20年を越す鳥写真歴なりました。それぞれの鳥に「想い」や「光景」を、 重ね合わせた写真を心掛けて来ましたが、お楽しみ頂けたでしょうか。 更なる高見へ進めるよう、自然ともじっくり対峙して行けたらな!と思っ ています。


by isa-bird

プロフィールを見る

最新のコメント

moto8さん、おはよー..
by isa-isabird at 07:54
moto8さん、おはよー..
by isa-isabird at 07:51
もうオオルリはみんな山へ..
by moto8 at 20:34
弧の獲物は随分大きな餌で..
by moto8 at 20:28
moto8さん、こんにち..
by isa-isabird at 14:05
ノジコにサンショウクイに..
by moto8 at 10:27
前半12回連日up、悩み..
by isa-isabird at 18:57

タグ

(42)
(42)
(41)
(39)
(38)
(37)
(34)
(26)
(25)
(24)
(22)
(22)
(21)
(21)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)

検索

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

ブログジャンル

メモ帳

タグ:ライチョウ ( 5 ) タグの人気記事

天上の花畑に ”ライチョウ” 2014

夏休みに入って、お気に入りのホテルにお得なキャンセルがでました!即決で行ってみようと・・・・まずは、トンネルの破砕帯を通過するたびに想いが深まる青い光(80mに及ぶ破砕帯の位置を示しています)、偉業をなし得た黒部ダム建設のこと。私が生まれた頃の近代産業を支えた電力の源です。現在の一次エネルギーの火力、原子力発電をさかのぼり、当時は水力発電が大きなキーポイントだったのでしょうね。50年余りで原子力からさらに、自然エネルギーに目が向くようになるめまぐるしい発展と衰退があったというのも深く想いが残ります。 今回はスケール感が違う観光放水が見られるのも魅力!!

中央〜北アルプスに沿うように、大きな雨雲が通過し豪雨をもたらす荒天で、遭難事故などが多発した日のこと。雨雲レーダーで雨をやり過ごすかのように予測しながら、雨宿りロス覚悟の観光鳥見^^;でした。

目撃情報がほとんどない中で、結果的に2カ所でどうにかライチョウを見つけることができました。。。が、写真は証拠程度で・・・^^;
写真はこれでもオスタイプだそうです。ほかの場所では、blogのバナーに貼ってある立派な赤い肉冠の雄を筆頭に雷鳥一家4~5羽で、地味~に斜面を移動していました。子供たち?は、もう親と変わらない大きさでした。

d0164892_20331378.jpg



More 隔絶の山々に囲まれて!
[PR]
by isa-isabird | 2014-08-24 18:00 | 夏(7_8月) | Comments(10)

雲の上の雪原でした(ライチョウ続編)

続編、お付き合いくださ〜い^^;
一番サービスが良かった若い雄、別ペアとの喧嘩の後に目立つピーク(お立ち台)
を渡り歩くサービスが。。。(もう笑っちゃいます)
背景中央奥は富山平野だそうで、富山から上がってきた方の話しでは雨だったそう
です .まさしく雲上の。。。
d0164892_215296.jpg



More 出会いから!
[PR]
by isa-isabird | 2013-05-29 06:00 | 春(4_5月) | Comments(10)

憧れでした! (只今現像中)

白い雷鳥、いや白い羽根が残る雷鳥です!
この山へのアプローチ、特に信州からの。。。 になりますが、私にとっては特別
の想いがある訳で、破砕帯という岩盤ではなく粉砕された地層が西日本の近代
産業化を阻んだ、、、なんて「黒部の太陽」^^;スケール感を体験したかった。。
5月の、出来るだけ早いうちに行きたかったのですが、どうにか中旬過ぎに憧れ
の地へ行ってきました .天気は最高!雪も(相当)残ってる!さてこんな良いお
天気でちゃんと会えるのでしょうか?天候が良くないと出がいい、なんて言われ
てますよね .

d0164892_0162954.jpg


心配にあらず^^; あちこちで会えた結果に!!

More まだまだ現像中ですが。。。
[PR]
by isa-isabird | 2013-05-23 07:53 | 春(4_5月) | Comments(18)

2011夏山Vol.01 ♪今年の夏山はここから♪

d0164892_23325454.jpg


2700mからの始まりです.
快晴の闇夜を煌煌と照らす月が山に隠れると、雲海をつらぬく北アルプスの頂上を
見渡す夜明け.

d0164892_20194320.jpg


多少南に向きを変えると、馴染みの八ヶ岳も雲海から顔を出します.

今年は「一番高い山」に登ろう! の目標と、昨年9月では会えなかったライチョウ
にも会いたい^^; 7月では初めてのこの山の花々、景色も楽しみたい!盛りだくさん
の山行きで・・・『高山植物〜花々』もVol.01〜03に分けてアップします.
d0164892_20283571.jpg



しばらく登ると斜面にライチョウの親子♪ ちょっと遠いですがこれはこれで良かった〜
d0164892_20315449.jpg


あちらこちらにお花畑が散在しています! 白い花の”チングルマ ”そんな中を雛を連れ
立って移動します.
d0164892_2039596.jpg



雲上の快晴は、景色もクリアに映し出し、飽きることがありません.
池に滑り込む残雪が、光線の具合で南極のような♪
d0164892_20403969.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2011-07-22 23:41 | 夏(7_8月) | Comments(20)

去年の初見初撮り

昨年の8月に会うことができたライチョウ!
嬉しくてポートレート風に加工したものです。

たま〜に気分でアップしたりします(^_^;)
観てやって下さいね!
d0164892_2212186.jpg


今年は会えませんでしたが、この時は嬉しかったな〜
春一番の白い羽根も会いたいですね。

d0164892_2225350.jpg


アクティブな雛はあちこち旨いもの無いかな??ホソバツメクサの花をしきりに
啄んでいます。この後、花が無くなったのはご想像の通り(^_^;)
d0164892_22252646.jpg

[PR]
by isa-isabird | 2010-09-16 22:04 | 夏から秋(9月) | Comments(4)