もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新のコメント

photo-eijiさん..
by isa-isabird at 22:03
 雪山バック、いいですね..
by photo-etudes-eiji at 20:49
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 23:35
背景は雪山なのでしょうね..
by you at 22:32
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 22:11
柳のエナガは小さくていつ..
by moto8 at 21:24
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 20:45

タグ

(39)
(35)
(34)
(33)
(33)
(30)
(26)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雪山の林道で_イワヒバリなど

湖を早々に離れて、お山のレンジャクを探して車を走らせます。国道沿いで沢山のヤドリギがある場所では、頭上にレンジャクがたむろしているのが見えましたが、当然撮影は無理そうです。これではレンズすら向けられないので、わき道の林道へ入ってみます。またまた山影の道は凍ったオールアイスバーンの道で、一気に緊張の運転です。道端の滑り止めの砂が、ちゃんと置いてあるのを確認しながらそろりそろり・・・助かるんですよね!砂と塩カルは緊急脱出には抜群の効果あり(汗)車に積んでおければいいのですが。

目的は、谷が浅くなったあたりにヤドリギがあったので、目線のレンジャクにでも会えたら!!と言うことでしたが、そうそう甘くなかったようです。しばらく待って見るのも良いのですが、暗くなるのが心配ですから、帰りを考えた探鳥を・・・・安全第一^_^;



そっと走りながらカーブを廻ると、雪が溶けた地面に2羽の鳥が見えます。全く予想していなかったイワヒバリです。古い石積みよう壁に飛びのって餌を探しているところを!
(Photo_2015.0214)
d0164892_22473952.jpg



Moreそれなりの出会いが有りました
[PR]
by isa-isabird | 2015-02-28 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(12)

命の水_ヒレンジャク

おかげ様で今回はタイミングが有ったので、レンジャクが水を飲みにくるシーンに立ち会うことが出来ました。結氷していなかったらどうしようか、どこに水を飲みに来るか判らない。。。なんて心配をよそに、夜明けの高速道路を走る週末のスタートです!

この湖も近年は全面結氷が無いようで、ここならではの風物詩も見られなくなりました。いつかは行っておきたかったレンジャクの生きる光景を見たかったのです。岸辺の氷が溶けた部分で、水を飲みに降りるレンジャクの姿は、必死さを感じられるものがあります。レンジャクは良く水を飲む鳥のひとつですね。無警戒になりかねない水辺に降り立っては、水をすくい取り、タッチアンドゴーを繰り返します。或る意味見ものです。

湖畔の木々に沢山のヤドリギが寄生し、長年の歴史を物語る立派なフィールドサインになっています。水辺には葦が生え、何処に降りるか予想が付きづらく、立ち位置によってはレンジャクたちが急降下する進路を妨害するかもしれません。理想的な場所も見受けられますが、30羽足らずの群れがどう動くか、今朝の様子を伺うことにしましょう!

動き出した群れは、ちょっと予想に反して遠くのヤドリギに入っています。そっと覗きに行って見ましょう!とは言え、朝の散歩などの人が通ってもヤドリギに付きっ放し^^; 時折、私からは見えない水辺に降りているようです。水飲みは厳しいかな。。。今日は?でも、水辺に降りる前のちょっと面白い光景に出会いました!(結氷した湖面が背景)

d0164892_23541393.jpg

しばらくしてから、お目当ての場所のヤドリギに群れが移ってくれました。これなら望みがあるかな~と、雪が積もる岸辺に身を低く構えることにします。氷の解け始めた水面には、焼けた空の色ではではなく、対岸の冬枯れ山の色が写り込んでいました。群れで降り立つシーンもファインダーに納めましたがあまり納得いかないものが多くて・・・・9時を過ぎるころ群れも何処かへ飛び去って、静かになった水辺をあとに、別のお山へレンジャクを探しに行ってみましょう!
(Photo_2015.0214)

すくい取ってこぼれ出る水と、すぐに安全な場所へ飛び去ろうとする瞬間は躍動感有るシーンでした。
d0164892_2354245.jpg
定番のシーンですね、これ!「緋」が綺麗な子です。
d0164892_2353192.jpg




[PR]
by isa-isabird | 2015-02-23 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(8)

群れる鳥_イカルとコイカル

今日は、何時かは見に行こうと思っていたコイカルです。近い場所なのでゆっくりと出発、お天気は暖かくピーカンだったので撮影には苦労しそうだな〜なんて思う間もなく到着です。大きなイカルの群れが、河川の雑木林でこの冬を過ごしている場所は、林床が整備された気分の良い場所でした。遠い昔にこんな場所が有ったかな〜なんて回想にふけりながら土手を歩きました。間もなく大きな群れが、林床から飛び上がるのが見えます。どうやら葉を落としたムクノキの下で、葉をひっくり返しては落ちた実をつまみ上げています。嘴で割る音が静かな雑木林に響いています。そんな中に1羽だけ隅っこのほうにいるコイカルが今日のお目当てです。
d0164892_2147316.jpg


実は通りかかったご老人が、あの樹はムクノキ(椋木)で沢山の実を落とすんだよな!この辺りは随分と成長した森になったのだと。。。良いお話を聞きました。なるほどね〜大きなムクノキが何本か有ればこういうことも有るのかな〜 昔にMFで大きな群れが入ったのは、似たような状況だったかも!このblogで以前ムクノキの実は、秋に黒い実をつけて、アトリやツグミ系に人気を集める樹だと紹介しました。真冬の葉を落とした樹では、木肌や樹形から気づきようもなかったな〜感謝です。普段から見て回れるフィールドの植生を知ることも大事ですね!

しかし。。。。想う撮り方が出来なかったことも有り、苦戦の連続です。群れを治める撮り方のイメージがないので、誰かご指導頂けませんか〜(笑)  (Photo_2015.0211)
d0164892_21483322.jpg



More 2009年に会ったコイカル
[PR]
by isa-isabird | 2015-02-21 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(8)

ハギマシコが目の前に!

レンジャクを探して公園を歩いていると、目の前にちょっと膨らみ気味の鳥が。。。。ハギマシコが1羽だけ。どうも前日までは多少の群だったようですが、取り残されたのかな~~?一生懸命に芝生に落ちた草の実を啄ばんでいました。500mmではフレームいっぱいまで近づいてくるほど無警戒なハギマシコ、まだ若いのかな? ほぼノートリ(^.^)(Photo_2015.0207)
d0164892_21304192.jpg



d0164892_2130937.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-02-19 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(6)

この冬はミヤマホオジロが難題です

自然に会おうと思うと、このうえなく警戒心が強いのがミヤマホオジロです。雪の散策路を行ったり来たり。。。群の行動パターンを読んでは先回りとか(汗)とても感じの良い、らしいフィールドですが、雪に足を取られながら大汗をかいてきました。やっと慣れたころに待ち伏せが功を奏しますが、シャッターを押しただけでビクッとしちゃう・・・またの機会に持越しですね! (Photo_2015.0207)
d0164892_21241061.jpg




雪が入りますが、基本雪には乗りません。ベニマシコのように草枝や穂先の餌を食べないのがホオジロ科、なのでしょうね。
d0164892_21242133.jpg


d0164892_21241591.jpg


この冬見かけたのは、雪面すれすれに垂れ下がる草の実を食べに来ました。。。そういう状況は、気象状況や餌場の制限があります。イメージはできましたが、これまた難関な(笑)
[PR]
by isa-isabird | 2015-02-17 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(8)

雪鳥5-5_そしてオオマシコの恩恵は!


今回は食べこぼした雪上の種について、チョットばかり面白いことを発見しました(*^^*)その種はもちろんオオマシコ自身も食べますが、おこぼれに預かろうと、色々な鳥が寄ってきているんですね!おまけだったのがミヤマホオジロでした^_^雪に閉ざされた地面では採餌できないだろうなと思ったら、今日はおこぼれ狙いで戻ってきた感じです。オオマシコに混じってヤマハギに乗ってしまったミヤマホオジロを発見〜。綺麗な雌の冠羽が印象的でした。



d0164892_2156948.jpg



さらに、前回紹介したアトリが混じりました^_^;ただ、私の立ち位置では上手く撮れませんでしたが!おこぼれ頂戴組は結構にぎわっていました。それにしてもまあ、群から別行動して1羽だけ美味しい思いをしようと?降りてくるアトリは。。。ちょっと不思議でした。


d0164892_22113361.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-02-14 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(6)

雪鳥5-4_またまたオオマシコに会いました

最後に大御所オオマシコ
此処にもヤマハギがあるな〜と思っていました!
あちこち新雪の中を歩いてまわりながら時々チェックしてみます。だいぶお陽様が高くなるころに!やっぱり〜(*^^*) 雄の成鳥は居ないものの、5羽の群れが居座りっぱなし。誰もこないと堂にいったものです。食べてはこぼし、雪上に落ちた種も拾いに降ります。
d0164892_21184298.jpg




乾き物を沢山たべるせいか、雪や枝の氷が溶けたしずくを口にするのを良く見かけます。ベニマシコやアトリ、マヒワも水辺に良く出てくるし、アトリ科の共通点かな?
のどを潤すオオマシコ。桜の梢には冬芽が少し膨らみ加減です。
d0164892_21172428.jpg



そこはベニマシコの特許でしょ ・・; 待宵草の種も食するんだ~オオマシコも。
d0164892_21203095.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-02-12 08:48 | 冬(1_2月) | Comments(8)

雪鳥5-3_トラツグミも木の実が好きです

ここでは見かけなかったトラツグミでした。ミヤマホオジロは出てくれそうもないな〜雪が全てを覆い尽くすと、地べたの冬鳥は餌が取れないから。なんて考えてたら、さ〜っと横切る大きめの鳥、あの色は?あの腰の白い紋、まさかのトラツグミ!地べたをのそのそ〜と歩くツグミなのに。。。何処行くんでしょうか?ぐるっと見渡すと枝にピョンと乗る鳥が見えます。で^_^;トラツグミがヌルデの実を食べにきてたんですね~しかしご馳走が何処にあるか、良く判るものですね。
実を捥いでは放り投げ、どの鳥も同じような食べ方ですね。

d0164892_22372312.jpg




行動パターンが読めたのと、1対1もあってしばらくの間、こちらも動けずですが随分と撮ってしまいました^^;

d0164892_2238679.jpg




枝に飛び上がってからは、同化するの~?というくらいしばらく微動だにせず、やっと食べ始めるパターンを繰り返します。薄日を受けてゴールド基調の背中の羽根がとても綺麗に見えました!

d0164892_22362610.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-02-10 07:41 | 冬(1_2月) | Comments(10)

雪鳥5-2_白い世界で~ベニマシコ

前述より ”続き”
到着した雪のフィールドでは、薄晴れのお天気です。 山からの雲の流れか、晴れに舞う雪状態なので、期待が膨らみます。 新雪が15cmくらいでしょうか、 誰もいない白いフィールドを歩き始めます。この位の雪なら鳥たちも、草の実を食べることができそうです。

登り詰めたお目当ての場所では、かすかに鳥の声が聞こえ始めます。 結構な登りだったので汗をかくほどで、帽子やネックマフラーをはずして一休みします^_^; 間もなくお目当てだった林縁の草地に、鳥影をみつけます。 そっとそっと気を配りながら、静かに雪を踏み、ベニマシコとの距離を詰めます。 いつもは警戒心が強く撮影に良い距離をとれないのですが、餌を食べるほうが優先なのか、むこうから近づいてくれます!

これも「想いの一枚」になりそうです。期待していた光景、「雪に赤い鳥」がこんなに早く実現するとは思わなかったから結構痺れました(笑)
d0164892_22495785.jpg



「踏み跡がない坂道を気分良く降りるのはいいけどね~」 
つらい登りの一休み!フィールドサインは、isa-birdだけ。。。笑。あとはリスとウサギくらい^_^;
d0164892_2135051.jpg



More 色々な出会いが有りました
[PR]
by isa-isabird | 2015-02-07 23:03 | 冬(1_2月) | Comments(6)

雪鳥5-1_色々会えました~イカルとか

首都圏を含めて、金曜に広範囲に降雪がありましたね!(2015_0129)
こちらでは午後から雨に変わり、積雪量は相当減ってしまいました。もう少し雪があれば里山の雪鳥を探しに行ったかも知れません。でも心はお山に飛んでいました(笑)

やっぱり早起き、4時には車中という週末がスタートです。前日のべた雪が車をカチカチに凍らせ、車を出すまでのフロントガラスの解氷にやきもきします^_^;幹線道路に出るまでも道路はアイスバーンのように滑ります。橋の上も気をつけて運転しましょう。でも、気温は0℃になっていません。

先ずはお目当てだった数カ所を蛇行するように、新雪の中を登っていきます。想いのベニマシコに会えてから登り下りを繰り返すように歩いての探鳥です。
※雪を掻き分け歩いた後日はふくらはぎの筋肉痛が。。。相当残りました^_^;
前回訪れた時と同じ、イカルがあちこちに見られました。やはりヌルデの実を食べたくての逗留のようです。沢山あるのに何カ所かに美味しい実があるのでしょう!決まってイカルが実に付く木で待つことにしましょう!!

よほど美味しいのか、この実の廻りで喧嘩まで。。。
d0164892_2163063.jpg



午後になって降りてきたアトリ

d0164892_21849.jpg


群れから離れてこの子だけ、何ででしょうか!
d0164892_21101519.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-02-04 21:11 | 冬(1_2月) | Comments(6)