20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

↓のガチピンの飛び出しは..
by moto8 at 20:02
↓のセッカの飛び出しガチ..
by moto8 at 19:57
moto8さん、お暑うご..
by isa-isabird at 15:18
暑中お見舞い、有難うござ..
by moto8 at 08:37
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 18:08
標高が高い所は涼しくて良..
by moto8 at 09:55
moto8さん、そうです..
by isa-isabird at 23:32

タグ

(43)
(42)
(42)
(39)
(38)
(37)
(36)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:キレンジャク ( 18 ) タグの人気記事

Favorite Wild Bird my Photo -02

2017-2018 Winter SEASON Close-Up 

Bohemian Waxwing of white birch forest has special taste


d0164892_22175953.jpg



d0164892_22243207.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2018-03-10 00:00 | 冬(1_2月) | Comments(2)

赤や黄色に翻弄される!・・・「レンジャク」



春の兆しも感じるこの頃になりました。でも、暇ができれば雪が恋しくなります(^。^ Lifeworkと化した「雪冬鳥」と「雪の光景」に自然と足は向かってしまいます。スキー場へ向かう車に混じって高速道路をお山に向かって走りますが、今回はスキー場とほぼ同じ標高の疎林で鳥を探します。

ズミが点在する疎林の地面は、灌木だらけで歩けません。冬には雪の重みで寝かされて歩きやすくなっているはず!でも、想像していたより雪が少ないのか、灌木が邪魔をして新調したスノーシューでの探鳥は諦めざるえません。大きなレンズ三脚を背負い、ストックなしで障害の多い林間を歩き回るには、リスク高すぎです。

朝一番は少し大きな群れで、レンジャクの居場所もわかりやすかったのですが、鳥が付きそうな点在するズミの木まで探し当てるのは至難の技です。鳥影と心細げな「チリリー」の声が頼りの、雪面を歩き追いつく探鳥です。こちらの足腰、関節が笑う"^.^"かたわら、鳥たちはご馳走を良くパッと見つけるものだと、つくづく思い知らされます!

ともかく彼方此方へ鳥影を追って、雪中をかき分けるような体力勝負に挑みます。ただ一人規則なく右往左往する様は、よそから見ればなんだありゃ?大きなもの背負ってどうなのーって^_^; 誰にも会わなくて本当に良かったー(笑)


・まずはキレンジャクから

d0164892_22202445.jpg

・ここまで捻らなくても
d0164892_22175069.jpg
・綺麗な風切羽を持ちあげて
d0164892_22174409.jpg
・そしてヒレンジャク です
d0164892_22174703.jpg

色々なフィールドでお会いする、お知り合会いの皆さんに、写真をもっとたくさん貼って、、、と ^_^ ;
d0164892_21385511.jpg





[PR]
by isa-isabird | 2018-03-05 12:00 | 冬(1_2月) | Comments(0)

岳麓をひとり走る < 黄・緋 連雀 >

photo 18-0120
相変わらず、らしい冬を求めて雪をまとった岳麓(地名じゃないです)を走ります。
暖かな週末でしたが、標高がそれなりにあるこの辺りは終日氷点下です。先週はお山
の雪を溶かしてしまった雨が、アイスバーンの林道にしてしまいました。道路自体が
まるっきりの氷の床です。鳥を見つけて、車外にいきなり出るのは危険危険、、、、

鳥待ちしようと、カメラを担ぎゆっくり慎重に歩いて、眺めの良い斜面で鳥を待つこ
とにします。耳を澄ませば意外に色々な小鳥が動いているようです。

今年は数少なく思えるアトリ、マヒワなど、オオマシコも空抜けのキハダの実を食べ
にきています。カラ類はお盛んに飛び回っています。そのうちに、ヒィー、チリリィ、
、と小さな鈴の音が聞こえてきました。ここに来た目的の一つ、レンジャクです。
今日は、くしくも我が家近く、MFもいち早くレンジャクが入ったという週末でした。

空を飛び回るレンジャクの群れが登場です!陽が差し始めた山の斜面ですが、群れが
止まったのは、山影の暗めの背景と「レンジャクの成る木」は、超望遠レンズでも画
角ぴったりでした。
画像を確認して初めて、この冬少ないと思ったキレンジャクが、混じっていることに
気付きます。
d0164892_11554986.jpeg
しかしながらこの辺り、ヤドリギも無いし、さしたる木の実といえば、、、有りまし
たーー!ズミやノイバラは見落としがちですが、しっかりと見えているんですねー。
d0164892_12022535.jpeg
30弱の群れに3羽のキレンジャク、、、その後、ハイタカが追い回すまで楽しい出会
いが続きました。


[PR]
by isa-isabird | 2018-01-27 00:40 | 冬(1_2月) | Comments(2)

恒例の3月最終日曜日_MFお掃除

今更ですが。。。
予報は雨雨、、、3年連続の雨のおMFの森でごみ拾い掃除か~~~お楽しみイベントの餅つきもお預け。。。が、見事にお天気はずれの快晴です。餅つきは事前に中止の知らせが入っていたので、幹事さんは気を揉んだことでしょうね、お疲れ様です。毎度頭が下がります。風も無く穏やかな晴れの午前中でしたが、幹事さんは穏やかじゃない複雑だったとか^_^; 率なく大ごみもなく終了後は、お茶やお菓子を食べながら忘年会以来の歓談へ。。。昼前に雲が多くなってきたので、早々にレンジャク池(勝手に命名)へ様子を見に行ってみます。でもやっぱりお掃除前の青空がいい。。。

(Photo 2015.0328)
d0164892_0314273.jpg


d0164892_0313997.jpg
MFの草花_後日添付予定^_^;


餅米も以前からの所以があり、神子田米を利用して農家の方に段取りを全てお願いしています。このお米はMFの田んぼにあたる場所だそうで、以前はシロハラクイナが繁殖して話題になったフィールドです。首都圏にあっては珍しく、生態系を保っている場所です。こんな鳥がいる風景がありました。

d0164892_0313794.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-04-06 07:43 | 冬から春(3月) | Comments(8)

春レンジャク「緋」色々です

前述 MFの森から

(Photo_2015.0322
久々の鳥ともから、私の登場は山に鳥がいなくなったから??? ・・・・・そんな事ないです^_^;はい。3月最終日曜はMFの大掃除です。レンジャクの大挙飛来をうけた森の様子はどうなっているのでしょうか!春の先駆けとしてはBIRDERの多い森でした。森は活発な鳥の声でカラ類も元気に飛び回り、ノイバラやヤナギを始め、まばゆい芽吹きの黄緑が目立っています。先ず目に付いたのが、柳の大木の新芽を啄ばみに来るヒレンジャクでした。ちょっと育ちすぎ、美味しいのかな~?

d0164892_21333553.jpg


More良いところにとまってくれます
[PR]
by isa-isabird | 2015-03-28 20:05 | 冬から春(3月) | Comments(10)

春レンジャク「黄」色々です

「緋」は最後にします^_^;
ヒレンジャクの絵が結構撮れたので、キレンジャクだけ別置きしました。BIRDERはキレンジャクに比例して多くなる。。。って本当かな?この日は、オス成鳥を見られなかったのは残念でした。雪の中で出会ったオスの奇麗さは。。。それだけでも満足しなくっちゃですね。
池に張り出すハンノキの枝先にとまって、ユスリ蚊を物色しては飛び立ちます。幾分芽吹きしてました。

d0164892_21292514.jpg


d0164892_21291947.jpg


d0164892_21291650.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2015-03-26 11:21 | 冬から春(3月) | Comments(8)

ついにMFの連雀を見てきました。。。

池の廻りでユスリカを捕食するために飛び回るヒレンジャク、キレンジャクです。BIRDERを気にするでもなく、手の届きそうな頭上に止まったり、飛び回る姿はめったに経験できないShowe_Timeのようでした。近い距離で飛び物は難しい。。。機動力を考え、時折500mmの手持ち対応です^_^;
d0164892_2373764.jpg



青空に透ける羽根が一番綺麗ですね。
d0164892_2375680.jpg
キレンジャクのほうが捉えやすい、ヒレンジャクより動きが判りやすい?でもバチピンは。。。。難しい(笑)はみ出しものですが、ユスリカをぱくりとやる瞬間です!
d0164892_2373129.jpg
飛び物でも、何だか猛禽のような感じで撮れたこの一枚!
d0164892_238618.jpg

とりあえず飛び物だけ現像してみました。その他は後ほど・・・
混雑と、醜い「おらが前」のパパラッチ行動で大人気ない自然破壊を見たくなかったので、敢えて足が向かなかったMF、久々のレンジャク大挙飛来だったのに。。。芽吹いたノイバラとレンジャクを撮りたかったな~~









[PR]
by isa-isabird | 2015-03-24 09:15 | 冬から春(3月) | Comments(12)

なるほど~_雪原にてキレンジャク2

11時を過ぎるころにやっとカラ類のさえずりや、雪原に降りてきてのご愛嬌????何やってんの?ファインダーを覗けばなるほど~
小川沿いに鳥が集まってきた感じ、は虫を食べに来たんだぁ~  大事な食料だもんね!
d0164892_023344.jpg
小さな小川に沿って、目の前をふ~と横切る小さな虫たちが目立ってきました。こんなに雪に閉ざされても、羽化するのはユスリ蚊でしょうか?雪面に落ちるとペタリとくっつき飛びたてません。ここがコガラの狙い目!降りてはチョンチョンと落ちた虫を摘みあげていたのです。
以前にも桜にとまるレンジャクを見た事がありますが、同じようにユスリカが朝露をつけた桜にくっついたものを食べに来るから。。。これも鳥にとっての大切なフィールドサインなのでしょうね!沢山のゆすり蚊が涌く様子と、落ちて雪にへばり付くゆすり蚊をつまみ上げるのが分かりますか?

d0164892_23251526.jpg




とにかく雪原に虫が飛び回る姿を想像できませんでした、さすがに!虫が羽化して湧き上がる気温(季節)や時間、や場所など・・・ユスリ蚊の湧き始めに、もう少し関連付けが早ければ、もっと早くキレンジャクとの出会いが有ったかも知れませんね~(^^;私の目の前でも必死、トレッキングの人が通っても平気、、、何処から現れたのか?

ひとしきり虫をつついてまた何処かへ!午後にもこう言うことがあるかはわかりませんが、おおよそ30分あまりの出来事でした。ヤドリギやヤブラン、竜の髭などの実を食べたときのように、水を飲むことはありませんでした。小川の流れに沿ってどれだけの数が入ったか確認できませんでしたが、私の目の前では3羽が一生懸命なお食事タイムに出会いました。

More三鳥三様_さて雌雄判別は?
[PR]
by isa-isabird | 2015-03-14 23:00 | 冬から春(3月) | Comments(10)

誰~れダ?_雪原にてキレンジャク1

首都圏の週末はぐずった天気です。近場の鳥も停滞気味で動きはいまいち?なので、土曜はお休みにします。遠いお山ではベニヒワとか赤い鳥の話題がちらほら聞こえますが、いまいち気分が乗り切れません。日曜はどうしようか。。。。悩んでも結論が出ません。
そう言えばキレンジャクは何処いったんだろう!まだ南行きの大きな群れとか、気になります。。。北帰行にキレンジャクが乗ってないことだし、いるかな~。気分一転、ダメでもいいや~な気分で、小雨の残る早朝に、お山へ向かうことにします。

小雨がぱらつく高速道路は、スキーの車で結構な交通量です。いつも廻りには車がいるような状況ですが、目指すお山にはスキー場がないのでICを降りるころにはスイスイです。標高が上がるにつれ、車載の気温計はどんどん下がっていきます。面白いもので、ある瞬間からパッと雨から雪、霙に切り替わります。道路も雪が浮き始め、お目当ての雪原は真っ白です^_^ 
でも、これじゃ。。。広い雪原でレンジャクに会える確率は厳しいかも。7時に到着した雪原は真っ白ですが、でも氷点下ではありません!思わず「雪鳥」とか期待しちゃいますが^_^;

あ~~カンジキを積み忘れてます^_^; クロカンなどの踏み跡で、どうにか散策路は踏み固められ(道を外すと腰上まではまります)重いレンズを持っても沈まずに済みましたが、お昼前まで歩きましたね~だいぶ、相当に、かなり、、、笑。シャッターを押すことなく汗をたっぷりとかきました。
カンボクはもう無いものの、雪に閉ざされてもズミやヤシャブシ、ハンノキなどの実はまだ有るから、鳥も来てくれるんだろうか?色々と考えながら白い世界で耳を澄ませます。小枝の雪も溶け落ち、レンジャクのチリリ~鳥の声もなく、もうだめか~と思い始めた11時半ばに、やっと遠くに中型の鳥が動くのが見えました!


この冬初のキレンジャク、綺麗です! 深雪に三脚が立たず、、、焦ります。
(Photo_2015.0308)
d0164892_0273217.jpg





More私は誰でしょ~?
[PR]
by isa-isabird | 2015-03-10 07:51 | 冬から春(3月) | Comments(6)

食べ尽す|山のご馳走もあっという間に。。。|

幸運にも少し早い時期からヒレンジャク、キレンジャクとの出会いが有りました。最初に出会ったときに比べ、この時はビックリするぐらいどこにも赤い実が見当たらない。この場所もレンズを通して、やっと残る赤い実を発見できるほど終焉状態でした。みるみる食べ尽されるカンボクの実。写真を通して判るでしょうか?

 
d0164892_2365787.jpg



それにしても奇麗なディテール
[PR]
by isa-isabird | 2014-03-17 22:21 | 冬から春(3月) | Comments(8)