20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

moto8さん、お暑うご..
by isa-isabird at 09:55
雪の中のベニヒワ3羽良い..
by moto8 at 19:33
moto8さん、いつもあ..
by isa-isabird at 09:56
高原のクロジやノビタキの..
by moto8 at 08:07
(^。^)ハイマツこそあ..
by isa-isabird at 23:24
ずいぶん高い所のノビタキ..
by moto8 at 21:36
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:22

タグ

(42)
(42)
(42)
(39)
(38)
(37)
(35)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:カヤクグリ ( 9 ) タグの人気記事

雪と暮らす鳥たち。。。PORTRAIT

雪の林道を走って、それなりに出会えた鳥たちです。表情が良かったり、ディテールを楽しめたりなものを、大きくトリミングなどでPORTRAITにしてみます。

d0164892_23153790.jpg




これはあまりトリミングしなかったぐらい、目の前に飛び込んできたルリ君です。だれ?お前!って感じでいきなり目の前に現れました(笑)
d0164892_23154119.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-03-21 12:00 | 冬から春(3月) | Comments(8)

雪模様なら標高を上げてみましょう!

目的だった場所は、枝や斜面に雪は残っていたけど雪景色とまではいきません!見上げれば、あと数百メートル上は見事雪化粧した山々が目に入ったので、早々に切り上げて雪の林道を目指してみることにします。目的の辺りは以前にもカヤクグリ類が見られたり、ハギマシコにも会える可能性がある場所です。

肌寒な2〜3℃の気温から、一気に氷点下まで順調に車は進みます。晴れの天気予報だったのに、ワイパーを連続運転にしなければならない雪模様です。道路に雪が浮き始める頃には廻りは白い世界でした。この時期に、遠い遠征でなくてもこういう光景は嬉しい誤算でした。

以前にもイワヒバリやハギマシコに会えたポイントに到着しますが、道路や山肌が雪に覆われると鳥たちも困るのか、鳥影がありません、、、車を止めて雪景色の撮影に夢中になっていると、チリリリっとカヤクグリが道路を横切ります(^.^) その時の一枚がこれ!勿論三脚を出す暇がないから、手持ち。

d0164892_17134112.jpg



鳥を探しながら、車で進めそうにない林道の奥までゆっくり走って探鳥です。期待したイワヒバリやハギマシコは時期が遅いのか会えなかったのですが、カヤクグリとルリビタキはあちらこちらで目の前を横切ったり、道路での採餌中を沢山見かけました!

そろそろ、雪でタイヤの高さが隠れそう、、、この辺までかな〜という場所で引き返すことにします!
d0164892_17132773.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2016-03-18 21:46 | 冬から春(3月) | Comments(8)

2700mの高山へ_Japanese No.12

今日は予定通り2700mの高山へgoです!最近はトレッキングが急増して、登山口は満車状態なので車を止められそうな時間に合わせて出発です!でもまだ暗い4時30分。ほぼ毎年恒例になりつつ有る山ですが、年々きつくなってる感じ(笑)

林道に入ると何時ものとおり、コマドリが鳴く沢を数本過ぎると、メボソムシクイ、ルリビタキのさえずりが聞こえてきます。案の定登山口は車で一杯、寂しい林道が開けると信じられない光景かもしれません。途中にも気になるシラビソの実が有るのですが、あの紫の松ぼっくりに白い花?の様なものが被って目立ちません。

登山口を登り、身近に聴こえるメボソやルリビの声を聞きながらシラビソの林を抜けると、まず最初の森林限界の開けた場所には、ハイ松やコメツガの低木に岩がゴロゴロと現れてきます。何時もならカヤクグリ、キクイタダキ、ルリビタキなどが見え隠れするのに全く鳴りを潜めます。ただ、関東甲信越の山々を見渡せるパノラマに癒されるだけでも登った達成感はあります(^o^)v

d0164892_1738279.jpg



気を取り直して第2のピークへ。。。ここも鳥影が有りません。明らかに例年と違う様相にちょっとばかり焦る気持ちも(^.^;)雪が多かった今年は、営巣にも影響が有ったのか?目的のピークへ登り降りを繰り返します。たかだか400mと少しの登りですが、機材を背負って岩場の急坂となると、これが限界と思わされます。シラビソの紫の実にとまるルリビタキの夢は叶うでしょうか!

d0164892_17595539.jpg



結局は登り切った場所でカヤクグリに会うのがやっと!2羽で追いかけっこ、、、羽根をばたばた求愛行動のようなこと、そして羽繕いをしている場面に出会いました。

d0164892_2101284.jpg



d0164892_2101970.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-08-16 00:01 | 夏(7_8月) | Comments(8)

雪山の林道で_イワヒバリなど

湖を早々に離れて、お山のレンジャクを探して車を走らせます。国道沿いで沢山のヤドリギがある場所では、頭上にレンジャクがたむろしているのが見えましたが、当然撮影は無理そうです。これではレンズすら向けられないので、わき道の林道へ入ってみます。またまた山影の道は凍ったオールアイスバーンの道で、一気に緊張の運転です。道端の滑り止めの砂が、ちゃんと置いてあるのを確認しながらそろりそろり・・・助かるんですよね!砂と塩カルは緊急脱出には抜群の効果あり(汗)車に積んでおければいいのですが。

目的は、谷が浅くなったあたりにヤドリギがあったので、目線のレンジャクにでも会えたら!!と言うことでしたが、そうそう甘くなかったようです。しばらく待って見るのも良いのですが、暗くなるのが心配ですから、帰りを考えた探鳥を・・・・安全第一^_^;



そっと走りながらカーブを廻ると、雪が溶けた地面に2羽の鳥が見えます。全く予想していなかったイワヒバリです。古い石積みよう壁に飛びのって餌を探しているところを!
(Photo_2015.0214)
d0164892_22473952.jpg



Moreそれなりの出会いが有りました
[PR]
by isa-isabird | 2015-02-28 01:01 | 冬(1_2月) | Comments(12)

またまた恒例の。。。2700m超

ここ数年恒例です!
到着した峠は、雨と霧、お昼寝すること2時間。。。やっと登れるよう
になってから、、、、やっぱり霧(笑)
d0164892_11363760.jpg



More カヤクグリだけ・・・
[PR]
by isa-isabird | 2014-08-18 10:53 | 夏(7_8月) | Comments(6)

なんで〜(汗)。。。?

今日はついに、というか若干の期待を込めたチョイ登山です! 登山に慣れている方々
には、ハイキング程度なのでしょうが、機材(今回は80-400 )を持った私にはズッシリ
と重い山登りなんです^^;
ピークで出会った「ルリビタキ、いや。。天辺カヤクグリ」ですが、何で〜(泣)
ここはルリビタキのはずじゃ無いのか?? 涙のシャッターチャンス・・・・(笑)

谷から湧き上がってくる雲で、山の稜線が隠れ始めたのが見えるでしょうか?クリアな
時も有りましたが、理想の樹に来てくれたのはこの時だけでした.
d0164892_14293253.jpg



実は運動不足を兼ねてぐらいの気持ちでしたが、それなりに息を切らして2600mあまり.
。。  鳥の声が多い、気分のいいピークをいくつか歩きどうにか出会ったカヤクグリです!
d0164892_1425230.jpg


見てのとおり、谷から雲がどんどんわき上がり雲に包まれたり、晴れたりの忙しい天気で
した!!
この日の夕刻から首都圏は、ほぼ全域豪雨雷雨に見舞われ、有名な花火大会を途中
から中止に追いやった、稀に忘れられない日でした!
昔は首都圏の都市部で、いきなり雷雲が発生したり発達したりは無かった気がします .

雨雷 「画像」 !!!!!!!
d0164892_21511343.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2013-08-02 05:55 | 夏(7_8月) | Comments(10)

SUMMER GREETINGS 2013

暑いですね〜日頃、箱に閉じこもっている私には、年々実感できなくなって
きた気がして、ちょっと危機感を感じています(汗)

d0164892_14543680.jpg



数年前は、9月まで35度オーバーの「酷暑」だった日々。。。今年はそこま
ででは無いものの、昨年あたりから囁かれる「ゲリラ豪雨」、如何なもので
しょうか。。。ヒートアイランドの産物でしょうか?
[PR]
by isa-isabird | 2013-07-29 05:55 | 夏(7_8月) | Comments(12)

やはり高山ですね〜

ちょっと登った2400m付近は見晴らしが良くなり、こんな子も。。。!
見ての通り、雨雲が通過中、しかも風雨が冷た〜い .
※この日首都圏は34℃越え(^^;)
d0164892_19181268.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2013-07-27 05:55 | 夏(7_8月) | Comments(6)

2011夏山Vol.03  ♪やっと会えた♪

夜明け前の、、山に沈む月   〜〜神秘的でした♪
d0164892_21422295.jpg


以前も撮るには撮れてますが、ど〜も出会いが良くなかった
カヤクグリ・・Japanese Accentorも日本固有種なんです^^;
できればさえずりも撮ってみたいの、、一念(笑)
d0164892_21411071.jpg


結構目つき悪い系(笑) の鳥なんですが、意外に可愛く♪♪
d0164892_21454116.jpg


野草の小花は殆どが群生してお花畑を作っています!
d0164892_21481223.jpg


最後に登らないと会えない絶景(笑) 2連発^^;
雲海の向こうの山、、、なんと、白山連峰
d0164892_21504824.jpg


この景色にも魅了されました♪
d0164892_21531746.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-07-30 06:00 | 夏(7_8月) | Comments(16)