧氷がまぶしい朝でした (もっともっと霧氷が白いことがあるそう♪)
d0164892_22404760.jpg


 普段はなかなか明るい時間には会えないのですが、活発な梟に遭遇♪
d0164892_22445546.jpg


 長い飛翔や滑空はなく、樹の天辺を渡り歩く
d0164892_22463998.jpg


 寒いのに陽炎がたち、被写体がにじむ・・・? こんな雪原でも一生懸命に狩りを続けるんですね〜
 梟の目はレンズに比べたら超高性能かぁ?まずは獲物の動きを捉える聴力いいことは確か!
d0164892_2252115.jpg


まだまだ、つづく♪♪
[PR]
by isa-isabird | 2011-01-13 22:55 | 冬(1〜2月) | Comments(16)

黄金色に輝く・・・続、少しづつ

早速、リベンジというか黄金色の芦原に足が向きます・・・この日は、やはり快晴です
が夕方の風が心配です(^_^汗;)

前回の反省から、少し早めにフィールドに立てるように心掛けて、13時過ぎには到着!
やはり知り合いのBIRDERさんが多く、歓談間もなくいきなり飛び出したコミミ!
前回と同じパターンで、目の前を行ったり来たりするうちに風が強めに=芦原に没
(やばいパターン)、、、

今回は餌を食べ足りないの〜?芦原は黄金色に輝き始める16時頃に、1羽・・2羽・・
3羽が行き交う状態に(^o^)vでも近すぎ〜早いし、目だけにピンがぁ(^_^;)
d0164892_19362014.jpg


土手を蛇行しながら時折芦原が背景に入る状態で飛んでくれます♪
何枚かイメージに近づくショットを!!背中が奇麗です♪
(この時だけ夕陽が雲に隠れてしまった〜)
d0164892_19412735.jpg


比較的お気に入りになった、夕陽で輝き始めた芦原と〜
d0164892_19433448.jpg


今日は日没とともに、悠々とした飛翔の余韻を残して終了.
d0164892_19451947.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-10 19:47 | 冬(1〜2月) | Comments(10)

Pallas’s Rosefinchなかなか〜

この冬、どうにか雪原野に生きるオオマシコに合いたい・・・
高原も雪が少なく、雪降る天候のフィールドに当たりません!

随分走って、枝どまり・・雪が有ればね〜〜〜
d0164892_19191317.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-10 19:20 | 冬(1〜2月) | Comments(7)

黄金色に輝く

梟に魅了されている合間を見て、話題の芦原を覗いてきました!
梟のblog UPの前に(^_^;)

ここは、おおよそ10年前に「フィーバー」した近く.久々の
コミミズクの濃いフィールドになりました.ハイチュウと並走
して、コミミズクが飛んだのは忘れられないですね!

勝手に余裕をもって、2時過ぎにフィールドに立てば・・・・
もう30分前から飛んでいるって(^_^;) でもこれからが本番
と気を引締めた瞬間に強めの風が吹き始め(汗)

結果的には10カット(にしては上出来と思いたい)の飛び物で
終了・・・日没、暗くなっても出てくれませんでした(泣) 
”月並みなカットかなぁ”
d0164892_21564399.jpg


少し羽根が透けてくれました!
d0164892_21572316.jpg


こんな光景が広がる広大な芦原と”・・・”は、まだまだ続く
d0164892_2159276.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-07 21:53 | 冬(1〜2月) | Comments(10)

Japanese Waxwing

撮れそうで撮れなかったヒレンジャクにも会えました!
丹念に、耕作地の林縁や際を見ながら走ると「チリリ」
の声・・・・やはりヒレンジャク(^.^)
数羽の小群が、餌を求めて飛び廻る姿を良く見かけまし
た.こんなに早い時期に黄、緋ともにたっぷり会えるの
は初めてです.
d0164892_2128013.jpg


一帯には野イバラの朱色の実があり、レンジャクは無心
についばんでいます.
d0164892_21313387.jpg


車からの撮影はつらぁい(^_^;)、ぶれ量産・・。。。
後ろ姿が奇麗な個体がいました♪
ヒレンジャクだけJapanese とは何でか?いつも不思議.
d0164892_21343118.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-01-06 21:35 | 冬(1〜2月) | Comments(12)