20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

moto8さん、お暑うご..
by isa-isabird at 09:55
雪の中のベニヒワ3羽良い..
by moto8 at 19:33
moto8さん、いつもあ..
by isa-isabird at 09:56
高原のクロジやノビタキの..
by moto8 at 08:07
(^。^)ハイマツこそあ..
by isa-isabird at 23:24
ずいぶん高い所のノビタキ..
by moto8 at 21:36
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:22

タグ

(42)
(42)
(42)
(39)
(38)
(37)
(36)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

暑いですねー! 「暑中お見舞い申し上げます」

7月も中旬になる頃、お子ちゃまのデビューを期待してお邪魔してみましたが。。。。
おとうさんアオバズクの怖〜い顔で、瞬時退散しちゃいました!

d0164892_15573235.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2018-07-19 09:26 | 夏(7_8月) | Comments(0)

子育ては終わったのかなぁーー

期待を込めて、一週スライドして週末のブナ林です。
日が昇る前からブナ林に訪れる気迫で出発です!ブナの聖地に到着すると予想通りアチラこちらでキョロローと無く声が響きます。

以前よりここで撮ると決めていた場所で腰を据えます。
思いもよらず、終日座りっぱなしのひとりブナ山になってしまいました。巣立って森の奥へ行ってしまったのでしょうか?オオルリやキビタキが呑気にさえずりを聞かせてくれます。彼らも子育ては終わったのかな?

アカショウビンを期待したブナの枝葉、いつかはこういう林で撮りたいな〜
d0164892_16093789.jpg

目に付いたのは、ブナの実がたわわに実りそう!でも、暑かったーー
d0164892_16092893.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2018-07-16 23:33 | 夏(7_8月) | Comments(0)

この冬の旬だった「ベニヒワ」憧憬より

凍える指を、夢中でシャッターに掛け続けたのは何年振りだったろう、、、、、

体が膨張しそうな熱波の中で想い出すこの冬の出来事です。
その瞬間は、いまでもさらさらと文章に出来るくらいの鮮烈さがありした。
書いてみたら、こんな長文になってしまった、、、気が向いたらお読みください。

d0164892_22423065.jpg

撮影雑感


夢が叶うと言う瞬間があるものです。

長年憧れ、いつかは「北の大地、北海道」の原野のイメージ。吹雪く中で草の実をついばむベニヒワに会いたい、ファインダー越しに、できれば写真に収めたいものと。

さまざまな写真家の作品だったり、近年ではblogSNSを通じて妄想は膨らみ続け、この冬も状況が良ければ、すぐにでも飛んで行こうと気構えていた矢先のことでした。


この冬は、折しもベニヒワの飛来が多く彼方此方の山を走り、探してみます。在来より見慣れたハンノキや白樺、ヤシャブシが多くある場所を走り、見つけても実に群がるばかりです。ほとんどが見上げ、抜けが良くても実にぶらさがるくらい。理想の遠さを実感します。


「好転」事態は一変し予想しない展開に


3月も終盤になりこれといった降雪もないまま、残雪も少なくなり春を迎える気分になった頃でした。彼らも北帰向の季節になって事態が一変しました。あるエリアに、群れ始めたベニヒワが地面に落ちた種を、ついばんでいるのです。ここの高原には有り余る白樺やハンノキが分布していますが、高原野菜を産出する農耕地も隣接しています。秋の頃から探鳥を重ねた場所で、容易にイメージできる処でもありました。

爆弾低気圧という流行り名の気象条件が、首都圏まで降雪させた日です。前の晩から ” 此処へ来なければ後悔するだろうな ” 迷うことなく高原を目指しました。


やはり群れて、道端の除雪された雪上の種を食べに来ています。このあと予想以上に天気が崩れるのですが、風雪で餌を隠されてしまうのを知っているかのように、あちらこちらを飛んで回り、盛んに餌を取っているのです。

場所を農耕地に移すと、驚くぐらい色々な鳥が群れて集まっていました。イカル、カワラヒワ、カシラダカ、とりわけ大きな群れはアトリ、ハギマシコです。ちらつく雪で視界が悪くなる中で、休耕地に待宵草が残る場所にたどり着きます。双眼鏡越しでも『紅いお腹の鳥』とわかる群れを見た時には心踊ります。運良く車中からも、身を隠せそうな水が引いた水路からもアクセスできそうです。


もうここからは、どんどん集まるベニヒワのオンステージです。吹雪だって大歓迎、凍える指を夢中でシャッターに掛け続けます。思い描いたとおりの光景が目の前に再現され、痺れる瞬間ということさえ忘れたひと時でした。



[PR]
# by isa-isabird | 2018-07-04 17:04 | 冬から春(3月) | Comments(2)

霧の高原、アップダウンを歩く歩く

日曜日はピーカン晴れの予報のようです。お山は天気が不安定になりがちですが、雨上がり、霧が晴れるのを予想して土曜に出掛けることにします。

天気の回復を見込んで明るくなってからの出発ですが、こちらは元々雨寒の予報だから、高速道路もスイスイ流れます。今日は見頃のヤマツツジに絡んでくれる鳥を探しに、気になっていた初めてのお山です。すっかり緑も生えそろい、霧に葉露を付けるエメラルドのダケカンバの林を抜けると、自生するツツジの原に到着です!

、、、標高差を覚悟しますが 、大きな機材を持って標高差200mを上り降りは相当な体力を使います、大汗かいて体重を減らした割に(笑)、結果ノビタキも見ることが出来なかった日でした。成果より環境を求めるbirdingではこういう日もあるさー(^。^)

ガスがまだ残るダケカンバの林では、クロジが気分良くさえずります。
d0164892_10352382.jpg
この春歩くお山や高原は絵的なロケーションは抜群、クロジやコルリが濃くて、6月のbirdingには、とても楽しい場所です。 が、表に出ないクロジくん!高く澄んだ美声は、姿を現せばいつも「葉隠れの術」でisa-bird納得の枝で出会えません。

d0164892_17461545.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-24 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

無さそうで有った!_ノビタキの繁殖地

標高1800mを中心の探鳥です。
以前より自分的に関心の深かった高原で、ノビタキの少数繁殖の様子に会うことができました!荒涼とした部分が多く、普段の繁殖地のイメージを覆す場所でも繁殖してるという発見は、鳥見人生でも大きな収穫です。

深い山の斜面が背景で、岩の上を見張り台とソングポストにしているようなので、、、、パチリと、束の間のお邪魔さまです。

お決まりの有名な場所も、華やかで魅力的ですが、歩けるうちはこのスタイルで出会いを求められればいいな~~っと!

今日のところは、まずは嬉しい出会いです。新たなフィールド、お山で発見できたのは大収穫、~さえずる姿もファインダーに納めることができたのは嬉ぃ~よい一日でした。

d0164892_23020627.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-17 12:24 | 春から夏(6月) | Comments(2)

高原らしい背景のクロジ

ここのお山はダケカンバが多く自生し、良く見ると大樹もあるロケーションに優れた高原です。最近、ナナカマドが多いのも気付いたので、今まで足が向かなかった秋の探鳥に予定を入れなくちゃ!

コルリ・クロジが多く、標高を上げればコマドリも沢山いることを、ここ数年で確信できました!で、本日の主目的はクロジを「らしく」撮れたらという目論見です!結局は惨敗、、、というか納得行く写真にはなりませんでした。覆い茂るダケカンバやナナカマドの葉隠れを抜いて撮影することが多く、機動力を考えて一脚を多用しますが、これがまた上手く行かなかった^_^;いざというときのピントのやまとか露出が、揺れ微ブレで定まらずーーー構え方など対策のしようがあるのか??

d0164892_22563910.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-14 08:47 | 春から夏(6月) | Comments(0)

標高1800mの高原道路です

相変わらずの「コルリに会いたい!」モードの週末です。

週始めには台風5号の影響を控え、回避できそうな土曜はどうにか鳥見出来そうです。心配だった雨は、金曜の夜間に降雨、土曜の朝はお山はガスっている事だろうと予想します。なので、いつもよりはちょっと遅めの、明るくなり始める空の時間に出発!今日は順調に交通量の少ない高速道路を進みます!予定より早いので、途中のICで降りて、お気に入りだけど、撮れたためしがない深い谷に沿って走る道路を目指します。やはりコルリがよい響きでさえずりますが、、、、

一路目的の高原道路を目指して、あと50kmの一般道です。クロジも期待する場所ですが、例年の標高より下目でさえずっています。この日首都圏は31℃、私のいた高原は12℃です。鳥の動きも悪いのかと心配でしたが、朝遅めになってやっと活発な小鳥の声に包まれます!

コマドリも、コルリも目の前の藪で大きなさえずりを聞かせてくれるのに、出てこない、、、またか~~^_^;
多分営巣に入っているとこんな事が有るって、、、

結果的には諦めかけた夕方になってやっと笹薮の上のレベルでさえずるコルリを発見!見た目の明るさもカメラでは限界値、超高感度ISO2000の撮影のわりには、blogでは見られる程度の写真かなーという!

d0164892_22152734.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-11 22:16 | 春から夏(6月) | Comments(2)

初夏の高原へ変わりつつ、標高1500m

バランス感覚

首都圏も30℃に届きそうな気温の日々になりました。週末ごとに変わる探鳥高原も新緑から深緑へと、標高を上げていくのを感じます。それに連れて賑やかだった小鳥達の声も週替わりです。あんなに楽しませてくれた場所が、ひっそり静まり返り鳥も気配薄く感じました。もっぱら営巣に突入したことを示唆しているようです。そろそろ高層湿原や草原も目指す季節になったなーと、、、、

大きなお山も標高を保ち走破できる訳はありません!林道や高速道路を駆使して上げ下げしながら数ヵ所を巡ってみます。ここ数年ジュウイチに魅了され声を頼りにきょろきょろと、、、車をほんのちょっと動かしただけで飛ばれてしまったジュウイチに苦笑です。結局、まだ繁殖しないだろうという場所でコマドリに会うことが出来ました。

夏コマドリ、、、、いや、初夏コマドリ
バランス感覚と書いたのは、鳥見の時間配分、標高や場所の選定、はたまた鳥への立ち位置だったり、すべてが噛み合ってよい写真になるのかなー!今日はそんなことが上手く行ったお蔭で、なんだか鳥の置き所、落ち着いた雰囲気のコマドリを撮影できた気がする^_^; さて、もう来週から入梅になりそうです。

d0164892_21175403.jpg

[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-06 00:00 | 春から夏(6月) | Comments(2)

小瑠璃BLUE さえずりを堪能

あれも見たい、ここも行きたい、欲張らずに腰を据えて、、、、コルリのさえずり堪能して来ました!更なる見下ろしの抜けの良い場所を探して標高を上げないと想いの写真は手に入らないかなーー

「さえずり3景」
d0164892_00003577.jpg
d0164892_00003838.jpg
d0164892_00003028.jpg


[PR]
# by isa-isabird | 2018-06-02 00:00 | 春(4_5月) | Comments(0)

道すがら出会えた鳥たち

脈絡ない鳥種ですが、寄り道で出会えた鳥たちです。

相変わらず可愛いお目目のコサメビタキ、近くで営巣してる模様
d0164892_23223851.jpg

例年エゾムシクイが多い場所で、この鳥もまた ^.^; ちゃんと撮らせてくれない
d0164892_23223581.jpg

滝を眺めに行ったらミソサザイやカワガラスが営巣中!さすが奥山、、、遅いですね
d0164892_23230541.jpg




[PR]
# by isa-isabird | 2018-05-31 07:44 | 春(4_5月) | Comments(2)