「狩る」 コミミズク

コミミズクの観察回数は鳥暦の中でも、指折りの時間を費やしています。
やはり光景の中でのイメージが強いのですが、狩りの瞬間や獲物を捕らた写真は皆無です。今回は暖かな夕方で幾分陽炎がたち気味で、ピントが来ない(大半は腕のせいなんですが)なかでチャンスがありました!設定見直しなど気を抜いた隙に一番のチャンスを逃したようです。。。。

・このポイントで獲物のねずみを捕らえましたが、、、、(ピンアマ ^^; 気合が足りませんー)
d0164892_23051629.jpg
・ここでは獲物を獲れてないのですが、良く飛び込んでました!羽が透けていい感じ。夕陽があればな~~
d0164892_23064217.jpg
・痛恨の見送りショット、、、良く見るとねずみと判る、、、
・餌を持ち去る飛び立ちの瞬間 「足を伸ばしねずみをわしづかみ」は撮れませんでした(^^;
d0164892_23051931.jpg




[PR]
Commented by 久我山散人 at 2018-03-19 23:48 x
ふと肝心な瞬間に意識が外れてしまうという痛恨事、あります。今期は、ノスリが降りたのに2度再会したけれど撮れませんでした。
Commented by isa-isabird at 2018-03-20 08:00
久我山散人さん、おはよーございます
ありあり、、、ですね。
鳥の動きを読むのも楽しいですが、撮影となると、、、
Commented by moto8 at 2018-03-20 21:04 x
コミミズクはフワフワとゆっくり飛んでますが、
狩りの瞬間は優しいようで難しいですよね。
狩りは上手いようですね!
自分の塒がネズミの宝庫なんですよね。
食住接近ですから遠くへ行かないで済むし効率的ですね。
Commented by isa-isabird at 2018-03-21 18:14
moto8さんこんばんはー
ハイチュウに比べほんとうに上手な狩をしますねー
あれ、、、そうなんですか?ねぐらは狩場と遠くないとは思いましたが!
いつになっても飽きない鳥ですね(^。^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by isa-isabird | 2018-03-19 00:00 | 冬から春(3月) | Comments(4)

20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30