20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

moto8さん、お暑うご..
by isa-isabird at 09:55
雪の中のベニヒワ3羽良い..
by moto8 at 19:33
moto8さん、いつもあ..
by isa-isabird at 09:56
高原のクロジやノビタキの..
by moto8 at 08:07
(^。^)ハイマツこそあ..
by isa-isabird at 23:24
ずいぶん高い所のノビタキ..
by moto8 at 21:36
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:22

タグ

(42)
(42)
(42)
(39)
(38)
(37)
(35)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2017年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

見ていただきました皆様、今年もありがとうございました!

撮り納めできるのか、、、仕事納め、楽しい宴もほどほどにして、朝から寒い高原に車を走らせます!

高原へ標高を上げる前から-13℃、川沿いは霧氷がみごとです。目的の場所へ着くと、、、、さほどでないものの、草地や荒野は霧氷でキラキラと輝いています。

朝に期待したのは、森の賢者の狩が見られたら、、、ここ数年思わしくない状況ですが、やはりのようです。森を貫く整備された立派な道路だけが寂しい高原です。

さてさて、、、標高を上げて見ましょうか!雪道に足を取られないように、ゆっくりと車を進めます。少なめの雪は殺風景な荒野をほどよく演出します。あーーここに出てくれたらなんて見渡しながら進むと、突然バァーーと飛び立つ中型の鳥???チリィリリ、、、と泣くのですぐにレンジャクとわかります(^。^) この辺りでは初めて、しばらく待つと20羽ほどの群れは下に降りるのです。結局臆病なヒレンジャクが何を食べてるかわからずでしたが、何か木の実です。お馴染みのものじゃなさそうですが。

青空背景しか選択の余地がありませんでした。「レンジャクのなる樹」
d0164892_16095419.jpg
遠くの林渕、霧氷の綺麗な場所もあったんですが
d0164892_16095040.jpg
飛び物苦手、、、車中からは腰が、、、
d0164892_16094677.jpg
超見上げ、青空が綺麗だったーー
d0164892_16095723.jpg
その後、周囲の懐かしいフィールドを見て回りますが、今回も会えたイスカ。雪が多くなればもっと違った出会いもあるかなーーー
d0164892_16093504.jpg





[PR]
by isa-isabird | 2017-12-30 17:51 | 秋から冬(12月) | Comments(4)

どこへ行っても!

走る、走る、、、お山の裾を一周してしまいました(^-^)

ロケハン5ヶ月(笑)のつもりはないのですが、なかなかHITしない最近ですかね〜
雪も当て外れ、厳冬の予報だったこの冬、雪も多いんじゃないの〜?と思いながら、
アイスバーンに気を使い、標高高めを探鳥です。

なわけで、やっと出会えたミヤマホオジロさんです。誰もいない林床でほふく姿勢
で背景遊び、、、
d0164892_21033087.jpg

何せ警戒心の強い鳥、でもこの子だけはいきなり目の前へ飛び出した瞬間!
d0164892_21035413.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-29 13:03 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

ないなーーー雪

そろそろ寒さ厳しい高原の農耕地が、気になり始めます。
本来なら雪に閉ざされる直前、鳥たちも必死の生きる術を見せてくれそうな
時期です。
年を越す頃には、立入れることが困難な場所がたくさんあるものですが、さ
っぱりです。そのぶん鳥の数も少ないな〜〜と!日の出から入ったわけでは
ないから、森の賢者には会えないだろうと思いながら車を最徐行で進めます。

ここでチョウゲンボウは?今時期?双眼鏡を覗いたらコチョウゲンボウです。
しばらく待つと畑をスレスレに飛び、お得意のチョイ小高い場所に鎮座!!
もっと絵になる岩がゴロゴロしてるんですが、、、、

可愛い猛禽(*^-^)

d0164892_20535973.jpg

11時を過ぎる頃、何時もらしくない高原の農耕地をあとにします。


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-26 20:55 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

イメージする光景

雪の有る高原から、更に走って豪雪の地へ!ほぼ12月中旬というのに幹線道路を外せば50センチは有にあろうかという積雪量です。野山の斜面では下草や低木は、雪の重みになぎ倒されて、小鳥には程良い高さに草の実が垂れ下がります。直接啄ばんだり、雪面に落ちた種を啄ばんだり、豪雪に苦労しながらも生きていく術を感じました。

” 実はこの光景、数年前にミヤホで実際に見たシーン、今回はベニ子で、、、 ”

d0164892_21324291.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-12-23 00:00 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

赤い子を探して、雪の高原

「雪が積もった冬枯れの林は、凛として!」

日が差し込む頃、樹冠から聴こえるアトリの声。時折マヒワの声も、、、、
頭の赤い、お腹の赤い鳥を探しますがやはり無理なのか(^_^;)くしくも翌日には、遠く離れた高原からベニヒワの便りが。

「高原のカラマツ林にて」

写真としては厳しい、空抜けと混み入った細かい枝、”結構色付いたアトリの群れ” にため息をつきながら!
でも、アトリ科はどれを取っても好きな小鳥ばっかりなのを実感。


d0164892_21395683.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-12-20 05:00 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

成果を求めない=厳しい^_^ ;

寒波によるお天気の崩れの予報〜背中を押されるように、雪に絡んでくれそうな鳥を探します。過去の実績から、必ずいてくれるフィールドを外して、車を走らせます。オオマシコだったりベニヒワとか、、、新天地を求めて厳しい鳥見を続けています。

まずは、ハギの種が大好きなオオマシコですが、キハダの実もよく食べるのをご存知でしょうか?最近はblogなどで、頻繁に紹介されるようになり、だいぶ認識されてきましたね!

以前から覚えのあるキハダを、遠くから確認します。あれ?中型の鳥が出入りしていますが、、、ツグミでした〜〜!

d0164892_20483295.jpg

この実がキハダです!樹皮の内部などが、薬用や染料に用いられる木です。有用なので、人里にも結構あったりします!

d0164892_20483549.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-17 20:59 | 秋から冬(12月) | Comments(0)

エナガに癒されたり (^_^*)

朝のフィールドでは臆病なホオジロ類は、あまり早起きじゃないのかなーーー?なんて、朝日が差し始めた松林の雑草が程よく茂る斜面で、ボーとミヤマホオジロを待っているとジュリチュリ、、、とエナガの群れに囲まれます!

やっぱ可愛いい、、、(^^)

d0164892_16282830.jpg
d0164892_23204051.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-13 07:58 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

この冬初の雪道で鳥を探す

夕方から思った以上の雪模様だと、現地からの便りが続々届きます!心は雪のフィールドへ” go “です(笑)
本来であれば、鳥が落ち着かない12月初旬に追い回すのもどうかと思う所もありますが、車中の撮影のつもりで、あちこち走る覚悟で出かけます!
エレガントなレモンイエローの鳥に会いたいなぁ、最初に訪れた場所は雪も少なくちょっと肩透かしでした。標高を上げて、藪の残る疎林の別荘地を中心に様子を見ます。光に透けたレモンイエローの冠羽、ミヤマホオジロは見かけただけ、アプローチの仕方や季節も考えなければいけないようです。

初回の雪のフィールド歩きは、結局カシラダカで、、、、よく見れば綺麗なディテールですが、良い場所で会うって難しい鳥かも?

d0164892_16195960.jpg

いくつも峠を越えて、最後にお猿さんの群れ! ほとんど車が来ないけどねー(^。^)

d0164892_16193886.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-10 22:48 | 秋から冬(12月) | Comments(0)

雪の便りにソワソワしてしまいます(*^-^)

三脚を立てる場所もない葦原通いの見通しが立たないので、雪の便りに
敏感になりすぎてしまいます、、、、笑)

さて明日は、雪化粧の山々を眺めに行きましょうか〜〜



ちょっと昔のミヤマホオジロです。
d0164892_21493536.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2017-12-08 22:03 | 秋から冬(12月) | Comments(2)

ほんのり「紅」に癒される!

・冬を過ごすためにやってくるベニマシコ、
・芽吹きとか桜の花の咲くころに旅立つベニマシコ、
・鳥見を始めた冬に出会って感激したベニマシコ、
・雪に咲く紅の花、雪の山をラッセルして会いに行ったベニマシコ、
・憧れ続け、夏の北海道まで会いに行った真っ赤なベニマシコ、

私にとってのベニマシコへの思い入れの歴史は、鳥見を始めたきっかけの一つでした。思えばだいぶ嵌まり込んだものです。徹底して、ベニマシコのいる光景を追いかけているわけでは無いのですが、出会いに苦労したこの秋を思い返せば、これからのベニマシコがいる光景の数々に新たな期待が膨らみます。

ほんのり胸の紅色
d0164892_21551018.jpg
ピカピカの逆光じゃなければ、白いススキの穂に可愛い紅色が映えたのにな~
d0164892_21551775.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2017-12-06 00:00 | 秋(10_11月) | Comments(2)