もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

photo_etudes..
by isa-isabird at 21:21
 サクラニュウナイは、ソ..
by photo-etudes-eiji at 20:30
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 08:52
桜にニュウナイ定番ですが..
by moto8 at 08:09
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 22:33
居ましたねー…嘴に桜の花..
by you at 21:45
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 09:14

タグ

(39)
(35)
(35)
(34)
(33)
(33)
(26)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:コミミズク ( 33 ) タグの人気記事

春爛漫の黄色い土手に舞う_2 「鳥への思い」

懲りずに、、、


数キロに渡り土手を菜の花で黄色に染める早春の光景がここにあります。コミミズクが餌を探してあの華麗な飛翔を見せてくれる、、、、、、、のを想像しまながら連日土手を登ります。前日のコミミズクの動きから人の壁から遠く離れることがよさそうです。コミミズクがストレス無く餌をとれる余地があるように待ちます。案の定人を避けてコミミズクが土手上を左右にローリングしながら、人気のないこちらに向かって来てくれました。
途中で土手に降りた時に500mほど先のBIRDERに見つかったのか?"^.^" 大移動が始まりました。な、わけで以降はいつも以上のどうしようもない状態に、、、、

この冬のコミミズクは、飛んでは土手にポンと落ちます。止まります。止まっている方が多いかも、、、、人の壁に飛行コースを迷うのか?きょろきょろと落ち着き無い表情が多かった記憶が残ります。然程人を気にかけないコミミズク、という印象がある鳥ですが、流石に気になりますかね~

★2度目に降り立ったのは私の目前!!あっという間に、加速して集まるBIRDERに
 囲まれてしまったコミミズク(いや、私、、、笑)
d0164892_23200764.jpg


★もうちょっと、来い、来い!と願います、、、、コミミズク目線左上の土手を走る
 BIRDERに気付いたコミミズクはこのあと旋回、、、
(背景の車をトリミングで外しました)

d0164892_23201379.jpg


Negative   ※ここからは興味のある方だけ、、、お読みくださいね!

 近代鳥見撮影は、たくさんのBIRDERを避けて、鳥が本来の行動ができるような
 場所でポジションを取りたいものです。写真を撮るということは鳥の習性とかア
 クションを起こす環境、ローカルなルールを知るべきと教わってきましたが、情
 報だけ、群集心理で動くとこうなるのでしょうね~もっと習熟者から話を聞くと
 かコミュニケーションがないとね~~~情報化は便利だけど、鳥に置き換えても
 なんだか線が繋がってない破線、点線状態なこの頃です。

 情報だけで鳥見をする比較的同年代の人も多く、聞くだけ聞いて、、、人間社会
 でも筋の通らないような、、、実はそんなことが私にも降りかかり長く付き合え
 ると思った鳥ともだちに見切りをつけざる得ない、むなしい現実も最近あったり
 、、、「言う覚悟と、聞く覚悟」も必要なんだと!

 週末しか休みが無く探せないから、、、成果じゃなくて探して感じて、知合っ
 お互いの信頼と、鳥を思う畏敬にも似た感覚を共有したいですね!

そんな経験を長く持ちながらやっと想いの写真が実現化するようになった最近です。気力と体力のある今時期にちょっとでも近づくようにと思う日々です。


[PR]
by isa-isabird | 2017-03-16 12:00 | 冬から春(3月) | Comments(12)

春爛漫の黄色い土手に舞う_1

春の陽気が眠気を指す週末ですが、遠征じゃなくて済むのがここの魅力、土手の春景に会えます。相変わらず人気を継続しているコミミズクですが、この土手の菜の花の黄色い絨毯が、延々と続くのは見もので、通いたくなる気持ちが良くわかりますね。
人ごみから離れて、ゆっくり向き合いたいと決めていたので、出の良い場所から離れて待つことにしましょう!

幾分遅めの16時30分に、時を同じく申し合わせたかのように数羽かが黄色い土手を飛び回るのが、遠くに見えました。予想通りにこちらへも2羽が餌を探しに飛び出して来ます。自分が、理想とする飛び方をしてくれそうですが、人を縫いながら飛翔のスピードが落ちません。やはり警戒気味ということかな〜^_^ ;

私たち少数派の、目の前も空抜け気味で、ス〜〜と飛びさります。ピントは合ってもまだ嬉しさ半分^_^ ;

d0164892_21354293.jpg
この日はお天気も良く、暖かいので遠くは陽炎が立ち、遠景にコミミズクを入れるのは苦労しそうです。良い距離感で菜の花に包まれるような飛翔は厳しいようです。
d0164892_21353690.jpg

翌週には葦焼きが予定されているようです。こんな状況は今週で終わりと思って、、、ちょっとりきみます。
d0164892_21353905.jpg





[PR]
by isa-isabird | 2017-03-12 21:51 | 冬から春(3月) | Comments(4)

妄想になってしまった_コミミズク

久々に菜の花の咲いてるであろう大きな堤防に足が向きます。
確信はないものの春めくこの頃気になっていた場所です。想像を大きく超えるBIRDERが
並ぶ土手を見て、思わず人気のない方を選んでしまいます。

d0164892_21580325.jpg

思い描いた光景がここにあります。ここにだって飛んで来てくれるよね! きっと!!
人気慣れしたここのコミミズクも、土手を縫うように飛行しながら餌を探すことが眼
焼き付いているので、人気のない方がいいよね〜
ここだけは、春爛漫を演出してくれるような花園が延々と1km以上も続いているのです。
彼らの飛行ルートを想定しては望遠レンズを覗き込みます。陽が柔らかさを増してくると
陰影がさらに黄色を淡く、緑を濃く詩的な味わいを見せてくれました。

さて遠くのBIRDERがざわつく頃、コミミズクが土手から離れ飛び去るのが見えました。
この、黄色と緑の光景のなかに入ってくれるでしょうか!


d0164892_21580579.jpg

なんと、、、焼け始めた葦原を背景に、疾風のごとく飛び去ります。さらに遠くで土手
うえを左右にローリング!気づいたらなんと目の前に着地します。夢破れ妄想が残ります。

d0164892_21580226.jpg

結局陽の落ちるまで、キョロキョロと、、、時折、耳を立てて!!休日はこの状況が続くと
したら辛いですね〜ちょっと望み薄だな!菜の花コミミズクは遠いかな〜〜




[PR]
by isa-isabird | 2017-03-02 08:11 | 冬(1_2月) | Comments(2)

雪原で出会う② Hunting Short-eared Owl

毎年想いを馳せる雪原の雰囲気を写し撮りたい。。。。。
粉雪が舞い、時折竜巻のように吹雪く雪原で、コミミズクが活動を始めるのを待ちます。突然前触れなくふわっと舞い上がり、獲物を探して広い範囲を飛んでいます。

ここは高い山裾なので、遠くの山が深い背景となり、そこにコミミズクが入ってくれたら抜けの良い絵になってくれそうなのです!あとは荒涼な感じの雪原を表現できたらな~、、、イメージというより妄想ですね。。。(笑)

雪原が、夕暮れの蜜柑色に焼け始める頃には、もう飛んでくれなかったのが残念でした。

目つき鋭くハンティング_コミミズク
d0164892_22472393.jpg


山を背景に!

d0164892_22472649.jpg
ど〜〜んと落ちたけど、獲物を掴んでませんでした。。。
d0164892_19550932.jpg



[PR]
by isa-isabird | 2017-01-25 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(8)

雪原で出会う① Hunting Short-eared Owl

「ポートレート」風、で先行UPします。

葦原や土手のコミミズクとの出会いを求めて奔走した年末年始、、、惨敗続きで気が滅入り(笑)やっと雪が付いたお山へ切り替えができました!ここへもこの冬シーズン4回目となります。いつも鳥がいなくて、、、いやそうでも有りませんでした。やはり廻ってみるものですね~。今回はアイスバーンで道路はつるつる、ゴチゴチ(^^; 車をバックで引き返すこと数回、一旦スタックしかけて前後に勢いをつけて脱出もありました。4駆だろうが侵入を阻む”アイスバーン+新雪”へは注意が必要です!

さてさて、先週からまだいけそう!と思ったこの場所は、コミミズクが健在です。氷の世界に閉ざされる、厳しい気候のここは、そろそろコミミズクも移動する頃ですが、案の定まだいてくれました。地吹雪のような、さらさらの雪が風に舞い白い雪煙のように私たちに吹き付けます。

あの平面づらの盤面顔アンテナで集音しながら獲物を探す故に、風に弱いといわれる彼らです。でも何のこれしきといった感じで、眼光鋭くハンティングに飛び回る姿に感激です。前述の風に悩まされた惨敗が嘘のようなShowTime(笑)の一こまです。

粉雪が舞う明るめの時間に飛んでくれたコミミズクは、雪レフもあってか白飛びしそうです。アンダーに押さえて背景が暗く出ています。
d0164892_22451328.jpg
コミミズクなら、とりあえずはこのアクションを撮らなくちゃね"^.^"
d0164892_22450914.jpg








[PR]
by isa-isabird | 2017-01-20 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(6)

^_^ ;降りすぎですよ。。。

天気予報を見てふと立ち寄った高原は、間も無く思い通りの雪に変わります。
農耕地を走ると、道路を粉雪が滑るように舞います。視界が悪いのですが、天候が崩れるので、コミミズクやフクロウが早めに顔を出してくれないか期待が高まります。

d0164892_22344007.jpg

と、ワクワクする時間も夕刻まで深々と降り積もる雪で、あっという間に真っ白な世界に変わってしまいました。一時間もしないうちに、車の屋根は5センチは積もったでしょうか!それにしてもすごい雪です。レンズを出すのも臆する風雪ですが、やっとフワァっと飛び上がる姿が見えました!
d0164892_22374203.jpg

さてここからが勝負なのですが、コミミズクは想いの光景を背負って飛んでくれるのでしょうか!近いと思えば空抜けで、雪が映り込みません。やれやれ。。。またの課題が残ってしまいました^_^ ;

d0164892_22373637.jpg

今日の餌場ははるか遠くの荒地のようです。

d0164892_22374736.jpg




[PR]
by isa-isabird | 2017-01-10 22:47 | 冬(1_2月) | Comments(12)

この愛嬌に負けちゃうんですよね。。。

雪のない山へ足が向かず、どうしてもご愛嬌コミミズクに惹かれてます(*^-^)
人がいなければ(人の合間を縫って)土手で一休み!

2枚の写真は別日のもの、私的には風に悩まされ飛んでくれない日々が続いて
います。飛び出てもこうして迷ってる?姿が多く見られます^_^ ;
あちらこちらで出没する大当たりのコミミの多い年です。どうにかならないも
のか、この相性(笑)

d0164892_23551670.jpg
春うらら、、、、な訳ありません。暖かいこの冬を象徴する土手の菜の花(からし菜)がもう咲いています。

d0164892_23552490.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-01-09 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(10)

夕刻30分に賭ける。。。。

ゆっくり対峙したいコミミズクですが、、、常用感度でシャッターを切れる30分に賭けていますが^_^ ;

穏やかな年明けで体も重くなります(笑)そろそろ葦原へリベンジを!天気予報は絶好の風無し日和のようです。昼食をとってゆっくりと葦原へ車を走らせます。でも^_^ ;すごい突風が堤防に吹き付けています。やばいな〜〜と心をよぎりますが、ほぼ定刻に風が弱めに落ち着くと、ふわふわ〜〜とコミミズクが数カ所で舞い上がりました。どうにかスカは無いかな、、、その後さらに風が弱まらず、ポットンと土手に落ちたままお陽様が山に沈むのでした^_^ ;

記_2017.01.03

そんなわけで、年末のストックから!

あえて逆光へ回り待機しますが、土手をかすめ飛ぶ緑の背景はピントが取りづらく、、、
d0164892_23054615.jpg

光が反転する向きで飛び回り、設定が間に合いません"^_^”
d0164892_23055685.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-01-03 23:06 | 秋から冬(12月) | Comments(8)

Weekly なコミミズクに会いに行く!

風さえ弱ければ!
このところお山と、葦原の、天気予報をにらめっこする毎日です。どうも冬らしくない気温が続いている感じがします。有るべき場所に雪がなく、氷点下になる日も少ない「暖冬」ですか?この冬は厳しい寒さと報じていた気がしますが、、、、。

暖かな朝を迎えたこの日も、風の予報は弱めのコミミズク最適日和のようです。お昼は現地で、お気に入りになりそうなお蕎麦を頂いてから、コミミズクが一冬過ごしてくれそうな土手へと上がります。そよ吹く風が心地よい、、、、(やっぱり冬らしくないな~)コミミズクが飛び回るまでのんびりと待つことができそうです。

お陽様がまだ高い時間に、コミミズクが登場です。さぁ~と土手の杭に飛び移り、あたりをきょろきょろ見回しています。餌を探して飛び回ってくれるかな~と思ったら、期待はずれに遠くまで飛んで行って見えなくなったまま戻りません。
でも、束の間の心配にしか過ぎませんでした。ほどなく、土手というより葦原の隙間を低空で縫うように、広範囲に飛び回っています。今年のコミミズクはだいぶ広範囲に飛び回るアクティブな奴だな~なんて思いながら、ファインダーより双眼鏡を覗くばかりです。

でも、たま~にカメラを構える土手を、なめるような飛行ルートも取ってくれたので、今まで以上に上出来な日になりました。葦が蜜柑色に焼ける時間帯に近寄ってくれなかったのは残念ですが、とりあえず常用感度でファインダーを覗けたのは久々のことでした!

d0164892_00334214.jpg

d0164892_00334768.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2016-12-29 00:00 | 秋から冬(12月) | Comments(12)

続_コミミズク撮影の難関。。。

ん〜〜難儀しています”^.^”
常用感度で撮らせてもらえない、、、休日の荒天とか、鳥を遠ざけるお騒がせとか、、、

でも過去のコミミズク大当たりを彷彿とさせる、数の多さには乞うご期待です!どこにいても、皆平等にチャンスが廻ればいいのにな〜〜
d0164892_01190028.jpg

d0164892_01185652.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2016-12-26 00:00 | 秋から冬(12月) | Comments(4)