20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

photo-eijiさん..
by isa-isabird at 09:25
 コサメビタキはなんとな..
by photo-etudes-eiji at 08:48
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 20:56
コサメは高い天辺が好きで..
by moto8 at 20:08
moto8さん、おはよう..
by isa-isabird at 08:12
亜高山帯の代表的な鳥です..
by moto8 at 21:19
moto8さん、こんばん..
by isa-isabird at 18:48

タグ

(43)
(43)
(42)
(39)
(38)
(37)
(36)
(26)
(26)
(25)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(17)
(17)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:ホシガラス ( 9 ) タグの人気記事

やっと足を伸ばしましたー高原へ

鳥と向き合う時間がなかなか取れない最近でした。週末に急に時間が出来たので早速涼むだけでいいから、、、のつもりで高いお山へ!

8月最終週の鳥見は過去にもあまり無いので、高いお山の様子も興味有りです。まあ、登山の人たちの多いこと、賑わう山にびっくりです。

時期を考えればシラビソの実が良さそうな今年ですが、私の歩く周囲は見当たりません。鳥も若鳥になって散ってしまってるだろうなー、ホシガラスぐらいは会えるかな、ということでスタートです。メボソムシクイは晩夏でも良くさえずっているのですね!ルリビタキのさえずりは流石になし!地鳴きと共に現れるのは若いか、メスタイプばかり、しかも葉陰を見え隠ればかりでした。18℃くらいでちょっと寒いくらいですが心地よく鳥待ちしばし、突然ミャー、ミャー、、、ん?動物?きょろきょろしたらなんと真上のハイマツの木の天辺にホシガラスでした。ちょっと聞きなれない嘘鳴きかー^_^;

それから今日の行動パターンが判ったので、しばらく撮影してその場をあとにします。

d0164892_23032983.jpg
ガァガァーーー、仲間を呼んでるの?
d0164892_23033292.jpg


[PR]
by isa-isabird | 2018-09-03 08:30 | 夏(7_8月) | Comments(2)

Gw2018_vol 07 残雪の峠!

有名探鳥地も人疲れ気味で、早々に引き上げることにします。
やはり思惑通りコルリまで一通りの夏鳥が到着していたので、これからの探鳥の勇気付けになりました。まだ時間が有るので、残雪が残る峠を目指しながら、標高差で鳥層を見ることにします。快適な峠路を走るうちに、白樺の芽吹きで赤みを帯びる斜面が見えるころ、道路にちょっと大きな鳥が飛び出してきます。

※ちょっと若いかな?ホシガラスです。なんか得した気分です(笑)


d0164892_19343934.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2018-05-06 00:00 | 春(4_5月) | Comments(0)

まだ早いか?松の実は未熟です

気になるお山は2週続いて! 涼しいから?

気長に待てば、とはいうものの今日は無理かな〜と思った頃に松の実を探しにやってきたホシガラスです。まだあおい松の実をもぎ取ろうと必死です"^_^”つついては諦め、数日通ったのでしょうね〜咥えた松ぼっくりの一片が食べかけリンゴのように茶色くなっています。でも何だか嬉しそう!!
d0164892_21165821.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2016-08-22 00:00 | 夏(7_8月) | Comments(6)

爽快な高山に暮らす鳥に会ってきました

体と相談して(笑)2週続けての高いお山の鳥見になりました!
d0164892_22361998.jpg
PCのバージョンアップだとか、新しい現像ソフトの導入とか、何やらblogが
アップできずの2週間、さらに間延びしそうなこの頃ですが。。。。


[PR]
by isa-isabird | 2016-08-11 22:44 | 夏(7_8月) | Comments(6)

涼しい高山へ。。。、! _ホシガラス

暗い苔むしたシラビソの林を抜けるころ、ガァ~ガァ~っと沢山の鳴き声が聞こえます!この時期はもうシラビソや色々な松の実ができ始めるころです!過去にも、目の前にス~と飛んできては、びっくりさせてくれるホシガラスです。程よく雲も掛かり、涼しさは申し分なく20℃止まり、長袖を羽織ろうか迷うくらいです。

今回は、目の前でフレーム一杯の出会いこそ無いものの、程よく動き廻っては松ぼっくりの品定めをしているようです。何より一家?なのでしょうか、6~7羽があちらこちら、いきなり背後から。。。気付けば静かに目の前に止まっている。。。楽しませてもらいました^_^;



d0164892_22442842.jpg



Moreまだ早いぞ!!〜〜青い実
[PR]
by isa-isabird | 2015-08-04 00:01 | 夏(7_8月) | Comments(6)

天上の花畑に ”ライチョウ” 2014

夏休みに入って、お気に入りのホテルにお得なキャンセルがでました!即決で行ってみようと・・・・まずは、トンネルの破砕帯を通過するたびに想いが深まる青い光(80mに及ぶ破砕帯の位置を示しています)、偉業をなし得た黒部ダム建設のこと。私が生まれた頃の近代産業を支えた電力の源です。現在の一次エネルギーの火力、原子力発電をさかのぼり、当時は水力発電が大きなキーポイントだったのでしょうね。50年余りで原子力からさらに、自然エネルギーに目が向くようになるめまぐるしい発展と衰退があったというのも深く想いが残ります。 今回はスケール感が違う観光放水が見られるのも魅力!!

中央〜北アルプスに沿うように、大きな雨雲が通過し豪雨をもたらす荒天で、遭難事故などが多発した日のこと。雨雲レーダーで雨をやり過ごすかのように予測しながら、雨宿りロス覚悟の観光鳥見^^;でした。

目撃情報がほとんどない中で、結果的に2カ所でどうにかライチョウを見つけることができました。。。が、写真は証拠程度で・・・^^;
写真はこれでもオスタイプだそうです。ほかの場所では、blogのバナーに貼ってある立派な赤い肉冠の雄を筆頭に雷鳥一家4~5羽で、地味~に斜面を移動していました。子供たち?は、もう親と変わらない大きさでした。

d0164892_20331378.jpg



More 隔絶の山々に囲まれて!
[PR]
by isa-isabird | 2014-08-24 18:00 | 夏(7_8月) | Comments(10)

最後にホシガラスがGood!



しばらく粘って待っているとホシガラスが突然目の前に。。。若い子なのでしょうか?その後、ずっと良い距離感、ときたま目の前で大サービスなんてことも!ただ、まだまだ青いハイ松の実や松ぼっくりを取っているようではないのですが、何をしたいんだろう~?


ホシガラス幼鳥と思われます。頭部首廻りが成鳥への換羽が見られるのと、幼鳥にある茶系の羽根が見られますね。いままで間近の遭遇は経験がありませんでした。この日も遠くを飛んでいたのですが、いきなり目の前へ現れてからは、場所が絵で横を通っても我関せず状態でした^_^;数枚の写真の中に移りこんでいたのは蜘蛛のような昆虫を一生懸命食べていました。

d0164892_132255.jpg


d0164892_1322854.jpg


d0164892_1322341.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2014-08-14 20:36 | 夏(7_8月) | Comments(6)

三昧


続きになります〜
ハイマツに潜り込んで実を食べるので、静止状態の写真がほとんど有りません。
光線も強く、自ずと飛びものにシャッターを切ることが多くなります。松ぼっ
くりをくわえると、飛び去るか地面に降りて松の実を起用にすき取っているよ
うです。
d0164892_22353576.jpg


d0164892_22363679.jpg



止まりものと言えば・・・・火山岩に乗ったときか地面に降りた時になりますね!
d0164892_223936.jpg


これは、、、、、だったらね〜の構図では?
d0164892_22404737.jpg


2800mでは高山植物も終焉のようです。可憐な紫を残すイワギキョウ、昨年
も何だコレ?って思っていたチングルマの実の状態、風に乗ってススキのよう
に種子を運ぶんでしょうね。
d0164892_2251559.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2010-09-15 18:00 | 夏(7_8月) | Comments(4)

高〜〜いお山に行ってきました

土曜日曜と泊まりで高山巡りをしてきました。
主役であるべき鳥は、やはり不在でした。遅すぎるのは判っていましたが
、今回はかみさんと軽登山気分での軽いカメラ仕様で、お気楽気分を楽し
んで来ました!日本でも有数のハイマツ帯で標高2800mまでの散策です。

先ずは深夜の「夏の天の川」と、都心では見えない星の多さに感激からス
タートでした。心配した天気も上々(というか快晴)で多少風は強かった
ものの12℃くらいの夜明けだったでしょうか!

d0164892_23163070.jpg


シャッターを切った鳥は「ホシガラス」のみ、と言う程あちこちに見かけ
ました。ど〜やら高山では、実りの時期のようです。ハイマツの実が食べ
ごろなのか、あちらこちらで・・・採餌する姿からそう思わずに居られま
せんでした!背景の赤いのは、ナナカマドの実ですが、食べる鳥がいませ
ん。標高高すぎ??
d0164892_2324950.jpg


とにかく散策中に気づくと目の前に!!(近すぎだけど贅沢です)
d0164892_23281199.jpg


ハイマツの実をくわえて来ては、地面で松ぼっくりをつついています。
その他は何やら地被類植物の実を食べるようですが、判明出来ず。花は殆
んど終わっていましたが、どーにか感じが出たのはこの一枚かな?松の実
も季節感ですけどね(^_^;)

きりがないので残りはまたの機会で!
d0164892_2334170.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2010-09-12 23:35 | 夏(7_8月) | Comments(8)