人気ブログランキング |


20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

> moto8さん あ..
by isa-isabird at 11:18
静寂な山の中の紅一点が映..
by moto8 at 10:44
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 07:40
今年も暑かったが よう..
by moto8 at 20:47
moto8さん、暑いです..
by isa-isabird at 19:13
クマに遭遇ですか! し..
by moto8 at 21:30
> moto8さん こ..
by isa-isabird at 12:05

タグ

(49)
(45)
(42)
(42)
(42)
(38)
(37)
(30)
(26)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

まさかの2週連続、、、田んぼまわり

実は前週のシギチdayのすぐ後に、またまた田んぼに
行きたくなるような、貴重なお話が出来てしまいまし
た。待ち遠しくも、もどかしい、週末birderは辛い!

本題さておき、今日はエリマキシギのいい感じな光景
がそこにありました。

d0164892_14495715.jpeg
とても暑かったこの日、これお手上げじゃなく水浴びです
d0164892_14524180.jpeg
三羽並んで、、、、左はメスのようです
d0164892_14550285.jpeg
逆光の中に大きなシギの登場、オグロシギでした
d0164892_14543810.jpeg
尾っぽフリフリのイソシギも畔に上がれば、はいポーズ
d0164892_14515781.jpeg
これはハマシギらしいです(・_・;
d0164892_15032404.jpeg



# by isa-isabird | 2019-09-10 15:05 | 夏から秋(9月) | Comments(0)

渡りの季節は田んぼから

本当にまれにですが、田んぼのシギチにもレンズを向けたくなるのは、
毎年のことです。季節のうつろいは足元のシギから始まります。

気を抜いて車中で別のことを始めたら、足元に来てました。絞って撮る
なんて久々かも!可愛いですね(*^-^)

ヒバリシギ

d0164892_07521420.jpg

コチドリ
この鳥はどこでもみられますが、いい感じに水がひいて絵になってくれます。
d0164892_07583427.jpg

エリマキシギ
この鳥も比較的多いので期待しましたが、遠いワーー

d0164892_08015474.jpg

田園風景といえば、、、このイメージ

チュウサギ
d0164892_08041718.jpg
d0164892_08100836.jpg

見ての通り、晩夏の光景です。タシギに他種のジシギが混じるので、
凝視するも、判別はできませんねー!

タシギ
d0164892_08045801.jpg
こんな光景がとても微笑ましく、いい感じです

ツバメ
d0164892_08083252.jpg








# by isa-isabird | 2019-09-08 08:10 | 夏から秋(9月) | Comments(0)

苔の森にて

ただでさえ鳥見の機会が少ない8月ですが、長ーいお休みにも関わらず、
ちょっとだけ鳥見の時間しか取れません。
軽めのハイキング登山の後に、苔の森を選んで山を降ります。米栂の癒
しの香りに包まれて鳥に出会う機会を待ちます。この時期は流石に鳥は
少ないですねー

遠くにウソが止まります。胸の朱赤がとっても綺麗でした。いつもの大
砲ではなく300mmでは鳥へのフォーカスは困難、、、
d0164892_20563122.jpg

一番元気だったメボソムシクイ
一旦見つけると、、、、
d0164892_20562245.jpg
d0164892_20562501.jpg



# by isa-isabird | 2019-08-22 20:59 | 夏(7_8月) | Comments(2)

暑中見舞い申し上げます

今日、8月7日をもって暑中見舞いの期限とされていますね!
明日8日は暦の上では「立秋」ということで、残暑見舞いと
いうそうです。
今年に限ってはやっと猛暑が訪れ、実際の真夏の到来を体感
していますが、このような暑さは昔はなかったですね。

亜熱帯化の言葉そのものの環境の変化が実際のものに!

こんな絵ででも気持ち涼んでいただけたら!!お体ご自愛く
ださいませ。

d0164892_20461160.jpg

# by isa-isabird | 2019-08-07 20:46 | 夏(7_8月) | Comments(2)

びっくりな 野生動物遭遇でした

台風が来るというのに、影響が少なそうなお山へ出かけます。
空が青みを帯びるころの夜明けに出発しますが、結構強い雨
が降っていました。でも!天気予報を信じて目的の場所に近
づくトンネルを超えると快晴です(^^♪

標高の高い場所で、霧も心配ですが雲に覆われることはなさ
そうです。林道を登り始めると、クロジやコマドリが良い声
で歌っています。でもファインダーに入るような事は全くな
く時間ばかりが過ぎます。さらに標高を上げてメボソムシク
イの歌声が混じるところで、ガスが流れ始めて鳥の様子が判
らなくなります。

雲や霧が晴れた場所で、亜高山の様相の谷をのぞき込んでみ
ました!!なんと、目の前にツキノワグマが鎮座して、目が
会ってしまいました。でも谷を挟んで安全距離なのでカメラ
をセットするうちにどんどん谷の斜面を水平移動して、親子
で視界から消えていきました。
d0164892_09234504.jpeg
d0164892_09235968.jpeg
d0164892_09232611.jpeg

午後からは雨と霧で車中待機でしたが、来てよかったなーと
思う一日でした。

# by isa-isabird | 2019-07-31 00:00 | 夏(7_8月) | Comments(2)

命をつなぐ媚薬、、、?

今日は一風変わったアオバトの行動を見に行きます。
長梅雨の終盤、雨を落としそうな雲行きですが、あのシックな
「森みどり」の色合いを写し撮るにはいい感じです。

海辺の磯に海水を飲みに来るアオバトは有名ですね!ここでは
植物の栄養源の堆肥が山積みされて、その水たまりの泥水を争
うように飲みに来ます。ミネラル補給と言われますが、定かな
話しなのか、、、

d0164892_23265564.jpg
背景が綺麗でした
d0164892_23270365.jpg


これが本番、場所を考えると凄まじい、、、どうして、、、
d0164892_23270633.jpg



何時かはドングリを丸呑みするアオバトにも会ってみたいなー




# by isa-isabird | 2019-07-29 22:16 | 夏(7_8月) | Comments(0)

まいど_ハスの花咲けば

毎年少しづつ行動パターンは変わりますが、半日付き合って見ました。

手強いなー^_^ ;
d0164892_23232399.jpg

# by isa-isabird | 2019-07-25 23:26 | 夏(7_8月) | Comments(0)

ブナの森の閃光 Ruddy Color

何時のころからでしょうか・・・
お山を歩くうちにブナの森が好きになり、興味が深まるようになったのは、、、
関東圏では稀になったブナの樹も、古来から日本海側やお山ではブナの森がたく
さんあったそうです。
加工用途に優れる杉などがブナにとって代わり植林の山になって行ったと聞きま
す。実は、日本の自然の豊かさを造る基盤となっているのは、ブナの森が一役も
二役もかっているのですよね!!自然や生態系の連鎖を語ればきりがなく驚かさ
れるばかりですが、、、

今年も、そんなブナの森に抱かれて、ひと時でも身を置いて鳥と向き合える贅沢
をしてきました!

そうはいってもイメージする場所に来てくれるわけではありませんが、今回は鳥
との距離はあるものの、ブナの森に暮らすアカショウビンのイメージに近づいた
かなーという1カットです。
d0164892_00223921.jpeg



もう一つ、アカショウビンの嘴の美しさを写し撮れたらなーー
無機質なくちばしは羽根以上に光を反射してしまいますが、条件が良ければ!
d0164892_00231011.jpeg
沢山のスローシャッターを駆使しましたが、とりあえずイメージ2点ばかりをアップです!!


# by isa-isabird | 2019-07-16 16:16 | 夏(7_8月) | Comments(0)

「優雅なフォルム」のコアジサシですねー

営巣地、コロニーをのぞく機会がありました。
沢山のコアジサシが飛び交うので、人間にはバレバレですが、良くもこんな場所という共通点があります。
これも天敵から身を守る手段の一つなのでしょうね。

いやー可愛い!!
d0164892_23182408.jpg

青空が似合うコアジサシですが、、、、
d0164892_23181077.jpg
今頃は、、、無事飛び回っているでしょうね!
ただ一度の出会いですが、また来年も会えるといいなーー!!
d0164892_23211172.jpg
d0164892_23205966.jpg
d0164892_23204480.jpg
d0164892_23203687.jpg







# by isa-isabird | 2019-07-09 06:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

高原の様変わり_適応する冬小鳥

夏の高原では、在来では見られなかった小鳥に出会いました。
これも温暖化の影響なのか、彼に聞いてみなければ判りませんねー。
d0164892_13525663.jpg

少し甲高い地鳴きは、冬の里の鳥「ジョウビタキ」でした。
その昔2010年に、もっと高い山で9月初旬の真夏に見かけた時は繁殖しているとは思っていませんでした。以降2000mを超えるような場所で (ある共通点がありますが)、繁殖の噂を聞くようになります。ただ、突発的な地域でなく、かなり広範囲に散在しての話しですので永続性があるということですね。

こうして巣立ち雛を目の当たりにするのは初めてになります。食害だったり、様々な生態系のバランスを崩すようなことはないと思いますが、いかがなものでしょうねー。いずれにせよ罪なき雛ちゃん、元気に育ってほしいなー

10年と言わず、近い将来にニッコウキスゲやレンゲツツジにジョウビタキも定番化したりして、、、でも、繁殖形態が違うしなー
d0164892_13530636.jpg

見られる鳥が見られなくなり、いるはずがなかった鳥が季節を超えて繁殖する。時代と環境の移ろいを目のあたりにしました、、、、、

2010年の出会いは、探鳥というより散策中に出会いました。まさかねーー、、この時はもう渡ってきたとばかり信じて疑いませんでした。

# by isa-isabird | 2019-07-07 06:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)