もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

江別のTさん、お元気です..
by isa-isabird at 09:30
おはようございます。 ..
by 江別のT at 09:11
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 07:54
山は爽やかで気持ち良さそ..
by moto8 at 07:48
カトゴリさん、お疲れ ..
by isa-isabird at 09:54
やっぱりセンダイ可愛いで..
by カトゴリ at 03:36
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 16:45

タグ

(39)
(38)
(35)
(34)
(33)
(33)
(29)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

目線の先には

里山の奥深くにひっそり。。。生の営みが。。。
足を踏み入れた林には、昨晩の雨でそぼ濡れた巣立ち雛がいました。

d0164892_2130840.jpg


多くを語る必要が無い、感動と不安、、、後日、親に誘導され無事森の奥へと
連れ立ったそうです。
[PR]
by isa-isabird | 2015-06-28 21:39 | 春から夏(6月) | Comments(14)

大きいのですみません(^_^;)

たまには。。。。

黄金虫かな?吐き出さずに飲みました、、、また!

d0164892_215308.jpg



右斜め前から差し込む陽の光、、、透けた嘴が赤い!

d0164892_2152629.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-06-24 08:59 | 春から夏(6月) | Comments(8)

赤い鳥 ”そんな出会い ”もあり

d0164892_16435070.jpg




野鳥たちは繁殖に入ったせいか、だいぶ静かになったぶなの森です。今日のお天気は梅雨の晴れ間でピーカンとのことです。撮影のテンションが上がらないのですが、森の中ならどうにかなるでしょう!優しい緑に包まれた「ぶなの森に暮らすアカショウビン」に会いたいと再来です!

朝6時前の森でも、今日は青空だから見た目には充分な明るさに見えます。樹冠近くを飛び行くアカショウビンがとまってくれたらなんとか撮れるでしょうか。しばらくたっても声も聴こえない、またか〜〜の落胆が頭をよぎる頃、遠くの谷の方から”優しい鳴き声”間もなく山のほうから”強い鳴き声”どちらも飛びながら鳴き交わすように聴こえます。だんだん頭上の樹冠付近でも聴こえるように!でも姿を見つけられないまま。。。。(^_^;)

今日は、アカショウビンの動きが判るようにと、見通しの良さそうな森のピークで待ちました。少し静かになったところで樹冠から眼を落とした瞬間、谷の方向で大きめの鳥の影が動きます。ぶなの幹で遮られて全容は見通せませんが?

「赤い!」

d0164892_16424776.jpg


嘴が赤く透けて、最も長く映るボーズで、見返りって。。。

谷のほうへ下る道が有るので少し行ってみましょう。見通しが効かないのですが、そばにはアカゲラの古い巣穴が有り、行ったり来たりしていたワケです。。。。なるほどしきり訳がわかりました!ただ残念なのは、その後全くこの森では見かけなかったこと。実しやかに言われているように、まだ営巣場所が決まっていないという事を裏付ける、そんな状況での巣穴探しの一景だったのかも知れません。ん〜〜また想い描いた光景とは遠くなってしまいました^^; 昼からは、またまたぶな林のフィールドを探しながら、帰路につきました。

朝6:30前、陽が差し始めたとはいえレンズを通せばこのような撮影条件です。
※UPの画像data SS-1/10   ISO500  F4 
ふかふかの路床と不安定な斜面に、超高感度でも撮ってみましたが、ここでは唯一人、少しだけ考える時間が有ったのか?ミラーアップ撮影で凌いでみました ^_^;

[PR]
by isa-isabird | 2015-06-20 21:00 | 春から夏(6月) | Comments(8)

ぶなの郷_思わぬ出会いでした

ぶなの優しい緑をイメージしながら夏鳥を探してみようかと、少し遠い日本海性気候の山郷へ行ってみます。

「アカショウビンも会えたらいいな」
朝も夕べからの雨が残りますが、どうにか撮影できそうな明るさです。ぶなの森へ入ると樹冠を叩く雨音をよそに、空を覆う緑の葉が傘の代わりとなってくれます。せめて声ぐらいはと期待しますが、気配がなく他のポイントを探すことにしましょう。

「その他の夏鳥はどうなっているでしょうか」
森を出れば、今日の鳥見の行き先不透明さを示すように降りしきる雨、車のワイパーが止まることがありません。山裾などを車で流せば、タニウツギのピンクの花が、濃くなり始めた新緑に優しく映えていました。心はここにノジコですけどね!そうこうしているうちに、ギチギチとかん高い連続音、聞き覚えの有るチゴモズの声です。さて上手く出会えるでしょうか。なかなか止まない雨もあり、半日ほど車の中からチゴモズの動きを伺うことになりました。雨も上がり始めるころに「このあたりなら」という場所でカメラを持ち出して待ちましたが、その甲斐あって!

(Photo2015.0605)
風で背中の羽根がめくれた瞬間、あの模様。。。沢山シャッターを押しましたが、ちょっと大きめに切り出したこの1枚を!
d0164892_2254612.jpg





d0164892_23332797.jpg



d0164892_23344396.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-06-17 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(12)

梅雨の里山 ” 輝くブッポウソウ ”

居るとなるとその特徴的な鳴き声ですぐに判ってしまう、ブッポウソウです。降りしきる雨の中で電線にたたずむブッポウソウを見かけました。多分ここに意味があってのことと思います!警戒心も強そうなので大事な時と察し、早々に立ち去ることにしましょう!

d0164892_2318763.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-06-14 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(12)

コルリ探しが ”コマドリ” になってしまった。。。の2


こういう雰囲気で会いたかった!が実現しました(^-^)v
(Photo2015.0530)

d0164892_2147235.jpg



小さな沢、笹薮、程よく低木の新緑が取り囲みます。

d0164892_2147667.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-06-10 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(10)

標高2,000mの林道はオオルリ峠

2000mを越すころには杜鵑の鳴き声は、カッコウからホトトギス、ツツドリ、そしてジュウイチに変わります。案の定青い鳥の濃さが実感できるようなオオルリの濃さでした。力強く天辺でさえずりを続けます。どうにか見下ろしの谷の樹の天辺で出会えないものでしょうか!あわよくばジュウイチにも"^_^”

(Photo2015.0530) 綺麗な芽吹きの中で!

d0164892_9113167.jpg



Moreエゾムシクイ
[PR]
by isa-isabird | 2015-06-07 09:12 | 春から夏(6月) | Comments(6)

コルリ探しが ”コマドリ” になってしまった。。。の1

今週も先週のお山へあしげく通うことになりました。
週が変われば落ち着いてさえずる姿を見せてくれるのでは?そんな期待を胸にいつもより早い3時30分過ぎに出発です。春の鳥見は朝が早いから体力的には厳しいものがあります。森に光が差し込むころ6時過ぎには到着です。相変わらずオオルリキビタキは良くさえずっていました。
コルリはというと、林道のポイント数キロで、先週とほぼ同じ場所数カ所でさえずっています。ただ道沿いでは聞こえまん。ちょっとだけ鹿の通り路(獣道かな?)に入り込んだ谷沿いで待つことにしますが、先週と状態変わらず。。。 ここまでは予見できたので、2000mを超える別の山、峠道へ移動です!オオルリや杜鵑が良く鳴いていますが、コルリは遠くのさえずりを耳にできただけです。杜鵑を期待しながら、しばらくオオルリをみながら別のお山へ移動しましょう。
どこぞの森では、こんな苦労をせずともコルリに会えるのだと思うと余計にその素晴らしさが身に沁みます(笑)
ということで、コルリ探しは続きます。


(Photo2015.0530)標高1700m付近


まずはさえずりから!
d0164892_2136214.jpg



鳥見を始めたころから、この周囲にはコルリが多いと認識していたので、14時過ぎを目標に出会いを求めてゆっくりと車を走らせます。当然笹薮があり沢筋がお目当てです。 ところどころに車を寄せられそうなスペースがあるので、停車しては耳を澄ませます。
が、走る車窓からも十分に聴き取れる 「コマドリ」のさえずりが、いきなり左右から飛び込んできます"^_^"これは縄張りの境界に立っている様です。ドアを開けるともう目の前の苔むした岩に2羽の雄が見られます。 "クルルル~~ビ~" と機械的な聞き慣れない ファイティングな唸りが聞こえます(汗)コマドリ君には申し訳ないですが、様子を見させてもらうことにします!!

そのうちに、笹薮を動きながら時折ピョンと樹上に飛び上がってさえずる、おおよその巡回パターンがわかったので"^_^"
それにしても、2羽の雄コマドリは痩せてたな~




でも、さえずりポイントはしっかりもう一羽のいるほうを向いて、尾羽全開!

d0164892_21362943.jpg


More証拠程度
[PR]
by isa-isabird | 2015-06-03 21:51 | 春から夏(6月) | Comments(12)