20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

最新のコメント

moto8さん、お暑うご..
by isa-isabird at 09:55
雪の中のベニヒワ3羽良い..
by moto8 at 19:33
moto8さん、いつもあ..
by isa-isabird at 09:56
高原のクロジやノビタキの..
by moto8 at 08:07
(^。^)ハイマツこそあ..
by isa-isabird at 23:24
ずいぶん高い所のノビタキ..
by moto8 at 21:36
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:22

タグ

(42)
(42)
(42)
(39)
(38)
(37)
(35)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

<   2018年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あら! こんなところにコウノトリが

なんか大きな鳥が飛んでるな~~、だいぶ白いし、羽先が黒いし、、、、

まさかのコウノトリでした!

背中にリモコン、、、、いや、発信機を背負わされてますが、隣県で
放鳥されたらしいです。

d0164892_22213536.jpg

遠くから見ても大きいわー
d0164892_22213916.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2018-02-27 20:22 | 冬(1_2月) | Comments(2)

芦原の可愛い「パチパチ鳥」

いつも撮り逃してしまう鳥です。
ベニマシコ待ちの目の前、オオジュリンが群れで採餌を始めます。芦をパチパチ、、、虫を食べるために、茎を噛み砕く音が静かな湖畔に響いていました。

写真はなぜかピンアマばかり、、、上着を脱いでも暖かい朝は、あっという間に陽炎を立てています。時既に遅し、、、、、

d0164892_22240126.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2018-02-26 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(0)

春めく湖畔、、、、さえずりも聞けた!

早い木々の芽吹き、というか柳の花芽がふくらむ季節です。湖畔を背景に目をついばむベニマシコの姿が頭をよぎります。この時期のライフワーク的な想いから自然に足が向きます。

静かで穏やかな堤防は、もうホオジロがさえずっていました。

d0164892_22285974.jpg

ベニマシコは控えめに地鳴きを聞かせてくれますが、常駐してそうな感じがありません。
セイタカアワダチソウを食べに来ている感じで、時折り何かの春芽をついばんでいるようでした。

ヤナギの花芽には来てくれません、、、
d0164892_22334432.jpg

よく水を飲みにくる鳥です。水辺の芦の穂で一休み?
d0164892_22284661.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2018-02-23 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(0)

・・・というだけで! ” ノスリ ”

「流行りもの」
広大な芦原もスーパー堤防はBirderでいっぱい、ずらりと並んでいることでしょー どうしようか迷った挙句に、私も午後から参戦です^_^ ; 天気予報では午後は大荒れの大風、、、コミミズクと違って、抜けていなければ「飛ぶ」だろーーーとお気楽な気持ちです。

予想通り、最近の天気予報は良く当たります!
フィールドは土けむり、コンタクトレンズの私には目潰し(泣) 三脚も伸ばせない位の強風でした。これはさすがに飛んでくれないかなー、諦め気分で周囲も見てみようと車でゆっくり走り始めます。そんな大風でもノスリが飛んでいます、、、って、ケアシノスリだ!

急いで三脚にレンズ装着、頭上に来てしまったケアシノスリを堪能します!雨交じりの曇り空になったしまいましたが、どうにか会えた「腹黒」ケアシノスリです。久々の出会いです。

若干の頭上ホバリング、ノスリと違ってホバリングを良くするケアシノスリです。
d0164892_22164717.jpg

虹彩の色まで確認できる近さと、そら抜けじゃない背景でもう一度会えたらな〜出来たらホバリングも"^_^"

d0164892_22185894.jpg




[PR]
by isa-isabird | 2018-02-21 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)

雪深き、、、、

この冬から新調したスノーシューを履いて雪深い原野を闊歩します!

動きが読めない、森の忍者 ” クマタカ ” はなかなか想いの光景に入ってきてくれません、、、、
(続く、、、かな?)

d0164892_17433035.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2018-02-19 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)

見つけたー 春に期待 <過去の出会いから>

しばらく出会いがないレンジャクですが、前回紹介したレンジャクの見分けより、過去の出会いを探してみたらありました〜〜^_^ たくさんの飛来が期待されるこの冬は、この子を探してみましょう!

お山のレンジャクの動きが一段落して、北のレンジャクがさらに南下してくれたら、「春ステージ」に向けてさらに期待できるかもねー
ご存知の通り、彼らにはご馳走が待っています。私たちにも目線出会えるチャンスがありますねー
・ヤブラン・龍のひげ・柳の芽・ネズミモチ・(ピラカンサ)・・・

赤いロウ状部室に似た羽先が残り、風切の白い帯、+赤みがあり(肩の赤い羽根が見当たらないけど。。。)
d0164892_15351514.jpg

この子は惜しい。。。。
d0164892_15351848.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2018-02-17 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)

変わらないのは定番?

この冬も雪を求めて、ジタバタ(笑)しましたが、、、、なかなか決定的な出会いの瞬間( 想いの写真 )というのは難しそうです!雪を散らすような絵になれば効果抜群ですがー。
どうにか定番の小鳥にはかろうじて出会えているのですが、皆トリミングで整えが必要で、ちょっとばかり手間をかけています。

見かける割には警戒心が強くて撮らせてくれないNo 1はイカル、群れで警戒されちゃう!



d0164892_22574175.jpg

最近はいつのまにか側にいたりするアトリ、無心にカラマツの松ぼっくりをついばむ姿を多く見かけます。何故か単独行動する奴が増えてきたー(笑)背中の鱗模様がよく出てる、、、



d0164892_22553086.jpg

やぱりマヒワ、今年はそれとなく居るなぁという印象です。白くて赤い子も呼んできて欲しい。。。。。
d0164892_20424346.jpg



[PR]
by isa-isabird | 2018-02-15 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(6)

その場に居合わせる、、、

今更想いのホザキヤドリギがある光景へ!
今年はレンジャクも多いことだし、まだお山は大丈夫かなぁー、雪も降りましたことだし、何か冬小鳥にも会えるだろーーお気楽な気持ちで雪のフィールド歩きです。まだまだ夜明け日程遠いうちに高速道路に乗ります。スキーの車がかなり多く、上り坂はスピードも落ち気味、慣れない季節行楽の車が多いとちょっとばかり運転はしづらいものです。

到着早々ヤドリギのフィールドでは小鳥の薄さを感じ、ちょっと苦労の一日を想像します。イカルの群れがいたぐらいで、フィールドを変えて行こうと即断!別荘の多い高原は、見通しもよく鳥がいれば撮影もしやすいので、冬小鳥は少々楽しませてくれます。せっかくここへ来たら、「白くって赤い子」も探そうかという気になります。

ちょっとばかり雪の斜面を歩いて散策です!スノーシューを忘れたので、膝までズボッと雪に浸かり、重い足取りで一汗かいてしまいました(^。^)ヌルデのような実や、カラマツの松ぼっくりに付くツグミ、カラ系、エナガ、アトリ、マヒワ、時折イスカがチラッと見えたりします。

だいぶ登ったでしょうか、息を整えてしばらく待つことにします。頭上のカラマツに小さな小鳥の群れが入ってきたなーと双眼鏡で確認確認。。。。煩わしい小枝と空抜けに、おっ、、ベニヒワが、、、

その場に居合わせる偶然ということが思い浮かんで仕方ありません。広いから松林の私の頭上に入るってね!!久々の出会いです。

「白い鳥」という印象だったベニヒワ、ほんとうに真っ白!
d0164892_16223000.jpg
判っていたけど、下に降りないベニヒワですが、松林の背景を選択できた一枚です。メスの頭の赤さを発見したときは嬉しかったー

d0164892_16224970.jpg
胸の赤いベニヒワは1羽だけ、群れの中でも上のほうばかり、絵にするのが難しい鳥です。
d0164892_16223758.jpg



[PR]
by isa-isabird | 2018-02-13 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)

「旬な木の実」に集まる小鳥

撮り逃がした小鳥たち。。。アカゲラ・イカル・コガラ・コゲラ・ヤマガラ、シジュウカラ、数本あったこの「木の実」に集まる小鳥たち、すごい人気です^_^ ;

ヌルデ、ヤマハゼ、リョウブでもない? 実が枝につく様子に特徴があるとお思い図鑑やwebを探しても見つけられません、、、、こうやって鳥が好きな物を知ることは、探鳥にはとても役立つこと、少しづつ予備知識を増やしていきたいです!

でも、「ハゼ」・「ハゼノキ」の実が有力、、、あまり大きくない木ばかり、幼木に近いのか、、、

*ヒガラ : コガラ、シジュウカラの混群で忙しそう、、、
d0164892_18173997.jpg
*ツグミ :最初にこの鳥がのそっと入ってきたので気付いた!とにかく大食漢、、、 

d0164892_18165542.jpg
*エナガ :可愛く、騒がしく群れで登場、、、もう少し背景に気遣えばよかったー"^.^" 膝まで雪に浸かって移動も大変なんだけど(笑)

d0164892_20434689.jpg





[PR]
by isa-isabird | 2018-02-11 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(0)

別荘地の冬鳥

探鳥するといつもどこかで鳴き声が聞こえる「フィー・フィー・・」

別荘地の探鳥、確かに自然形態の庭などには木の実の成る樹木も散見されます。鳥が寄りそうな条件が揃っています。場所によっては厳冬の期間も居住される人も増えてきました。なんか鳥が多いな、、、あっ!餌台が有る!!寄るわけですよね"^.^"

d0164892_18224517.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2018-02-08 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)