もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

山国の鳥見人さん、、、、..
by isa-isabird at 21:24
「ついに出たー!!」って..
by 山国の鳥見人 at 20:47
photo-eijiさん..
by isa-isabird at 21:20
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 21:15
 クロジは声はすれど藪の..
by photo-etudes-eiji at 20:51
暑中見舞い有難うございご..
by moto8 at 08:56
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 22:51

タグ

(40)
(38)
(38)
(34)
(33)
(33)
(30)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

一番元気なさえずりです・・・爽快

いくつの林道を走ったでしょうか、、、、
いくつの谷を渡ったでしょうか、、、、
久々に行けるところまで行ってみようかな〜と走り詰めます。ところどころに”これは勘弁してほしいな〜”と思うような落石が見られましたが、無事に帰ってきました(笑) 標高2,000mを越さない程度の林道は、気分の良い芽吹きが出揃い、私のイメージを狂わせた夏鳥は遅いさえずりを見せてくれたり、いつもじゃない6月末を味わせてくれました。

一番元気だったのは、深い谷で鳴き交わすオオルリです。おっと・・・! 車を止めさせるような声量で、すぐそばからさえずりが飛び込んできました。
谷の向こうの深い背景で、抜けの良い枝先で鳴いてないかな〜〜"^_^” 木々を覗き込みますが、、、あれれ、すぐ目の前の樹冠のもとで囀っていたのですね。いつもなら薄暗くっても不思議じゃないのだけれど、、、雰囲気良さそう!

ここでは、オオルリが濃かったので、あちらこちらにこだまするオオルリの大音響が、、、、パチリ"^.^"

d0164892_19565967.jpg
やはりこの枝じゃなくて、、、なんて都合よくいきませんが、背景はgoodでした。
d0164892_19570461.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2017-07-01 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(0)

気分良い渓流沿いです・・・清涼感

目的の鳥も出てくれなそうだし、、、、
すぐ傍で綺麗な成鳥キビタキがさえずっています。ここでは久々の登場です!

d0164892_20180436.jpg


キビタキ君を追ってみることにします。気分良さそうなさえずりを繰り返していたので、子育ても一段落なのでしょうか。
この辺りはサラサドウダンが群生していました。いままであまり気にかけていなかったドウダンツツジ、サラサドウダンですが、思った以上に綺麗で可愛い花に見とれてしまいます。背景に持ってくるのが精一杯でしたが、新たな発見みたいでちょっと嬉しいひと時です。


d0164892_18332673.jpg
これが ”サラサドウダン”
d0164892_20492247.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-29 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

ホオアカも元気です

ノビタキと同じ場所で!

d0164892_18301705.jpg




[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-28 00:01 | 春から夏(6月) | Comments(0)

緑の海は子育てで賑やかです

今時はお花の高原でノビタキたちを待つのが良いのでしょう、、、が、この春から狂いっぱなしの夏鳥探しですから、今日も標高上げ下げの走れる限りの鳥見をしましょう"^.^"
先ずはせせらぎがセットの森でしばし待つことにします!遠くにサンコウチョウの鳴く声を楽しみながら、どうにか近づいてみたいと思うのですが。どこも美味くアクセスできそうに無いので、声だけで次に移動します。

ここは真冬には荒涼とした高原で、冬の猛禽たちに出会いを求めて走る場所です。いまは緑の海にかわり、ところどころに鳥が出入りするのがわかります。私がお気に入りの光景と決めた場所で、こんなに大きくなったノビ雛は元気に飛び回っていました。もう少し早かったら親からの給餌もあったかもしれませんね、、、

d0164892_18271283.jpg
親達は付かず離れずの距離を保って、見通しの良い場所で見張りです。ポートレート風に切り出して一枚!
d0164892_18272388.jpg



[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-27 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(0)

ホイホイ谷見つけた~ ^^;

やはり6月はサンコウチョウ!
久々の出会いでした。鳥薄だったこの春の私からして、居るんじゃないかな~と思って会えた嬉しさ、起死回生の出会いです。
今日は欲張って走ろうと決めていたから、短時間しか見ていられませんでしたが、どうも数個体が営巣をしていそうです。囀る枝もどうやら絞れたかなぁ〜でも、尾の長い雄もお出ましにならず、プレッシャーをかけない程度に退散します。再び来れるかわかりませんが、毎年の楽しみも出来たし!

メスの割にはアイリングもお口も色濃いブルーです。もしかしたらヘルパー⁇
推定もここまで、、、
d0164892_20412161.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-26 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(0)

子育ての草原

d0164892_20444741.jpg
花の開花も危ぶまれる高原もどうなのか、足を運んでみなければ自分なりには掴めません(^_^;)確かに、6月半ばにしては開花期は遅れ、まばらな草原の感じだなぁという印象です。コバイケイソウも少なく思え、ツツジとのコラボも難しそうです。
繁殖はというと、いつも通りなのかな~?子育てに忙しそうなノビタキの夫婦のルーティーンには、こちらの希望する良い感じのつぼみや、花には来てくれそうにありません。

目線を落としている間に、目の前に鎮座するノビタキが。。。(笑)
後にも先にもこの時だけでした!蕾のツツジも良い感じだなあ、、、と、ひとり納得(^_^;)














[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-24 08:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

打破 !? やっと春に歩調が合ったのか、、、

ここ数年ライフワークのコルリblueも数カ所で付き合ってくれました(^_^*)
この鳥に会えなきゃ春が始まらない(笑)もう、7月の声を聴く頃というのにね〜半月以上の春が遅れるお山でした。でも、営巣はそうでも無さそうかなぁ?弱い大平洋高気圧が、北から張出すオホーツク海高気圧に負けて、梅雨前線が日本列島付近で成立しない今年です。故に、上空は寒気で、晴れても気温が低めのお山ということになります。鳥たちはどう思っているのでしょうか。

とても清々しい林道に変わっていました!梅雨のじめっとした感じも無く。。。。

d0164892_20425840.jpg

ちょっと暗かったかな〜
d0164892_21122380.jpg









[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-22 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(0)

変わらず元気な!

何時ものフィールドをひとり走ります。
ここだけはbirderにあったこともなく、車も少なくのんびりさせてくれます(^_^*)

静まり返った肌寒のお山、、、心中の想像を払拭しなければ、外し続けた予想外の6月を脱出せねば。なんて心配はなかった(^_^;)ようで、入り始めた林道では色々な小鳥たちのさえずりを聞かせてくれています。予想はしたものの、再訪しなければ会えなかったったサンコウチョウも、盛んに鳴き交わしを目前で見せてくれます。
(また後日upしようと思います)

沢沿いの道端で鳥を待つと、相変わらずセンダイムシクイが「Max」なさえずりを見せてくれます。でも春先と違い、尾羽も擦り切れています。子育ての影響、生きる証なのでしょうね!

d0164892_20392853.jpg



[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-20 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

緑濃い山村の鳥たち02

いまや局地的な繁殖にとどまり、希少なモズの一種になりました。
アカモズもチゴモズも、普通のモズに相違ない場所で繁殖しますが
何ででしょうかね~、アカモズにいたっては更に希少化している気
がしてなりません。

この端正なモズ、出会った瞬間に白いおなかがとても綺麗で見とれ
てしまいます!
d0164892_22194776.jpg
こっそりと覗いてみました!
多分営巣に入った頃で、お邪魔にならないようこっそりデス。
このときは降り始めた雨が止みそうも無く、チゴモズも採餌
に出て来そうも無いな~と思っていたのですが、男の子ばか
り短時間に数度の出会いがありました。

想った場所では撮れませんでしたが、天気も時間も時期的に
もこれで上出来かな~と思ってその場を去ります。

d0164892_22194281.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-17 12:00 | 春から夏(6月) | Comments(0)

緑濃い山村の鳥たち01

秋には大挙して、大空を連なるように渡っていくサシバです。
その数からして、東日本だけでも相当な生息域を持つはず、、

奥深い里山山村に春秋の生態系の頂点を成す「サシバ」は、そ
の地の自然の豊かさを表す指標と言われていすね。人家農耕地
の田畑に密接した関係もありますが、近代農業の地では相応し
ないところが寂しいですね!

この写真は農耕地ではなく、峠の僅かな小作のためのため池に
「モリアオガエル」を狙って飛んできたものです。扇状地田圃
等で見かけるのとは少し違った環境です。ちなみに昔はアカシ
ョウビンも生息していたとか。
d0164892_22214297.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-14 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)