もう20年、好きな野鳥に癒されています。皆さんにも背景を取込んだ構図で楽しんで頂けたらと思っています♪過去に観たイメージが少しづつ再現できるようになり楽しくてしょうがありません"^.^"それと気の許せる鳥ともが増えるのも、Lifeworkの大きな糧になっています!


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

photo-eijiさん..
by isa-isabird at 22:03
 雪山バック、いいですね..
by photo-etudes-eiji at 20:49
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 23:35
背景は雪山なのでしょうね..
by you at 22:32
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 22:11
柳のエナガは小さくていつ..
by moto8 at 21:24
youさん、こんばんは ..
by isa-isabird at 20:45

タグ

(39)
(35)
(34)
(33)
(33)
(30)
(26)
(21)
(21)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:ヒレンジャク ( 16 ) タグの人気記事

桜に、、、、来い(来て下さい)!

今年は諦めていたレンジャクに会うチャンスがやって来ました(*^^*)しかも、桜が満開を迎えるころにあちらこちらでレンジャクが見られるようになったのです。過去にも桜に絡みそうな状況がありましたが、今回は桜に乗ってくれそうな条件がそろっていませんが、出来るだけ桜が綺麗そうな場所を選びます。ちょっとだけ早起きして、春爛漫のなかを北に走ります。

今時期のヒレンジャクは、南の島まで南下して越冬してから北帰行のレンジャクと言われています。かたやキレンジャクは北から来て帰るのだそうです。

ここでは、高い枝の宿り木の実を食べては直線的に森の芽吹きの枝で休む繰り返しです。空抜けではせっかくの季節感も出せそうになのですが、ときおりレンジャクの飛行コースが変わるので、疎林を歩いてみるとアトリやシメなどが新芽や下草を啄んでいます。こちらのほうが面白そう^_^;




高い樹冠で鳴いていたヒレンジャクが、あるときス〜〜ッと降りるのが見えました(^.^) 最初はどうしてか判りませんでしたが、地上から別れた木の股に水たまり、更にそのそばに数株の龍の髭(実はついてませんでした)に降り立つではありませんか〜〜ビックリ納得です。やっぱり訳あっての組合わせなのかな??長年かけて作り上げられたフィールドサインかもしれませんね!

d0164892_20352100.jpg





目線に降りてはじっと様子を伺うヒレンジャク、抜けや背景を考えて逆光の背景に疎林の芽吹きを映す!桜は沢山有りましたが、そこにとまる必然性は、、、、

d0164892_22371813.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-04-14 00:00 | 春(4_5月) | Comments(6)

春レンジャク「緋」色々です

前述 MFの森から

(Photo_2015.0322
久々の鳥ともから、私の登場は山に鳥がいなくなったから??? ・・・・・そんな事ないです^_^;はい。3月最終日曜はMFの大掃除です。レンジャクの大挙飛来をうけた森の様子はどうなっているのでしょうか!春の先駆けとしてはBIRDERの多い森でした。森は活発な鳥の声でカラ類も元気に飛び回り、ノイバラやヤナギを始め、まばゆい芽吹きの黄緑が目立っています。先ず目に付いたのが、柳の大木の新芽を啄ばみに来るヒレンジャクでした。ちょっと育ちすぎ、美味しいのかな~?

d0164892_21333553.jpg


More良いところにとまってくれます
[PR]
by isa-isabird | 2015-03-28 20:05 | 冬から春(3月) | Comments(10)

ついにMFの連雀を見てきました。。。

池の廻りでユスリカを捕食するために飛び回るヒレンジャク、キレンジャクです。BIRDERを気にするでもなく、手の届きそうな頭上に止まったり、飛び回る姿はめったに経験できないShowe_Timeのようでした。近い距離で飛び物は難しい。。。機動力を考え、時折500mmの手持ち対応です^_^;
d0164892_2373764.jpg



青空に透ける羽根が一番綺麗ですね。
d0164892_2375680.jpg
キレンジャクのほうが捉えやすい、ヒレンジャクより動きが判りやすい?でもバチピンは。。。。難しい(笑)はみ出しものですが、ユスリカをぱくりとやる瞬間です!
d0164892_2373129.jpg
飛び物でも、何だか猛禽のような感じで撮れたこの一枚!
d0164892_238618.jpg

とりあえず飛び物だけ現像してみました。その他は後ほど・・・
混雑と、醜い「おらが前」のパパラッチ行動で大人気ない自然破壊を見たくなかったので、敢えて足が向かなかったMF、久々のレンジャク大挙飛来だったのに。。。芽吹いたノイバラとレンジャクを撮りたかったな~~









[PR]
by isa-isabird | 2015-03-24 09:15 | 冬から春(3月) | Comments(12)

命の水_ヒレンジャク

おかげ様で今回はタイミングが有ったので、レンジャクが水を飲みにくるシーンに立ち会うことが出来ました。結氷していなかったらどうしようか、どこに水を飲みに来るか判らない。。。なんて心配をよそに、夜明けの高速道路を走る週末のスタートです!

この湖も近年は全面結氷が無いようで、ここならではの風物詩も見られなくなりました。いつかは行っておきたかったレンジャクの生きる光景を見たかったのです。岸辺の氷が溶けた部分で、水を飲みに降りるレンジャクの姿は、必死さを感じられるものがあります。レンジャクは良く水を飲む鳥のひとつですね。無警戒になりかねない水辺に降り立っては、水をすくい取り、タッチアンドゴーを繰り返します。或る意味見ものです。

湖畔の木々に沢山のヤドリギが寄生し、長年の歴史を物語る立派なフィールドサインになっています。水辺には葦が生え、何処に降りるか予想が付きづらく、立ち位置によってはレンジャクたちが急降下する進路を妨害するかもしれません。理想的な場所も見受けられますが、30羽足らずの群れがどう動くか、今朝の様子を伺うことにしましょう!

動き出した群れは、ちょっと予想に反して遠くのヤドリギに入っています。そっと覗きに行って見ましょう!とは言え、朝の散歩などの人が通ってもヤドリギに付きっ放し^^; 時折、私からは見えない水辺に降りているようです。水飲みは厳しいかな。。。今日は?でも、水辺に降りる前のちょっと面白い光景に出会いました!(結氷した湖面が背景)

d0164892_23541393.jpg

しばらくしてから、お目当ての場所のヤドリギに群れが移ってくれました。これなら望みがあるかな~と、雪が積もる岸辺に身を低く構えることにします。氷の解け始めた水面には、焼けた空の色ではではなく、対岸の冬枯れ山の色が写り込んでいました。群れで降り立つシーンもファインダーに納めましたがあまり納得いかないものが多くて・・・・9時を過ぎるころ群れも何処かへ飛び去って、静かになった水辺をあとに、別のお山へレンジャクを探しに行ってみましょう!
(Photo_2015.0214)

すくい取ってこぼれ出る水と、すぐに安全な場所へ飛び去ろうとする瞬間は躍動感有るシーンでした。
d0164892_2354245.jpg
定番のシーンですね、これ!「緋」が綺麗な子です。
d0164892_2353192.jpg




[PR]
by isa-isabird | 2015-02-23 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(8)

ヤドリギにも、ご当地ものがあります

ヤドリギと言えば、ケヤキや白樺などに寄生する、球状の全容であせた緑の針状の葉。実は薄いオレンジ、もしくは橙色を実らせます。今回ヒレンジャクが群がるのは、局地的にまとまって寄生する「ホサキヤドリギ」といいます。鮮やかな黄色の実をすだれのように垂れ下げていますが、葉は見当たりません。遠めには綺麗ですが鳥と絡めると実に難しいお題になります。食べつくす短期間を通い詰めでもすれば、背景を考えた絵で撮れるかも知れませんが。(何回シャターを押しても、イメージに納まる感じが無く疲れます。。。。笑)
d0164892_22522692.jpg



d0164892_2253466.jpg



d0164892_23481.jpg



短期間に食べつくされるだけあって、ヒレンジャクにはとても美味しいのでしょう!これも一期一会。ホサキヤドリギでは初めての出会い、やきもきしながらだったけど、また何時こんな機会が訪れるのを楽しみに遠路の帰途に着きます。
[PR]
by isa-isabird | 2015-01-31 23:30 | 冬(1〜2月) | Comments(12)

一挙に春が来た|去年の3月最終の頃って|

MFのお掃除は、毎年3月末の日曜日と決まっています。昨年はウソ、アカウソで賑わう森でした。今年はレンジャクが旬ということなのですが、お天気には恵まれませんでした(^_^;)ただ前日の3/29(土曜)はそれなりの出会いは有りましたが。。。少ない草の実を一生懸命見下ろして餌を探します・・・
d0164892_141776.jpg


樹冠から降りてきたレンジャク、目線の枝にたまります。目移りして3つ4つ並びを見逃しました(^_^;)
d0164892_1417956.jpg



去年はこんな背景、桜はピークを過ぎていました。連雀の姿は無く、ウソが旬な鳥でした。
今年は(29日は5部) 31日には8部咲き?で、旬なレンジャクは桜に来ません(笑)

[2013–0331撮影]
d0164892_22235545.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2014-04-03 14:38 | 冬〜春(3月) | Comments(8)

一挙に春が来た!

河川林の路床は思いっきり”春”が来てしまいました・・・桜前線が急加速し予定していた鳥見計画を追い越してしまいそうです(汗)予感していた通りに、あちらこちらでレンジャクが降り立ってくれたようですが、ここでもやはり龍の鬚などの青い実が不作のようです。20数羽のヒレンジャクの群れですが、降り立っても実を充分に食べられず、すぐに飛び立ってしまいます。ただ、たたずんでいたら急に目の前に降り立ってくれたヒレンジャク!余りに”背景 ”が奇麗で。。。
|撮影14-0329|

今日はMFのお掃除でしかも雨!!桜に付く鳥はお預け、間に合うでしょうか・・・
息子の社会人としての旅立ちを、駅まで見送りましたが、梅、桜が一気に咲き誇り、ロータリーの花壇も彩りを添えてなんだかGWかのような花の賑わい、いまや春爛漫ですよ!!
d0164892_12251475.jpg



More このんな光景になっています
[PR]
by isa-isabird | 2014-03-30 18:35 | 冬〜春(3月) | Comments(14)

春めく里山|命の水|

もうそろそろ、来てるころかな?と思いつつ1週飛ばしたらその週から入ったようで・・・ずいぶんとヤブランも少なくなっていました^^;春の突風もだいぶ納まり、ぽかぽか陽気の中での鳥見となりました。レンジャクは、そもそも結構な広範囲を群れで飛び回るので、ポイントを絞ったとは言えあたるも八卦あたらぬも八卦。。。朝一番を見逃し、昼ごろやっと群れが舞い降りてくれました!よくよく見れば、下草の竜の髭(玉龍)の青い実が不作のようで、細い葉を掻き分けても殆ど見つかりません。だからなのか?あまり下草に降りてくれそうにないので困りました(汗)突然舞い降りるわけは、水飲みなのです!水を良く飲む彼らにとって、水飲み姿勢は空からの外敵に無防備となり、警戒心がとても強く、瞬時のうちに水を掻き込んでは「タッチアンドゴー」のごとく飛び去ります^_^;まさしく「命を懸けた水」かな?




d0164892_2359553.jpg



More 光線とか状況に苦戦
[PR]
by isa-isabird | 2014-03-29 01:18 | 冬〜春(3月) | Comments(8)

食べ尽す|山のご馳走もあっという間に。。。|

幸運にも少し早い時期からヒレンジャク、キレンジャクとの出会いが有りました。最初に出会ったときに比べ、この時はビックリするぐらいどこにも赤い実が見当たらない。この場所もレンズを通して、やっと残る赤い実を発見できるほど終焉状態でした。みるみる食べ尽されるカンボクの実。写真を通して判るでしょうか?

 
d0164892_2365787.jpg



それにしても奇麗なディテール
[PR]
by isa-isabird | 2014-03-17 22:21 | 冬〜春(3月) | Comments(8)

JAPANESEな鳥!ヒレンジャク

d0164892_20124299.jpg




緋連雀の「緋」に会いたい、奇麗に撮ってみたい!やっとチャンスが訪れました。
JAPANESEの名が付けられたヒレンジャクは、私にとってもライフワークの鳥!!

More■この色合いです!
[PR]
by isa-isabird | 2014-02-18 07:38 | 冬(1〜2月) | Comments(14)