もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 16:21
今年は平地でもヒタキ類が..
by moto8 at 08:32
photo-etudeさ..
by isa-isabird at 07:29
夏の日本海側から抜けた..
by photo-etudes-eiji at 22:42
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 17:57
山にはエゾビタキが多いよ..
by moto8 at 08:17
photo-eijiさん..
by isa-isabird at 21:21

タグ

(40)
(39)
(38)
(34)
(33)
(33)
(30)
(24)
(23)
(21)
(21)
(19)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

緑濃い山村の鳥たち01

秋には大挙して、大空を連なるように渡っていくサシバです。
その数からして、東日本だけでも相当な生息域を持つはず、、

奥深い里山山村に春秋の生態系の頂点を成す「サシバ」は、そ
の地の自然の豊かさを表す指標と言われていすね。人家農耕地
の田畑に密接した関係もありますが、近代農業の地では相応し
ないところが寂しいですね!

この写真は農耕地ではなく、峠の僅かな小作のためのため池に
「モリアオガエル」を狙って飛んできたものです。扇状地田圃
等で見かけるのとは少し違った環境です。ちなみに昔はアカシ
ョウビンも生息していたとか。
d0164892_22214297.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-14 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

「見つめる」

ここ数年気になっている神社のアオバズクです。
私の住む首都圏の、お屋敷やお寺、神社のアオバズクが次々と姿を消していく中で、
ちょっとばかり田舎の神社ではBIRDERもなく秘っつそりと営巣を繰り返します。
雛が出る頃に訪れてみるのが良いでしょうが、未だに巣穴が判りません。フクロウ
と同じ、いつも我が子だったり巣を見守れる場所にいるのでしょう!


鳥見を始めた頃には、何処のアオバズクは!って言うほど営巣してくれてたけど、
のんびり撮れるとなると皆無かなぁ(^_^;) 久々にドキドキ、初心に戻った感じで。
それにしても暗かった、、、ISO400・SS1/10、、、。
d0164892_15184028.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-11 15:20 | 春から夏(6月) | Comments(2)

お見せできるレベル?

恒例の辛い深夜発、3時に出発です。
間も無く空は白んで、あっいう間に青空の色が分かる明るさになってしまうこの季節
なのです。できるだけ夜明けからブナの森に入りたい!ちょっとばかり早起きな鳥た
ちに、気持ちを焦らせながら到着します。

道中は長いトンネルを出ると、「雨」?あれれ、曇りのお天気のはずですが。現地に
到着しても、これは霧か?薄暗いか?ちょっとばかり走りを緩めて、近場のフィール
ドも覗いてみます。なんだか鳥薄な感じ?ここもか〜〜やな予感です。

ここで待とうと思った谷は、やっぱり霧、霧が晴れると雨、しかも結構な降りです。
車のワイパーは間欠じゃダメなくらい(*^-^)

元気だったのは、オオルリとジュウイチだけ、、、、結構上空を騒がしく「ジュ。。
。ウイチ」
と飛び回っています。谷の向こうの枯れ枝でもとまればな〜〜うとうとしてたら本当
に!深い山が背景になるのですが、白いのは霧、、、、

このところ狙いを外し続けて、お見せできそうなものがなく、これで失礼いたします
〜〜(笑)

d0164892_20433223.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-06 08:00 | 春から夏(6月) | Comments(4)

”巣立ちの季節”と春の花々たくさん



d0164892_22271132.jpg

  • オオアカゲラは巣立ち間近でした!親は全く寄り付きません。見ただけで3羽が顔を出します。
  • 写真の子は違う子なんです。

※ここから〜この春、目に付いた花を撮りためておいたものです。i-pad撮影を含んでいます。
※やはり持ち歩きやすいマクロレンズ欲しいです"^_^” ブレが怖いけど、、、       

d0164892_22372248.jpg
  • ” トキワナズナ ” 外来種ですが春先、歴史あるレストラン庭園にて
  • 持って帰りたいくらい可愛い小花で、芝生に密生しています

d0164892_22402513.jpg
  • あまりに見事だった” 桐 "の花、この奥でキビタキがよく鳴いてます
  • 良い場所に止まってくれたらUPできたのに

d0164892_22420959.jpg
  • 言わずと知れた” 林檎の花 ” うっすら紅がかかり可愛いです
d0164892_22454276.jpg
  • ” ゼンマイ ” ですよね、食べられないのがあるから、、、

d0164892_22474939.jpg
  • ” アズマイチゲ ” 白い可憐な、沢沿いに沢山、好きな花のひとつ

d0164892_22511444.jpg
  • ” キクザキイチゲ ” この薄紫が高貴さを演出

d0164892_22524870.jpg
  • ” カタクリ ” 撮影に苦慮、イメージ通り撮れないんですよねー
  • この花を見ると山に来たな〜って

d0164892_22543196.jpg
  • 自生ものじゃないけど ” クリンソウ ” 大好きです
  • i-padじゃなくて真面目にとってけば良かった

d0164892_22562658.jpg
  • “ コナシ “ ズミじゃなくて、本当は何て木でしょうか?「ヤマナシ」だろうか、、、、

d0164892_22581109.jpg
  • “ オオイワカガミ “ 密かにひっそり、まとまって自生してます

d0164892_22595118.jpg
  • ” ミズバショウ ” GW終盤に、いつもならダラケて開いてしまう
  • なかなか気に入ったものが撮れない花の一つ


  • 鳥見の副産物でたくさんの花を見かける、、、で良かったのかな〜
  • 20年もそう思いながら沢山のチャンスを見逃して来ました、、、












[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-03 12:00 | 春(4_5月) | Comments(2)

理想な新緑の森

d0164892_14424964.jpg
赤い子や黒い子を期待して、夜明けからロケハンしましたが、深いミズナラの森を背景にして、カエデの枝に来てくれたのは、、、、
でもこのロケーションにかわいいモズ、許しちゃおう~~~!この日一番のベストショットになった一枚です。




[PR]
# by isa-isabird | 2017-06-01 00:00 | 春(4_5月) | Comments(2)

もう?静かな森のキビタキ

d0164892_14451333.jpg
静かな森になった?
明るい樹冠、芽吹いたばかりの若葉の色の森です。
想像していた鳥のさえずりのシャワー、そんな森だったのですが、今年ばかりはどうも様子が変というか、鳥の動きも感じない、キビタキばかりが目立つ森でした。遅い芽吹き、遅い到着の夏鳥たち、、、あっという間に繁殖に入ってしまったのでしょうか!

予想ができない例年とは違った森を歩きます。


[PR]
# by isa-isabird | 2017-05-29 18:00 | 春(4_5月) | Comments(2)

ノジコの森

d0164892_14434546.jpg
様相の違った森を後にしようと、歩き始めると湿原でさえずるノジコに出会えました。まだ浅い芽吹きの灌木で春の歌いをたくさん披露してくれました。



[PR]
# by isa-isabird | 2017-05-28 19:00 | 春(4_5月) | Comments(0)

高原の谷に響く、、、

いつもより早い出発、春から夏の鳥見は睡眠時間を削っての早起きです。
空が白んでくる前の3時ごろがベストなのかなと思いますが、そこは慣れで3時30分過ぎに車に乗り込みます。いつものフィールドの様子を見なければ、これからのコルリ、コマドリ撮影のターゲットを絞れませんから"^_^”

昨年から気になっているフィールドから廻ってみます。ここ数年で一番遅い春を迎える標高1000mの林道は、それなりに夏鳥が揃って一安心です。期待したコルリの声がどこを廻っても聞こえません"^_^” いつもの麓に到着して、やっと聞こえたコルリのさえずり。でも相当下の標高レベルです。結果出会いなしの今回でした。

さらに標高を上げてコマドリの谷を数ヶ所見て回ることにしましょう。昼時とはいえ、やはりというか、声は少なく芽吹きも浅く出会えただけでも良かった状態でした。

ピーカンギラギラですが、しっかり囀っていたコマドリ! 
d0164892_20043566.jpg
このソングポストでしか囀らない律儀な子!
d0164892_20045195.jpg



[PR]
# by isa-isabird | 2017-05-27 23:00 | 春(4_5月) | Comments(0)

会えて嬉しい、夏もルリビタキ

もう少し経てば最終標高に到着なのでしょう〜が、ここでさえずってました。。。"^_^”
メボソムシクイも盛んにさえずるし、お山の峠はまだ雪が結構あるからなのでしょうか!

でも、ペアで動く姿を見かけるのでこの辺りで繁殖もあるかも。

d0164892_20252493.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-05-25 12:00 | 春(4_5月) | Comments(0)

ここでは何でかノジコが多い!

コルリを探す山の麓は、日本海側気候の影響を受けない、高いお山の
北〜東麓なのですが、この辺りでは
比較的珍しいノジコです。でも、毎年安定して会えています。

センダイムシクイと一緒に囀り競争をしているような賑やかさでした。
サービス良かったのですが、この光の強さやクルミかな〜?枝ぶりに
うまくマッチしてくれるようなとまり方が^_^ ;

d0164892_15465522.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2017-05-24 02:00 | 春(4_5月) | Comments(0)